こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘ルーブル美術館

 ルーブル美術館の最近の人気絵画は、ルーカス・クラナッハ(Lucas Cranach der Ältere:1472―1553)作の「三美神」だ。広いルーブル美術館の中を、歩き回ってやっとたどり着いた先に、クラナッハの数点の絵画が展示されていたが、「三美神」に出会って、これだと感動した。一般に公開されるのは今回が初めて。 

 ルーブル美術館が16世紀のドイツの画家クラナッハの作品購入のため、一般からの寄付を募ったのは昨年11月。3人の裸婦を描いた「三美神」は24㎝×37㎝の思ったよりも小さな作品。しかし、寄付のキャンペーンがメディアで報道されると、多くの人が関心を寄せ、7千人から120万ユーロが集まったという。今年3月に特別展示され大好評を博したが、7月に訪れた時にはドイツ絵画展示の中で、静かに輝いていた。もともと、この絵画は、親しい友人のために描かれた作品で、昨年まで個人コレクターに所蔵されていただけにひっそりと少し目立たない場所の展示の方が似合うような気がした。 

 聞くところによると、ルーブル美術館が一般から寄付を募って有名絵画を購入したのはジョルジュ・ド・ラ・トゥールの作品以来だったそうだ。(丸の内太郎、写真も)

 

                 

Advertisements

欧州で最古の美術館、パリのルーブル美術館の照明約4,500台が、環境への負荷低減を考え、LED照明に変わるそうだ。その契約を日本の東芝と結んだことは、とても嬉しいニュースだった。

世界中から観光客が訪れるルーブル美術館。有名なナポレオン広場や広場中央のピラミッド、中庭を照らす照明を現在のランプからLEDにすることで、より少量の消費電力で、耐久時間も長くなるそうだ。つまり省エネ。

東芝にとっても、環境技術を世界に宣伝できる好機となる。ルーブル美術館が、照明改修プロジェクトのパートナーに東芝を選んだことで、同社はブランド認知度を上げ、世界各地で同様の事業を展開していけるよう期待している。

こうした環境や技術、ビジネス分野での欧州と日本のコラボレーションが、今後さらに増えていってほしいと思う。(みかん)

東芝のニュースリリース
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2010_06/pr_j3001.htm

ルーブル美術館日本語サイト(日本企業が支援・協賛・協力)
http://www.louvre.fr/llv/commun/home.jsp?bmLocale=ja_JP


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 303,080 hits

Top Clicks

  • None
Advertisements