こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘ユネスコ

今年、平泉(岩手県)と小笠原諸島(東京都)がユネスコの世界遺産に登録され、日本中が歓喜に沸いた。まさに、日本にとって「世界遺産YEAR」といっても過言ではないだろう。それを意識したわけでもないのだが、今年の夏、ベルギーにある世界遺産「ブルージュ歴史地区」を訪ねてみた。

ブルージュ歴史地区は、首都ブリュッセルの北西に位置し、特急で1時間ほどの距離にある。旧市街には運河が張り巡らされ、その周囲をギルドハウス(ベルギー特有のギザギザ屋根の建物)やゴシック建築の歴史的建造物が囲み、まるで中世にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えるほどだ。

船上クルーズ。街歩きとはまた違った魅力を体験できる。

運河クルーズもさることながら、夜のブルージュはまた何とも感慨深い。雨に濡れた地面と霧がかった町並みが、その雰囲気をより一層引き立たせてくれる。
「街全体が美術館」と称される意味が分かるような気がする。

 ブルージュで有名なのが、ボビンレースと呼ばれるレース編み。北海につながる運河のおかげで、15世紀には織物産業による隆盛期を迎えた。その後、ブルージュは衰退の一途をたどるが、19世紀に以前の活気を取り戻し、今では国内外から観光客が訪れる魅力的な街に成長している。 

世界遺産に登録されると、街の景観が乱れ、本来の環境が破壊されてしまわないかと危惧してしまうが、こうやって注目を集めることでより一層素敵な土地へと成長できれば、世界遺産に登録される意義があると私は思う。いつか平泉と小笠原諸島へも足を運んでみたいものだ。(さくら)

夜のブルージュ。雨に濡れた街もまた趣がある。

[URL]
水の古都ブルージュ(ベルギー・フランダース政府観光局)
http://www.visitflanders.jp/what_to_do/travel/hitoritabi3/plan/brugge.html#plan1

Historic Centre of Brugge (UNESCOサイト)
http://whc.unesco.org/en/list/996

Advertisements

地球表面積の約70%を占める海洋は、生態系の維持、レジャー、漁業などのほか、資源としての価値も改めて注目されています。世界では、たとえばユネスコで今年も5月に世界海洋会議(Fifth Global Ocean Conference at UNESCO)が開かれ、海洋ガバナンスや生命の保全などについて話し合われました。EUは2006年に海洋に関するグリーンペーパーを採択し、持続可能な海洋活用のためのビジョンを展開するための取り組みがなされています。

EU各国や自治体もこれまで対策を講じてきました。海洋資源が豊かで、複数の国が面する北海沿岸地域には、経済的・社会的・文化的アイデンティティがあります。これを守るため、国家を超えて北海沿岸の各自治体が参加するグランドデザイン・プロジェクト(NorVision)に、これまでEUが越境地域協力資金(Interreg)を提供してきた経緯があります。

またイギリスは、海岸部にトラストや国有地が多くあり、自然環境をガバナンスしています。同国は国際貿易航路が経由する港をいくつも有しており、環境負荷をかけない持続可能な資源利用を目指して、昨年末には海洋及びアクセス法案が制定されました。海洋管理庁が海洋開発の認可・管轄を一元化し、内陸部の淡水魚を保護するためにイングランド沿岸部にレクリエーション道路を設けるなどの内容を盛り込んでいます。

日本は6852の島嶼から構成されているそうです(財団法人 日本離島センター)。沿岸や海洋というコンセプトに目を向けるのもいいかもしれませんね。(くるみ)

EU海洋政策
http://www.deljpn.ec.europa.eu/union/showpage_jp_union.maritime_policy.php
http://www.jstra.jp/html/PDF/EUkaiyoukankyoukisei.pdf

Norvision
http://www.clair.or.jp/j/forum/forum/chouryu/169/index.html

イギリス 海洋及びアクセス法案
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/legis/23902/02390204.pdf

5月21日は、世界文化多様性の日。この日、東京・新宿にある日仏学院では、前ユネスコ事務局長を務めた松浦晃一郎氏と、現ユネスコ・フランス政府代表大使のカトリーヌ・コロナ氏を招いて、文化多様性についての対談が行われた。

第二次世界大戦後に創設されたユネスコの目的は、戦争の惨事を繰り返すことがないように、異文化間での誤解が生じないよう教育や文化の分野での振興を図ることだった。文化とは生活様式であり、伝統的なものも創造的なものも包括される。ユネスコは2005年に文化的表現の多様性の保護及び促進に関する条約を採択している。多様性とは、表現の全ての形態を指し、多文化主義とは意義が異なる。

文化として表現された“アイデンティティ”は、商業的に“交流”される。コロナ氏は、昨今のデジタル化における流通で、コンテンツ保護の重要性にも言及していた。「文化は商品であり、かつ、それ以上」。この姿勢を各国が示すことも必要となる。

文化の最たるものは言語なのである。独立した言語は、独立した文化に等しい。ユネスコの調査では、世界には6,000~7,000の言語が存在する。そして、言語は無形の文化を伝える役割を担っているのだ。スペイン・バレンシア地方のエルチェに伝わる宗教劇が若い世代に支持されていて、バレンシア語の復活に役立っているという事例が挙げられていた。

“生物多様性”と比べると取り上げられる機会が少ない“文化多様性”。伝統的なもの、創造的なもの、文化の多様性について、一考する興味深い機会だった。(くるみ)

日仏学院
http://www.institut.jp/

エルチェの神秘儀
http://www.accu.or.jp/masterpiece/masterpiece.php?id=18&lg=jp


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

November 2018
M T W T F S S
« Jan    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Blog Stats

  • 295,611 hits

Top Clicks

Advertisements