こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘デザイン

EUの展示商談会「EU Gateway Program」のEuropean Designに今年も行ってきた。約40社が出展、来場者は2日間で約580名に上った。私が個人的に興味を持ったのは、デンマークのステルトン社。デンマークの家庭やオフィスでよく見かけたポットは、代表的なデンマークデザインといえる商品で、日本でも既に知られている。それにしても、なぜ今日本に?

主に卓上用品を製造するステルトン社は昨年2010年で50周年を迎えたデザイナー商品の老舗。デンマークのトップデザイナーであるアルネ・ヤコブセンエリック・マグヌセンのクラシックな作品から、日本人を含む現代デザイナーの作品までを取り扱う。輸出担当取締役のクリスチャン・エルネマン氏に話を聞いた。

2011-12年18色で展開するヴァキューム・ジャグ

国外での主な市場は英国や米国だが、今後は日本でもデパートを中心に販売を拡大していきたいとのこと。50年前にデザインされたマグヌセンのコーヒー・ポット(ヴァキューム・ジャグ)が今でも人気が高いのは、シンプルで、ストレートに機能を追求した、時代を超えた(Timeless)デザインだからだという。50年前にデザインされたヤコブセンのシリンダ・ラインは、現在を通り超え、未来を舞台にしたハリウッドのSF映画に違和感なく溶け込んでいたとか。

 

ポール・スミスとコラボしたシリンダ・ライン「ステートメント」

今年の展開は、前述のポットのカラーバリエーションが増えて登場。また、昨年の50周年記念に続き、英国のデザイナー、ポール・スミスとコラボレーションした新しいシリンダ・ラインを限定発売する。

伝統的な人気に満足することなく、基本を守りながら新しさも取り入れ、消費者の心をつかむこのデンマーク企業は、日本のファンをさらに増やすに違いない。 (みかん)

 

【このほか、European Designに出展していた注目企業】
● 屋外で使える家具を扱うドマーニ (ベルギー)
● ソファが人気のイーゴ パリス (フランス)
●大型家具ならファマ (スペイン)

  • In: Business | Culture | Travel
  • Comments Off on 話題の絶えないアムステルダムのロイド・ホテル Lloyd Hotel in Amsterdam (Temporarily Was in Tokyo Too)

アムステルダムに行く機会があれば、泊まってみたいホテルがある。「文化大使館」との名前も持つロイド・ホテルは、とにかく楽しみ方がいろいろとある。字数の都合により、箇条書きでその特徴とニュースを紹介したい。

    1. 全117部屋は1つ星から5つ星まで(料金も€95~€450)で、国内外のデザイナーの作品により各部屋異なっている。会議室として借りることも可能
    2. 20世紀初頭から移民のための宿泊施設、刑務所、ワークショップ会場と姿を変えてきたが、市の入札を経て2004年に建築家グループMVRDVにより今の形に生まれ変わる
    3. 食事はカフェテリアの中央に設えられた大きなテーブルを囲んで。伝統的レシピから考案され、地元から調達された材料を使った独自のメニュー。ショップで一部販売も。
    4. 「文化大使館」と呼ばれるとおり、ライブや展覧会をはじめとして、様々な文化イベントがホテルを会場に催されている
    5. 日蘭国交樹立400年を記念して、2010年10月には東京・代官山に同ホテルが1カ月限定で開設された。日蘭のデザイナーによるLLOVE HOTELをコンセプトにしたユニークな部屋の数々(写真)
    6. タイムアウト誌アムステルダム版の2010年ベストホテルに選ばれた
    7. 2011年9月にアムステルダム・ファッション・インスティテュートの学生・卒業生と共同で開発されたファッションに重点を置くエクスチェンジ・ホテルがオープンする 

 そのときの財政状況や気分によって宿泊する部屋を変えられるのがいい。自分が訪れるときはどんな部屋に泊まることになるのか、今から楽しみだ。     (みかん、写真も)

  • In: Culture | Lifestyle
  • Comments Off on デンマーク家具デザイナーによるユニークチェアーの数々! “Whiteout” Exhibit of Danish Furniture

© Steen Dueholm Sehested(デンマーク大使館提供)

先日、五反田の東京デザインセンターで開催されていた「WHITEOUT展」(会期:4月2日(土)~8日(金))を訪れた。展覧会のタイトル「ホワイトアウト(雪や雲などにより視界が白一色となり、方向・高度・地形の起伏が識別不能となる現象)」が物語るように、デンマークの家具職人による個性豊かで、アイデアがたっぷりつまった真っ白な椅子が展示場に並べられていた。

面白いことに、38脚の全ての白い椅子は、個性的でありながらも、全て80×80×120cm の規格で統一されており、そのユニークなコンセプトにも遊び心が表れていて、見る人を大いに楽しませてくれる。

© Kjeldtoft Møbelsnedkeri(デンマーク大使館提供)

一例を紹介すると結束バンド(インシュロック)をつなげて椅子を形作っている作品(実際座って試すことはできなかったが、多分座っても壊れないのであろう・・・)、フワフワした羊の毛を使ったとてもメルヘンな作品や、アコーディオンのように連なった板を結束させることで初めて座ることができるという、なんとも奇妙な発想の作品など、38脚それぞれが独自の世界を創り出していて、人の数だけアイデアがあるというのはこういうことだなと、なんだかやけに納得してしまう自分がそこにいた。

北欧デザインは、どちらかというと、ヴィヴィットで鮮やかな色調が特徴であるし、家具も木目や木そのものを基調とした素材が多い中、このように「白」だけで表現する作品展はとても珍しいのではないかと思う。そういった意味で、また新たな北欧デザインを発見できたことにもちょっぴり嬉しさを感じてしまうのであった。(さくら)

© Torben Skov(デンマーク大使館提供)

「WHITEOUT展」(会期:2011年4月2日~8日)

(Rudy Hemmingsen)

(Rudy Hemmingsen)

旅行であれ、仕事であれ、コペンハーゲンの空港に降り立ったそのときから、多くの訪問者がスタイリッシュなデンマークデザインに感銘を受けるのではないだろうか。

モダンでシンプルなデザイン。それは、空港から乗り継ぐ最初の電車、散策する街並や店舗、さらにはオフィス街や、住宅街でもいたるところで見かけられる。

木の風合いや、間接照明のやわらかい明かりが、居心地のよい空間を作り出している。

こうしたデザインは、人々の暮らしぶりを反映したものだ。家具や食器は良質で長く使われる。広い部屋にはあまりモノを置かず、簡素なたたずまいを演出する。もちろん家具や食器は、重要なデンマークの製品として世界各国に輸出されている。

小国ゆえに街も小さく、移動・通勤は天候に関わりなく自転車が主流。寒い冬でも人々は湖や海岸まで散歩にでかける。

そうした彼らのシンプルな暮らしから、豊かな生活に多くのものは必要ないと感じずにはいられない。(みかん)

デンマーク人デザイナーによる家具(日本での取扱店の一部)
http://www.fritzhansen.com/jp
http://www.louispoulsen.com/jp
http://www.carlhansen.jp/

北欧家具
http://www.ikea.com/jp
http://www.illums.co.jp/

スカンジナビア観光
http://www.visitscandinavia.or.jp/


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

March 2017
M T W T F S S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 270,804 hits