こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘ゲンズブール

フランスのポップ・ミュージック界でこの秋一番の話題作は、11月14日にリリースされたリュリュ・ゲンズブールのデビュー・アルバムだろう。シャンソンやフレンチ・ポップのファンならピンとくる名前のはず。フランスの国民的スターで、20年前に亡くなったセルジュ・ゲンズブールの末子だ。女優シャルロット・ゲンズブールは腹違いの姉である。

リュリュはリュシアンの愛称。父セルジュは57歳のときに生まれた男の子に自身の本名を受け継がせ、溺愛した。セルジュは1988年、2歳のリュリュをパリ公演のステージ上に半ば無理やり引っ張り出し、観衆に披露している。まだよちよち歩きを始めたばかりの幼子には、自分にどんな目が注がれていたのか、自分がどんな定めを負っていたのか、わかるはずもなかった。

この2年後、自分の死期を悟った父は、4歳になった息子にピアノを習わせる。ただし、自ら手ほどきすることはなかった。ピアニストだった父ジョゼフから受けた厳しいレッスンによい思い出がなかったからだ。リュリュが5歳の時、セルジュは死んだ。その日は一日中、ピアノの前から離れず、父がよく弾いてくれたディズニーのテーマソングで、悲嘆にくれる母を慰めたという。

リュシアンは8歳でパリ音楽院に入学し、ピアノを続けた。15歳の時、モデルだった母(芸名バンブー)と亡き父の曲をデュエットしたのが「プロデビュー」だ。その1年後には、端役ながら「銀幕デビュー」も飾っている。しかしそのまま芸能界入りする道は選ばなかった。18歳でパリ音楽院を卒業すると、ロンドンの音楽学校へ留学。音楽の才能をさらに磨き、英語力をつけ、名門バークリー音楽大学に進むためだった。親の七光りに甘えずに実力で勝負しようという堅実な選択と見ることもできるが、父の威光があまりにも強く残るパリを離れたかったというのが本音だったようだ。

希望が叶ってバークリーに進んだことで、音楽を職業とする進路はより動かしがたいものとなった。このころから、「ミュージシャンになる定め」を感じるようになったという。2009年には、父の信奉者であったミュージシャン、マルク・ラヴォワーヌのアルバムに曲を提供したり、姉シャルロットのアルバムに参加したりと、徐々にプロとしての道を歩み始める。

そしてセルジュ・ゲンズブール没後20周年の今年、満を持してと言わんばかりに華々しくアルバム・デビュー。父から受け継いだDNAを前面に押し出すのもためらわず、全16曲を父の作品で構成した。タイトルを『ゲンズブールからリュリュへ』としたあたり、さながら「2代目ゲンズブール」の襲名式といった感がある。

リュリュ・ゲンズブールのアルバム『From Gainsbourg To Lulu』(ユニバーサル)

フランスのポップ・ミュージック界における「2世歌手」というと、ジョニー・アリデイの息子ダビッド・アリデイを思い出すが、気の毒な「名前負け」の例としてあまりにも有名。-M-やアルチュール・Hは、ミュージシャンとして成功したが、いずれもルイ・シェディッド、ジャック・イジュランという偉大な父のファミリー・ネームを表に掲げることを避けた。リュリュが臆さず父の看板を背負ったのは、音楽の基礎をみっちり学び、ミュージシャンとしての力量に自信をつけたからなのだろうか。

しかし音楽誌「レザンロキュプティブル」のインタビューには、「これ以外の選択はなかった」と語っている。あえてここから出発しない限り、父の存在という重すぎる呪縛から逃れられないというのが偽らざるところだったのだろう。父へのオマージュとなったデビュー・アルバムは「通過儀礼」であり、これから「音楽でメシを食っていく」ための布石でしかない。

その力量についてだが、リュリュがデビュー・アルバムで自ら手掛けたアレンジは、原曲よりジャジーでモダンになっており、確かなセンスと才能を感じさせる。その歌声は、父譲りの嗄れ声に姉のウィスパー・ボイスを適度に混ぜたような味わいがある。ただし個性という点で、強烈な異彩を放った父とは比べようもない。本人もそのあたりは十二分に自覚しているはずである。作曲家としてのこれからに注目するべきだろう。

セルジュ・ゲンズブールといえば、ブリジット・バルドーやジェーン・バーキンなど華麗な女性遍歴でも知られる。リュリュはアルバムに収められた『ボニー・アンド・クライド』(父がバルドーとデュエットした60年代のヒット曲)で、米女優スカーレット・ヨハンソンを起用しているが、今のところ、この当代きってのセックス・シンボルとの浮いた噂は聞かない。この点でも、父のDNAに過剰な期待(?)を抱くのは見当違いということらしい。(ル・ジュスティシエ)

【参考資料】
リュリュ・ゲンズブール インタビュー(lesinrocks.com)
http://www.lesinrocks.com/musique/musique-article/t/68511/date/2011-08-02/article/from-lulu-to-gainsbourg-entretien-dun-heritier-doue/

【リンク】
リュリュ・ゲンズブール公式ウェブサイト
http://lulugainsbourg.artiste.universalmusic.fr/


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

March 2017
M T W T F S S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 271,050 hits

Top Clicks