こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘ダニエル・バレンボイム

 前回、前々回とウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団を取り上げましたが、今回はそこから派生させたこぼれ話をお届けします。

 私がサイードを知ったのは、学生時代の授業が名著『オリエンタリズム』に触れたことがきっかけだったと思います。結局『オリエンタリズム』には腰を据えてかかれませんでしたが、その後も関心はつかず離れずといった感じで、朝日新聞連載の大江健三郎さんとの往復書簡など、なんとか追い続けていたことを思い出します。過去形ですが。

 他方、私がバレンボイムに対する関心を得たのは全く別経由で、ジャクリーヌ・デュ・プレというイギリス人チェリストを通じてでした。

 1945年生まれのデュ・プレは、幼少のころからチェロに親しみ、1961年に弱冠16歳にしてデビューを果たしました。その後、70年代前半にかけてエルガーやショパン、ブラームスのチェロ協奏曲などを数多く演奏し、名チェリストとしての地位を確立させました。当時の録音は現在も名盤と位置付けられています。

 デュ・プレといえば、その情熱的な演奏スタイルで有名ですが、当時の映像や写真からは、短いワンピースにローヒールで快活に歩く少女のようなデュ・プレ、長い金髪をかき上げながら厳しい面持ちでチェロに向かうデュ・プレ、演奏の合間に笑顔を除かせるデュ・プレなど、多くの異なる側面を垣間見ることができます。とても一つのカテゴリーでは括り切れない人物だったようですが、チェロという大きな楽器を体の正面に抱え、激しくも決して軸のぶれない彼女の演奏、その技術の卓越さと情熱にはとにかく圧倒されます。必見です。こんな風に弾けたらどんなに気持ちいいだろうか、と心底思わされます。

 さて、1966年、21歳になったデュ・プレは、演奏活動を通じて知り合った24歳のバレンボイムと結婚します。いわゆる、電撃結婚だったようです。この前後、バレンボイムは、時に指揮者として、また時にピアニストとしてデュ・プレと共演し、数々の名演を残しています。私が持っているデュ・プレのCDにも、バレンボイムとの共演が、演奏中の両者の写真と共におさめられています。

 しかしその後、デュ・プレには大きな転機が訪れます。その数年前から指先を含む身体の先端部分の感覚に異常を感じ始めていたとされますが、1973年には満足のいく演奏が行えなくなり、多発性硬化症と診断されるのです。多発性硬化症は原因不明の難病で、中枢神経系の脱髄疾患の一つです。チェリストとしての生命を絶たれたデュ・プレは、14年間の闘病生活の末、1987年に42歳の若さで亡くなります。これが夭折の天才チェリストと呼ばれる所以です。享年の若さもさることながら、彼女の演奏家としての人生が1961年からの10年程度と非常に短かったことは、残念としか言いようがありません。

 デュ・プレの死後、彼女が使っていた名器ダヴィドフ・ストラディヴァリウスは、ヨー・ヨー・マに寄贈されました。なお、1999年に、バレンボイムとサイードがウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団が初公演を行った際は、ヨー・ヨー・マもワイマールに駆け付けたそうです。他方、バレンボイムは、デュ・プレの死の翌年、1988年にはピアニストの女性と再婚しています。デュ・プレの生前からその方とは同棲生活に入っていたようで(その方も再婚)、いやはや、ですね。

 最後の蛇足ですが、私はそんなデュ・プレと誕生日が一緒です。
                                               (オラ!カティ)

【記事に関するリンク先】
・ジャクリーヌ・デュ・プレ オフィシャルサイト
http://www.jacquelinedupre.net/

 前回に引き続き、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団(West-Eastern Divan Orchestra)についてお話をしたいと思います。

