こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘ビール

9月8日~11日、東京・六本木でベルギービールウィークエンド2011が開催された。6月の大阪会場に続き、東京でもビールだけでなく、ベルギーの軽食や音楽ライブなど、同僚、友人同士、カップルや家族連れなど誰と行っても楽しめるイベントだ。

なんといっても目玉は10のカテゴリーに分けられた62種類のベルギー・ビール。産地や原料、製法、味の特徴、言われなど知れば知るほど、興味深い。修道院で醸造されていた時の製法を受け継ぐもの、今でも修道院の醸造所限定で作られるもの、農家で清涼飲料として製造されてきたもの、木苺やサクランボなどフルーツを使ったものなど。ただし、日本のビールよりアルコール度数の高いものが多いので、飲みすぎに御注意あれ(自戒を込めて)。

東京会場での4日間には、のべ2万1千人が訪れたそうだ。観光案内や雑貨・食品を扱うショップもあり、日本にいながらベルギーについて知るよい機会となった。この模様はベルギーのニュースでも放映された。日本各地で開催されるドイツビール祭・オクトーバーフェストのように、定着していく可能性大だ。  (みかん、写真も)

ビールを買うと各銘柄のコースターがもらえた。上から右回りに、「サンフーヤン ブロンド」、「ヴェデット・エクストラホワイト」、「パトラッシュ」、「レフ ブロンド」。

Advertisements

あまりの猛暑に吉祥寺にあるビール専門店に立ち寄ったら、面白いベルギービールに出会いました。アルコール度8%のブラウンエール「パトラッシュ」です。甘いのにすっきりした味わいで、最後の1本にちょうど良い感じです。ベルギーでパトラッシュといったら「フランダースの犬」だろうと、マスターに確認したところ、TVアニメの舞台になったアントワープ市近郊のホーボーゲン村にある醸造元のビールとのこと。

実は「フランダースの犬」はベルギーの地元では、あまり知られていなかったそうです。再評価されるようになったのは、海外からの観光客が少なかったアントワープ市のノートルダム大聖堂にある時期から多くの日本人が訪れるようになってから。日本人観光客のほとんどが教会に到着するとまず、「ルーベンスの絵はどこですか」と質問し、絵を見ながら泣き出してしまうそうです。少年ネロと愛犬のパトラッシュがルーベンスの絵に見守られながら静かに息を引き取るアニメ「フランダースの犬」のラストシーンを見たことのある日本人ならその行動も理解できますが、何も知らない現地の人々は衝撃を受けたに違いありません。

そんな訳で、アニメ「フランダースの犬」の存在がベルギーにも知られるようになり、ホーボーゲンにネロとパトラッシュの銅像が建つなど、日本人向け観光スポットが次々に誕生。地ビールの「パトラッシュ」も、2006年に発売されました。同じブランドの「ネロ」というビールもあるそうです。

ビールのラベルの絵柄は妙にリアルで、アニメ版のネロとパトラッシュとは全く似ていません。どんなに酔っぱらっても主題歌を歌いながら泣くようなことにはならないと思います。ただ、猛暑の中で一日働いた後は、つい最終回のセリフをつぶやきたくなります。「パトラッシュ、もう疲れたよ」。

「パトラッシュ」のラベル。飲み終わったビンからはがしたのでちょっとボロボロ。

群馬県高崎市で、姉妹都市であるチェコ共和国プルゼニ市との提携20周年を記念した「チェコファア」が9月1日から11月7日まで開催されている。両市の交流は、プルゼニ市に拠点を置くピルスナー・ウルケル・ビール社と、高崎市に工場を構えていたキリンビールが技術相互協力協定を結んだことをきっかけに始まった。高崎市が市制90周年を迎えた1990年に、日本とチェコでは初めてとなる姉妹都市提携が調印された。

