こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘クヴェトリンブルク年代記

リトアニアの名が初めて書物に登場したのは、1009年に出されたドイツの歴史書『クヴェトリンブルク年代記』(複製がドレスデンに現存)で、「リトアニアの国境」という記載が見られます。つまり、2009年はこの書の千年紀に当たるため、国内外でリトアニアの歴史や文化を見直し、紹介する数々の記念行事が行われています。

最も大きな事業の一つは、それまで遺跡となっていたヴィリニュスの宮殿を復元し、博物館として開館したこと。この宮殿は13世紀から17世紀にかけて国政の中心地であったことからリトアニアの主権の象徴であり、最近は考古学研究の対象になり、文化財の修復と保存が続けられていました。

「ミンドウガス大公戴冠記念日」としてリトアニアの建国記念日となっている7月6日に、この新宮殿の開館式典が行われ、今後はリトアニアの歴史、文化、芸術を伝える場としての役割を担うこととなります。次回ヴィリニュスを訪れる際は、是非とも博物館となったこの宮殿に立ち寄ってみたいものです。

国外では「リトアニア:その文化と歴史」と題された展覧会が7カ国語で準備され、欧州各地を巡回しています。(みかん)

リトアニア千年紀ウェブサイト(英語・リトアニア語・ドイツ語・ロシア語・ポーランド語)
http://www.lietuvai1000.lt/index.en.htm

宮殿の復元について(英語・リトアニア語・ロシア語)
http://www.lietuvospilys.lt/index-en.htm

岡澤憲芙/村井誠人 編 『北欧世界のことばと文化』(成文堂、2007年)にリトアニアの歴史・文化を扱った章があります。
http://www.seibundoh.co.jp/

Advertisements

リトアニアの首都ヴィリニュスは、東ヨーロッパで最も古い旧市街の一つとして世界遺産に登録されている。18世紀以降も北ヨーロッパとロシアを結ぶ交通の要衝として栄えた街だ。

5月に行われたリトアニアの大統領選で、欧州委員を務めるダリア・グリバウスカイテ候補が当選し、7月から5年間リトアニア共和国の国家元首に就任する。女性で大統領になるのは同氏が初めて。

リトアニアは、20世紀半ばからソ連の一共和国となっていたが、1990年に独立を回復し、2004年に欧州連合に加盟した。次期大統領は欧州委員の財務計画、予算担当として、欧州委員会本部のブリュッセルに5年間勤めた。

ダリア・グリバウスカイテ女史は、かつてリトアニアの元外務副大臣としてリトアニアのEU加盟交渉に加わったほか、財務大臣も歴任した。今後、ロシアとの外交関係改善や、危機的状況にある国内経済の立て直しが期待されている。リトアニア語、英語、ロシア語、フランス語、ポーランド語も操るとのことで、まさにリトアニアのイメージを一新する存在になるのでは?

今年は、国名“リトアニア”がドイツの文書「クヴェトリンブルク年代記」に初めて記載されてから1000年目の記念年に当たる。新しいミレニアムを迎えるリトアニアに注目しよう。(くるみ)

ダリア・グリバウスカイテ欧州委員
http://www.deljpn.ec.europa.eu/modules/union/institution/commission/commissioner/12.html

AFPニュース
http://www.afpbb.com/article/politics/2604034/4163659


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

July 2018
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Blog Stats

  • 291,494 hits
Advertisements