こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘チェコ

群馬県高崎市で、姉妹都市であるチェコ共和国プルゼニ市との提携20周年を記念した「チェコファア」が9月1日から11月7日まで開催されている。両市の交流は、プルゼニ市に拠点を置くピルスナー・ウルケル・ビール社と、高崎市に工場を構えていたキリンビールが技術相互協力協定を結んだことをきっかけに始まった。高崎市が市制90周年を迎えた1990年に、日本とチェコでは初めてとなる姉妹都市提携が調印された。

今回のチェコフェアは、高崎市の市制施行110周年も重なったためにかなり大規模な記念イベントとなった。中でも目玉となったのが、人形劇大国チェコが誇るプロの人形劇集団の公演が市内で8回も行われたことだ。

チェコの人形劇は伝統があり、質も高い。チェコがハプスブルグ帝国の一部だった時代、住民たちはドイツ語を話すことを強要されていたが、子ども向けの人形劇だけはチェコ語の上演が許されていた。社会主義圧政下の時代も、人形劇によってニュースが伝えられたリ、社会風刺が行われていたというから、ドラマを超えたメディアの役割をも果たしていたのだろう。

高崎にやってきたのは、プルゼニ市で活動する「デバドロアルファ」。チェコでもトップクラスの人形劇団で、マリオネット(糸操り人形)87体とともに来日した。そのユーモラスな仕草に笑いが起こったり、まるで役者のように滑らかに動くマリオネットたちの姿にうっとりしたりで、人形劇の世界に魅了された人も多かったのではないだろうか?

その他にもチェコ生まれの芸術家アルフォンス・ミュシャ展やチェコの若手演奏家コンサートなど極めて芸術性の高い催しが行われた。参加型イベントとしては、チェコ料理教室やチェコ民族舞踏教室、チェコ伝統工芸教室などが開催された。このチェコフェアに先立つ8月25日から9月13日にかけて、プルゼニ市で「日本文化の日」が開催され、高崎市から書道、茶道、生け花、盆栽の第一人者が現地を訪れ、体験講座が開催された。

ビールがとりもつ高崎市とプルゼニ市の交流が、これからも末長く続くことを期待したい。                                  (ロニ蔵)

Advertisements

 現在、東京藝術大学陳列館で開かれている「時空をこえたオプティミスト 建築家ボジェック・シーペックの軌跡と作品展」に行ってきました。今回の作品展のポスターには、シーペック氏本人がTシャツをめくりあげて上半身の裸を見せ、顔の周りに自分の作品が浮かんでいるというユニークなデザイン。このポスターを見ただけで、楽しげな様子が伝わってきました。

チェコ・プラハ生まれのシーペック氏はもともと建築家ですが、今はインテリア、照明、ガラス工芸、食器類、靴など様々な分野を手掛けています。1F展示場に足を踏み入れると、20本のガラスで制作した木々「ガラスの森」が目に飛び込んできました。2メートルくらいの高さのガラス群は美しく、そして迫力があります。

2Fの展示スペースにはガラス作品が一堂に展示されていました。天井から色とりどりのシャンデリアがぶら下がり、50ほどのガラス作品がテーブル上に置かれている空間は、見る者を圧倒させます。

何と言ってもガラスの色が鮮やか。チェコの伝統工芸ボヘミアン・グラスを斬新に進化させたのがシーペック氏のガラスアートです。天皇陛下がチェコを訪問された際、チェコ大統領からの贈り物にシーペック氏のガラスアートが贈られたそうです。(モコちゃん)

「時空をこえたオプティミスト 建築家ボジェック・シーペックの軌跡と作品展」
http://www.boreksipek-japan.com/home.html

Excite.ism
http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_9116/

個人の方のブログ
http://sato-takao.blog.so-net.ne.jp/2009-09-17

この夏、チェコの長編人形アニメ映画が日本で上映されます。人形アニメの巨匠イジー・バルタ監督の24年ぶりの長編作『屋根裏のポムネンカ』です。主人公は、かわいい人形のポムネンカ。仲間のガラクタたちとともに、屋根裏部屋で楽しく暮らしていたところ、ある日、悪の支配者フラヴァにさらわれてしまいます。仲間たちは屋根裏を飛び出してポムネンカを助けに行くというお話です。