 1999年にドイツ・ワイマールにおいて創設された同管弦楽団は、その後、スペインのアンダルシア地方に拠点を定め、アンダルシア自治州の支援を受けながら、ワークショップや演奏会のツアーといった活動を続けています。2011年現在、同楽団は105人の団員を抱え、その構成は、アラブ諸国出身が41名、イスラエルが37名、スペインが22名及びその他国籍が4名であるそうです。加えて、さらに若い音楽家達からなるオーケストラ、アンダルシア管弦楽団も編成されており、アラブ諸国出身の17名、イスラエル出身の6名、及びスペイン出身11名が、選抜体であるウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団への入団を目指して練習に励んでいるそうです。

 2004年には、同自治州の支援により、音楽家の育成と音楽を通じた平和教育を促進させる目的で、バレンボイム・サイード財団が設立され、同管弦楽団以外にも様々な活動が行われるようになっています。フラメンコと闘牛で有名アンダルシア地方ですが、紀元前2世紀に古代ローマ、5世紀にはゲルマン系の西ゴート王国、8世紀にはイスラム系のウマイヤ朝の支配を受け、13世紀以降はキリスト教諸国による国土回復運動(レコンキスタ)征服が進むものの、1492年にスペイン王国に統一されるまではイスラムの支配が残ったという経緯を持っています。ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団は、異なる歴史的、文化的、社会的背景を持つ若者による音楽活動を通じた関わり合いの場であり、アンダルシアは、その本拠地たるにふさわしい歴史を歩んできた地であると言えましょう。

 EU諸国の財政問題が喫緊の問題とされている昨今ですが、10月18日、大手格付け会社ムーディーズは、スペインのソブリン格付けを「Aa2」から「A1」へと2段階引き下げると発表すると同時に、同国の自治州の財政状況についても、今年度の財政赤字抑制目標を達成できないであろうとの厳しい評価を下しました。大きな財政赤字を抱えるEU加盟国に対しては、経済ガバナンスのより一層の強化が求められていますが、スペインでは、医療や教育など生活に不可欠な社会サービスの責任を負っている自治州に対しても、財政赤字抑制要求の矛先が向けられているようです。その影響あってかどうか、バレンボイム・サイード財団についても自治州からの財政支援の停止まで取り沙汰された(ている?)ようで、今年は15%の予算削減を余儀なくされたとのことです。他方、8月のスペインの新聞は、バレンボイムが今夏もセビリアを訪れてウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団を指導したこと、そして同楽団が今年も世界ツアーを敢行したことを報じており、何よりです。今後とも、同財団による音楽家の育成と音楽を通じた平和教育が続いていくことを期待します。

 他方、10月31日には、ユネスコの総会でパレスチナの正式加盟の是非を問う採決が行われ、圧倒的な賛成多数で可決されたとのニュースも流れました。パレスチナの国連加盟を巡る協議が続くなか、イスラエルやアメリカは、和平交渉を妨げる一方的な動きであるとして強く反発。イスラエルはユネスコに対する資金拠出の凍結を決定し、ユネスコ最大の資金拠出国である米国も資金拠出の凍結の可能性を否定しない状況となっています。

 やれやれ、音楽と社会。

(オラ!カティ)

【記事に関するリンク先】
●バレンボイム・サイード財団(スペイン語、英語)
http://www.barenboim-said.org/en/inicio/index.html

●ムーディーズ格付け情報(英語、2011年10月19日スペインのサブソブリン格付け引き下げ)
http://www.moodys.com/research/Moodys-downgrades-Spanish-sub-sovereigns-negative-outlook–PR_228335

●エル・パイース(スペイン主要紙)記事(スペイン語、音楽と平和(2011年7月29日))
http://www.elpais.com/articulo/revista/agosto/Barenboim/vuelve/arena/elpten/20110801elpepirdv_1/Tes

●エル・パイース(スペイン主要紙)記事(スペイン語、バレンボイム再来(2011年8月1日))
http://www.elpais.com/articulo/andalucia/musica/argumento/paz/elpepiespand/20110729elpand_14/Tes

 さて、前々回のスペイン・アストゥリアス皇太子賞に続き、前回は2002年度の同賞受賞者であるダニエル・バレンボイムとエドワード・W・サイードに触れました。が、両人の受賞理由については言及しませんでしたので、今回はそこから始めたく思います。

