こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘ヘルシンキ

年末にフィンランドのヘルシンキに暮らし始めた友人夫婦の所を訪ねていこうと思って、いろいろと準備を始めている。久しぶりの海外旅行だが、旅というのは準備しながら想像を膨らませている時がもしかしたら一番愉しい時なのかもしれない。

そんなことを思いながら、フィンランドについて書かれた本を何冊か渉猟していたら、面白い旅行記に出会った。『北への扉 ヘルシンキ』(文:小原誠之、写真:伊奈英次、発行:プチグラパブリッシング)だ。窓際に二つのベッドが置かれたシンプルなカバー写真に惹かれて、中をパラパラ繰ってみると、写真がふんだんに使ってあって、そのインターバルにテキストが挟み込まれている。デザインもクールなので、2800円とやや高価だったが、思わず買ってしまった。

フィンランド航空の日本語版機内誌『Kiitos』に載った記事を再構成してまとめたものらしい。ヘルシンキを拠点に、フィンランドの国内各地を巡り、エストニア、ラトヴィア、ノルウェーにも足を伸ばした旅の様子がさりげない文章と、完成度の高いスナップショットで構成されている。この本を読み終わって思ったのは、ああ、早く森と湖の国フィンランドの光に触れてみたいなあということ。写真を見る限り、高原の涼風が常にまったりと流れているのだ。

この本で紹介されているフィンランドの表情はあくまで写真家が感じたものを見事に映像化したものだから、実際に現地を訪れてみると全然違うかもしれない。しかし旅のイメージトレーニングとして、これほど最適な本もないだろう。あと数ヶ月、パラパラと写真を眺めながら、想像力の旅を愉しみたいと思う。(ロニ蔵)

『北への扉 ヘルシンキ』出版紹介サイト

サウナ文化で知られる国、フィンランド。
サウナという言葉もフィンランド語です。本場フィンランドではどのようにサウナを楽しむのでしょうか。フィンランド大使館のセッポ・キマネン参事官にお話しを聞いてきました。

フィンランド人にとってのサウナは、日本人にとってのお風呂と同じくらい、生活に欠かせないものです。その歴史は古く、現在のフィンランドの地に人々が暮らし始めた時に、家よりも先に作られたといわれるほど。北欧フィンランドでは、寒さは生命を脅かす存在でもあります。そんな地で、サウナは厳しい寒さから人を守ってくれる最も安全な場所として重宝され続けてきたのでしょう。

フィンランド人にとっていかにサウナが身近なものであるかは、数字からも想像することができます。フィンランドにあるサウナの数はなんと約200万個。フィンランドの人口は約530万人ですから、なんと2.5人に1つの割合になります。

一軒家には必ずサウナがあるほか、ヘルシンキなど都市部の集合住宅でも共用サウナがあり、マンションによっては戸別に設置されているところもあります。他に、街中には公共のサウナも。最近では、夏にはほぼ毎日、冬には大体1週間に1回使用する人が多いそうです。

サウナの仕組みは、サウナストーブに入ったサウナストーンを電気や薪で温め、そこに水をかけると、熱い蒸気が出て、サウナ室の温度があがります。電気式だと30分ほど、薪式だと4~5時間ほどでサウナストーンは熱ちっちに。また、古くからあるスモーク式では、蒸気のかわりに煙を部屋に充満させ、いったん窓から煙を逃がしたあと、煙の香りが残る中で温まります。この方法だと、暖まるまでに8時間ほどかかり、現在では利用されている数は少ないですが、独特の香りが楽しめることもあり、根強い人気があります。つづく。(パクチー)

The Finish Sauna Society(英語のみ)
http://www.sauna.fi/welcome.html

フィンランド大使館
http://www.finland.or.jp/Public/default.aspx?contentlan=23&culture=ja-JP

日本サウナ・スパ協会
http://www.sauna.or.jp/

 皆さんは、日々のストレスはどのように発散していますか。普通は、ジムに行って運動したり、友人とおしゃべりしたり、美味しいものを食べたり…。しかし、一風変わった発散の仕方もあります。この秋東京で、不平不満を歌にし、負のエネルギーをポジティブなエネルギーに変える「不平の合唱団」のコンサートが開かれるのをご存知ですか。