チェコはアニメーションや絵本の質が高いことで知られています。特に人形アニメでは、イジー・トルンカ監督、ヤン・シュバンクマイエル監督など多くの名監督を輩出し、その芸術性の高さは今に受け継がれています。

イジー・バルタ監督は「子供たちのためのこの長編アニメは、その分かりやすさと素朴さと自由な子供のような想像力で、見る者の心を奪うだろう。CGを駆使したすばらしいアニメが多い昨今だが、この人形アニメが愛すべき大衆の中に入り込み、その居場所を見つけることを我々は信じている」と、新作に対する意気込みを語っています。

以前、テレビでチェコの街を紹介する番組を見ていたら、子どもたちが人形劇に夢中になっている様子が映し出されました。幼いころから人形劇に親しむ伝統があるチェコ。デジタルにはない温かみが感じられるのでしょうか。(モコちゃん)

『屋根裏のポムネンカ』公式HP
https://a-a-agallery.org/intheattic/

「地球の歩き方」チェコ
http://www.arukikata.co.jp/country/europe/CZ_general_1.html

人形や粘土、動物の骨や剥製、日用品や食品などのオブジェクトを用いたコマ撮りのアニメーションと実写で、現実と幻想が混ざったシュールな世界を描くチェコのアーティスト、ヤン・シュヴァンクマイエル。シュルレアリストの彼の作品には、夢、無意識、エロティシズム、ブラックユーモアなどの要素がふんだんに盛り込まれている。

初めて彼の作品を見た時、私は一目で大ファンになった。
どこか落ち着きが持てないまま、ぽーんと夢の世界に放り込まれたような不安感を抱きながらも、目が離せなくなってしまう。ナンセンスな中に底なし沼のように深い真理が隠されている描写を味わいながら、オブジェクトがなにを象徴しているのか、一つ一つ解析していくのも面白いかもしれない。

彼の創作活動の原点である人形劇は、チェコの長い暗黒時代とも深いつながりがある。ドイツの支配時代に、チェコ語を使うことが長い間許されず、唯一人形劇の中だけはチェコ語の使用が認められていたという。文化を守ろうとする人々は、人形劇の世界に自分たちの言葉とその文化を託してきた背景があると考えれば、ヤン・シュヴァンクマイエルが作品の主軸に人形を多く用いるのも、ごくごく自然のことだったと理解できる。(家出娘)

ヤン・シュヴァンクマイエル
http://columbia.jp/dvd/titles/artanime/yan.html

チェコ人形劇物語
http://kainouken.web.fc2.com/tokouki/zemi/2003/czech/biginner.html

われわれ日本人にとっては、“チェコスロヴァキア”という国名の方になじみがある。この国はいったいいつ、どうしてスロヴァキアとチェコの2つの国に分かれてしまったのか―。

2つの国は同じスラブ系の民族。ただ、歴史が若干違うのだ。チェコはマジャール族(ハンガリー人)の侵攻に対し神聖ローマ帝国の庇護を求め、ドイツとの関係を強めた。一方、スロヴァキアは、マジャール族に支配され、ハンガリー王国の一部になった。

第一次世界大戦で、チェコとスロヴァキアとも、当初、ドイツ、オーストリア枢軸側の一員として戦うが、スラブ系という血が騒ぎロシアに同調、同盟国側に寝返った。この功績から戦後、「チェコスロヴァキア」という統一国家として独立したのだ。

ソ連の衛星国だった「チェコスロヴァキア社会主義共和国」は、1980年代末の東欧民主化(ビロード革命)を契機に、新しい国名をどうするかで議論になった。チェコ人は「“チェコスロヴァキア”連邦共和国」を主張したが、スロヴァキア人は「もともと違う国だから」として、“チェコ―スロヴァキア”と、間にハイフンを入れることに固執した。