今回のチェコフェアは、高崎市の市制施行110周年も重なったためにかなり大規模な記念イベントとなった。中でも目玉となったのが、人形劇大国チェコが誇るプロの人形劇集団の公演が市内で8回も行われたことだ。

チェコの人形劇は伝統があり、質も高い。チェコがハプスブルグ帝国の一部だった時代、住民たちはドイツ語を話すことを強要されていたが、子ども向けの人形劇だけはチェコ語の上演が許されていた。社会主義圧政下の時代も、人形劇によってニュースが伝えられたリ、社会風刺が行われていたというから、ドラマを超えたメディアの役割をも果たしていたのだろう。

高崎にやってきたのは、プルゼニ市で活動する「デバドロアルファ」。チェコでもトップクラスの人形劇団で、マリオネット(糸操り人形)87体とともに来日した。そのユーモラスな仕草に笑いが起こったり、まるで役者のように滑らかに動くマリオネットたちの姿にうっとりしたりで、人形劇の世界に魅了された人も多かったのではないだろうか?

その他にもチェコ生まれの芸術家アルフォンス・ミュシャ展やチェコの若手演奏家コンサートなど極めて芸術性の高い催しが行われた。参加型イベントとしては、チェコ料理教室やチェコ民族舞踏教室、チェコ伝統工芸教室などが開催された。このチェコフェアに先立つ8月25日から9月13日にかけて、プルゼニ市で「日本文化の日」が開催され、高崎市から書道、茶道、生け花、盆栽の第一人者が現地を訪れ、体験講座が開催された。

ビールがとりもつ高崎市とプルゼニ市の交流が、これからも末長く続くことを期待したい。                                  (ロニ蔵)

 今年、横浜は開港150周年を迎え、記念イベント「開国博Y-150」が4月末―9月末までの間、みなとみらい地区で開かれた。ただ、鳴り物入りで始まった割には、会場への有料入場者数が見込みを大きく下回る。その沈滞ムードを振り払うように、この秋期待されていた次のイベントが「オクトーバーフェスト・横浜」だ。

 オクトーバーフェストとは、もともとミュンヘンで毎年秋、大々的に開かれるお祭り。ビールの醸造シーズンの幕開けを祝うもので、かつてはドイツ南部・バイエルン州では至る所で見られたイベントだが、今では州都ミュンヘンの「フェスト」だけが飛びぬけて有名になった。

 会場になるテレージエン緑地は42ヘクタールという広大な敷地で、ここに遊園地のアトラクションが設置されるほか、仮設のビヤレストラン、食べ物を売る屋台などが所狭しと並ぶ。特に、大手ビール会社が作ったビールテントには人があふれ、酔うほどに「プロースト(乾杯)」の声、歌や踊りがあちこちで出て、賑やかさがさらに増す。

 この本場のビール祭りの雰囲気を日本にいながら味わおうというのが「日本オクトーバーフェスト」で、毎秋、東京・日比谷、横浜など全国5会場で開催される。とりわけ、10月9日-18日に開かれる横浜は最大規模。ここは日本ビール発祥の地でもあり、熱の入れ方が違うからのようだ。

 会場はいつものみなとみらい地区・赤レンガ倉庫前広場だが、ビアホール座席数は今年、これまで以上の1866席(テント内420席、テント外1446席)用意され、食のメニューも盛りだくさん。期間中、ドイツからヨーデル楽団などが来日、ミュンヘンにいるような感覚で酒と料理が楽しめる。

 ただ、本場ミュンヘン会場への入場は無料だが、赤レンガ会場への入場料はきっちり200円。例年のことだが、お祭りへの参加が有料とは無粋で、盛り上がりに冷水を掛けることにならないか。(日暮らし)

横浜オクトーバーフェスト2009
http://www.yokohama-akarenga.jp/oktoberfest2009/index.html

横浜赤レンガ倉庫
http://www.yokohama-akarenga.jp/index.html


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 303,080 hits

Top Clicks

  • None
Advertisements