 ダニエル・バレンボイムとエドワード・W・サイードは、2002年、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団(West-Eastern Divan Orchestra)を通じた活動が評価され、アストゥリアス皇太子賞平和部門賞を授与されました。同楽団は、バレンボイムとサイードにより設立されたユース・オーケストラです。楽団名の由来は、ドイツの詩人ゲーテの『西東詩集』(West-östlicher Divan, 1819)にあり、1999年のゲーテ生誕250年の記念日にあわせてドイツのワイマールで初公演が行われました。楽団員は、対立を続けるイスラエルとヨルダン・レバノン・シリアなどのアラブ諸国出身の若い音楽家達からなっており、もちろん前代未聞の取り組みでした。

 前回ピックアップした『音楽と社会』には、当時のイスラエル・パレスチナ情勢と音楽事情、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団結成までのプロセス、練習を開始した当時の楽団員の様子等についても述べられています。例えば、バレンボイム自身の逸話として、イスラエルにおける公演の際に、ユダヤ人のバレンボイムが、新ナチスとされるワーグナーの交響曲を指揮することに対し、聴衆から激しい拒絶が表明されたことが語られます。また、生い立ちや信条の異なる(時に相反する)団員間には、常に特定のテーマを避けた微妙なコミュニケーションのやりとりがあるとされ、そうしたやりとりが、機に応じて葛藤となって噴出することもあるものの、多くの場合は単なる会話の不成立に帰し、常態化していく様子も語られます。そんな若者たちを音楽で束ね、一つの作品を作り上げていく作業は並大抵のものではないでしょう。同書において、バレンボイムとサイードは、無知、即ち他者を知らないことに起因する無理解と不和がいかに解消されえるかについて希望を持って語ると同時に、厳然たる歴史的事実と錯綜した社会的背景を前に、相互不信の乗り越えがたさについても常に自覚的でありつづける必要を真摯に語っています。

 なお、同書によれば、両人は、イスラエル・パレスチナ問題に対して、同楽団の活動を通じて何か具体的な政治的貢献をすることを目的としていたわけではないようです。バレンボイムは、「何を演奏するかや、どこで演奏するかではなく、音楽を演奏するという行為における勇気だ。こういう種類の勇気が、本当に深遠な人道上の問題を解決するときに必要とされると僕は思う。」と言っています。他方、サイードは、元ドイツ大統領のヨハネス・ラウによるという、次の言葉を引用しています(孫引きですみません)。「愛国心とナショナリズムを取り違えてはいけません。愛国者とは自分の祖国を愛する人です。ナショナリストとは、他の人々の祖国を軽蔑する人です。」。極東島国の日本に住まう私たちにとっては、感覚的にもやや馴染みの薄いテーマかもしれませんが、多民族・多文化と国民国家の中で揉まれ続けた二人の賢人のこうした見解には、何か人を聞き入れさせるものがあると思います。(次回に続く)
(オラ!カティ)

 

【記事に関するリンク先】
●アストゥリアス皇太子財団公式HP(スペイン語他)
http://www.fpa.es/

 前回スペインのアストゥリアス皇太子賞に触れましたが、当該財団HPで歴代の受賞者リストを眺めているうちに、触発されてネットで書籍をご購入~!!!してしまいました。今回はその本のお話をしたいと思います。

 なお、私事ですが、数か月前までいわゆる途上国に住んでいたため、インターネットで日本語の本を買い、数日後には手元に届けられるというサービスがかなりありがたくて嬉しくて仕方がない~!!!という状態にあります。洋書の古本も、数週間かかったものの、ニューヨークから日本の自宅まできちんと送ってくれました。すばらしい。円高だし。嬉々としてかなり活用させていただいています。