このため、外国からはハイフン戦争などと揶揄された。これでもスロヴァキア側から不満が出て、結局“チェコ及びスロヴァキア”の形に。だが、この国名争いが発端となって、93年、「協議離婚(分離)」に至った。

スロヴァキア人からすると、多数派のチェコ人に支配され、しかも経済的な格差も強いられているという認識があり、面白くない感情があったとされる。しかし、それはそれで、あくまでスラブ系の兄弟国家。分離後、いがみ合うこともなく、別れても仲良く付き合う不思議な隣国関係になっている。(日暮らし)

Yahoo! Japan知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1213131497

市民の市民による市民のためのメディア インターネット新聞 JanJan
http://www.news.janjan.jp/world/0706/0706267913/1.php

チェコとスロバキアの歴史
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2917/syometsu/czech.html

ある日、チェコ大使館を訪れた。その敷地、建物の大きさ、そしてレトロモダンな建築に圧倒される。1972年に完成したブルータリズム建築と呼ばれるコンクリート造りで、マグニチュード9.6まで耐えうるという。耐震性では類を見ない堅固さだ。併設するチェコ・センターでその建物について尋ねてみる。

raymond1設計はI・ロウダとI・スカーラだが、アントニン・レーモンドも計画に関わっている。調べてみると、レーモンドは、チェコ出身でプラハの工科大学で建築を学んだ後渡米、フランク・ロイド・ライトの事務所で仕事をするようになる。初来日は、帝国ホテルの建設の仕事でライトに同行した1919年。ホテル新館が完成し、ライトが帰国した後も、レーモンドは日本に残り、事務所を立ち上げる。

レーモンドは、個人宅、会社、学校、病院、教会といったあらゆる種類の建物を設計し、日本の近代建築に大きく貢献した。長野県軽井沢の聖ポール教会は、東欧風のたたずまいで、内部はユニークな構造となっている。

18年の滞日の後、太平洋戦争前に米国に戻ったが、戦後日本に戻り25年を過ごした。88年の生涯の約半分は日本に滞在した。(みかん)

チェコ大使館
http://www.mzv.eu/wwwo/default.asp?idj=25&amb=151

チェコセンター
http://www.czechcentres.cz/tokyo/novinky.asp

レーモンド設計事務所
http://www.raymondsekkei.co.jp/index.html

チェコは、2009年上半期の議長国。2004年以降に加盟した国ではスロベニアに続いて2番目の議長国を務める。山積する国際問題についてEUを代表して調整しなければならないが、EU内ではリスボン条約を批准していない残り数カ国の一国であり、その去就が注目される。

写真クレジット: 大統領府のあるプラハ城 ©CzechTourism.com

写真クレジット:大統領府のあるプラハ城 ©CzechTourism.com

チェコが力を発揮できるのはどこか。冷戦時代は共産圏で、東方の近隣国との関係は、西欧の加盟国よりも深い。長年の加盟候補国トルコをはじめ、クロアチアなどバルカン諸国の加盟交渉をサポートする。ガス供給の再開をめぐってロシア、ウクライナ両首脳との間で対話がスムーズに行われたのは、EU議長国チェコがロシア語を介して行ったところも大きい。

一方で、前議長国のフランスと異なるのは大統領の立場。仏大統領は絶大な権限を持つが、チェコの大統領は政治的権限が限定される象徴的な元首。そうした条件にもかかわらず、クラウス大統領は環境問題などで、大胆で本質的な問いかけを忌憚なく行っている。その人柄が国民からも大きな支持を得ているからのようだ。(みかん)

議長国チェコの公式サイト(チェコ語・英語・フランス語)
http://www.eu2009.cz

クラウス大統領の個人ページ(著書「Blue, not Green Planet」について英語でも解説があります) http://www.vaclavklaus.cz/

日本でチェコ文化を発信するチェコ・センター(日本語)
www.czechcentres.cz/tokyo


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

October 2017
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Blog Stats

  • 281,043 hits