このプロジェクトはフィンランドのヘルシンキを拠点に活動する若手アーティスト、テレルヴォ・カルレイネンとオリヴァー・コフタ=カルレイネンが始めました。カルレイネンさんたちが一般人から不平不満を集め、それに曲をつけて合唱曲に仕立て、大声で街中で歌うというものです。

2005年、イギリスのバーミンガムで始まった以来、ヘルシンキ、ドイツのハンブルグ、スウェーデンのマルメなど、世界約40の国と地域で行われてきました。今回、11月28日から3ヶ月間、日本で初お目見え。森美術館において、日本語による「不平の合唱団」が披露されます。

 不平の中身は個人的な悩みから、グローバル化や政治への不満まで非常に幅広い内容。その地域独特の不平不満もあれば、国境を越えた悩みもあります。ヨーロッパの人々の歌う不平と日本人の不平を比べて聞いてみると、文化の違いや共通性が見えておもしろいかも知れません。(モコちゃん)

森美術館
http://www.mori.art.museum/jp/index.html

1917年にロシアから独立したフィンランドと、1919年に日本は外交関係を樹立し、今年は両国の外交関係開設90周年という節目の年。初代駐日フィンランド公使には、言語学者のグスターフ・ヨン・ラムステッド氏が就任しました。日本駐在中は、外交官としての活動のほか、言語学者として大学で講義も行っていたそうです。

1944年から1951年まで第二次世界大戦のため外交関係が断絶していましたが、1957年に再開。以降、ビジネス、文化、福祉など様々な分野で交流を深めています。

両国の架け橋になっている人物といえば、国際的ピアニストの舘野泉さんです。1964年にヘルシンキに移住。当時ピアニストとして順調に活動し始めていたのに、なぜ遠い北の地に行く気になったのか。「ロンドンやニューヨーク、ウィーン、パリのほうがキャリアを積むには良いのでは」と周囲から言われたそうです。

舘野さんは当時を振り返り、「文学を通して憧れていた北欧に住みたい。西でも東でもなく、重い伝統や権威などなくて、日本にも中欧にも適当な距離をおいている孤高な国フィンランドがよいと思った」そうです。

病で倒れても、闘病の末再び舞台にあがり演奏を始めた舘野さん。60年以上ピアノを弾き続けるその生き様に、胸が震えます。(ぴあの)

舘野泉さん オフィシャルサイト
http://www.izumi-tateno.com/

舘野泉さん特集 TV番組
http://www.jump.co.jp/bs-i/chojin/archive/038.html

フィンランドセンター
http://www.finstitute.gr.jp/

アニメでお馴染みのムーミン、サンタクロースの故郷、幻想的なオーロラなどで知られるフィンランドは、日本からは非常に遠いイメージですが、実は飛行時間でいうと、EUの中で日本から最も近い国です。

フィンランドの面積は日本の約9割。でも人口は約520万人と日本の約25分の1です。国土の7割近くが森林、1割が湖や川というまさに森と湖の国です。

首都ヘルシンキは貿易港で、「バルト海の乙女」とも呼ばれる、美しい海岸線に沿った街です。市民の集うマーケット広場は、おみやげ探しにもってこいの場所です。ウスペンスキー寺院やヘルシンキ大聖堂などの壮大な建築物を見たり、フィンランド美術を集めたアテネウム美術館や国立現代美術館キアズマを訪れたりするのもおすすめです。

最近では2006年に公開された、ヘルシンキにある日本食食堂を舞台にしたほのぼの映画「かもめ食堂」のヒットも記憶に新しいところです。ヘルシンキ以外の都市にも足を伸ばしたり、サウナで旅の疲れを癒したりするのも良いですね。(しげぶー)

フィンランド政府観光局
http://www.moimoifinland.com/index.php

ヘルシンキ市観光局
http://www.visithelsinki.jp/index.html

フィンランドセンター
http://www.finstitute.gr.jp/

日本・フィンランドサンタクロース協会
http://www.jf-santa.org/index.html


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

August 2017
M T W T F S S
« Jan    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 278,699 hits

Top Clicks