 さて、前置きが長くなりましたが、今回購入した書籍は、アラ・グゼリミアン編(中野真紀子 訳)『バレンボイム/サイード 音楽と社会』(みすず書房)です。ダニエル・バレンボイムとエドワード・W・サイードは、今年「フクシマの英雄」が受賞した平和部門賞の2002年度の受賞者です。本書には、世界中を飛び回って活躍する2人により、約5年間にわたって断続的に行われた対談のエッセンスが詰め込まれています。

 アルゼンチン生まれのロシア系ユダヤ人であるバレンボイムは、世界を代表するピアニスト・指揮者です。他方、サイードは、エルサレム生まれのキリスト教徒パレスチナ人であり、主著『オリエンタリズム』で知られる文学研究者、文学批評家です。

 このバックグラウンドの二人ですから、本書における対談も当然のことながら、ベートーベンやワーグナー、シェーンベルクからイーリアスとオデュッツセイア、シェイクスピアからプルーストにまで言及しながら進んでいきます。ヘナチョコ読者の私は、パッと見だけで、あーもうダメかも…と読むのをあきらめかけました。また、バレンボイムはユダヤ人、サイードはパレスチナ人であることから、二人の対話はまた当然のことながら、中東和平プロセスの進捗とも連携しており、ヘナチョコの私は、あーやっぱりダメかも…とさらなる追い打ちをかけられた気分になりました。さらには、地理的な言及についても、エジプト・カイロからアルゼンチン、ドイツ・ワイマール、イスラエルとパレスチナ自治区ガザ、果てはアメリカ・ニューヨークにまで展開していきます。これは大変だ。¡Animo, Katy! (がんばれ、カティ!)

 が、読み進めていくと、意外に?そんなことはありませんでした。誤解を生むつもりは毛頭ありませんが。両者間の対談は、それらの個別具体を取り上げながら、何かもっと普遍的なことに迫ろうとするものとも読めたからでしょうか。

 本書において、二人は、作曲家や音楽作品、劇場、オーケストラ、作家や文学作品、また中東和平プロセスの進捗状況等について取り上げながら対話を重ね、互いの洞察を深めていきます。しかし、その原点には、芸術とは、権力とは、政治とは(また政治家とは)、アイデンティティ(自我)とは何であるかといった問いがあり、それに対する二人の答えは、個々の具体も、さらには「音楽と社会」をも超えて展開されていくこととなります。そこで、その大きな意図をつかむためには、個別具体に関する詳細な情報は「必ずしも」不可欠ではないかもしれない、というのが私の読了感です。もちろん、入れ替わり出てくる個別具体的な話題が全てわかれば、本書の理解もよほど深いものになるのだろうと思いますが…。理解度は別として、個人的にはかなり満足感の得られた本でした。

 この本の面白いところは、ヨーロッパの「音楽と社会」に関する対談が、ヨーロッパにはある意味帰属しない「外部者」である二人により、きわめて客観的に行われるというシチュエーションにあるでしょう。そのことが、独自の視点からヨーロッパの「音楽と社会」論を展開することを可能にしていると言え、またそれは、「音楽と社会」についてヨーロッパの域を超えた示唆を与えることにもつながっていると言えます。今から10年以上も前に行われた対談ですが、現在にまで響く何かが語られていることに感銘を受けました。…「何か」って何だ?と思った方は、ぜひ読んでみてください。

 サイードは、長年にわたる闘病生活の末、2003年に白血病のために亡くなりました。訃報に接したバレンボイムは、「心の友を失った」と言ったそうです。今年、2011年9月には、9.11アメリカ同時多発テロ事件が発生から10年を迎えるとともに、パレスチナ自治政府のアッバス議長が、国連安全保障理事会に対して国家としての国連加盟を正式に申請するというニュースも流れました。サイードがもし存命であったら、何と言ったでしょうね。   
(オラ!カティ)

 

● 記事に関するリンク先
アストゥリアス皇太子財団公式HP(スペイン語他)
http://www.fpa.es/


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

June 2017
M T W T F S S
« Jan    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Blog Stats

  • 275,817 hits

Top Clicks