こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘ロンドン

6月14日から8月21日にかけて、三菱一号館美術館(東京・丸の内)で「もてなす悦び展」が開催された。この展示会は、19世紀末のロンドン、パリ、ニューヨークで人気を博した日本の陶器、漆器などいわゆる美術工芸品を、時代背景と共に紹介するもので、その当時の欧米における「ジャポニスム」旋風を肌で感じることができた。

大学のゼミで「18世紀末イギリスの産業革命」を専攻したこともあり、この時代については、以前から興味があった。卒業論文も、イギリスにおける紅茶文化の普及とジョサイア・ウェッジウッド(イギリス最大の陶器メーカー「ウェッジウッド社」の創設者)の偉業について取り上げたので、基礎知識は十分持ち合わせて展覧会に挑んだつもりだった。しかし、この頃の欧米では、現代の日本の漫画・アニメにも通ずる「日本ブーム」が芸術面で既に開花していたという事実は、新たな発見であり、驚きでもあった。

そもそも、ヨーロッパに紅茶文化が普及し始めたのは、オランダ東インド会社が17世紀初頭に設立され、アジア諸国へ進出したことが大きく影響しているといわれている。肥前、伊万里といった日本の陶器は、それぞれ17世紀後半、18世紀初頭にオランダへ輸出されている。その後、19世紀初頭には、インドで新種の茶樹・アッサム種が発見され、インド・スリランカでの紅茶の栽培が開始。そうしてヨーロッパの紅茶消費量は一気に加速する。ほどなく、上流階級の嗜好品だった紅茶は、労働者階級といった中産階級層にも広まり、産業革命時代には、紅茶は黄金期を迎えるのである。

というのが、少ないながらの私の基礎知識であるが、注目すべきは、中産階級層に紅茶文化が広まったという事実である。「もてなす悦び展」では、実にさまざまな茶器を展示していたが、その頃の大衆文化において、茶器の芸術をたしなむ余裕というものが感じられる。産業革命下において、一般庶民にも裕福とはいえないが、一定の生活水準が保たれるようになり、「美しいものを愛でる」という感覚が生まれてきたのである。

日本の茶器の絵柄に、欧米の人々は魅了された。ティファニー・スタジオが、朝顔柄のガラス工芸品を発表。瞬く間に欧米において「朝顔ブーム」が巻き起こる。その後もファン・パターンといわれる扇の絵柄を真似たり、蜻蛉、蝶、桜、竹、紅葉、ひょうたんといった日本独特の絵柄を、ロイヤル・ウースター社、ウェッジウッド社、ミントン社などが競って自社製品に採用した。

「日本ブーム」に火をつけたのは、19世紀中頃、ロンドン、パリなどで開かれた万国博覧会の影響が大きいといわれる。いわば「日本を欧米の大衆にアピール」する絶好の機会が与えられたのである。

このようにして、日本と欧米の芸術的価値というものがひとつとなった瞬間を、陶器を通して感じることができたことも大きな収穫だった。そしてまたひとつ、大好きな茶器と紅茶文化の知識が膨らんだような気がする。(さくら)

[URL]
三菱一号館美術館「もてなす悦び展」(会期:6月14日~8月21日)
http://mimt.jp/omotenashi/

Advertisements

ロンドンで6日夜に発生し、バーミンガムやリバプール、マンチェスターにまで拡大した若者の暴動。フランス人なら誰しも、全国の都市郊外に暴力が吹き荒れた2005年11月を思い出さずにはいられない。

このときも、発端は警官に追われた移民家庭出身の若者が死亡する事件だった。暴動はパリ郊外ではじまり、やがて地方都市の郊外へと飛び火。おもに路上に駐車した自動車が放火のターゲットにされ、9000台以上が燃やされた。沈静化するまでにほぼ3週間を要したが、警察が「平常通り」と宣言した夜に放火された車の数は98台だった。つまり、一晩に百台くらいの自動車に火がつけられるのは「日常」だったのだ。 

 当時は、海外のメディアがこぞってフランスの都市郊外の「ゲットー化」を指摘した。お隣のイギリスも同様で、そのときはフランスと比較して、自国の移民統合政策が成功していることを暗に誇るような書き方もあった。

古くからイギリスに対抗心を抱くフランスだけに、今回はメディアもここぞとばかりに反撃するのだろうかと思い、ル・モンド紙の社説を見てみた。

同紙は、暴力の急激な連鎖反応という「見かけは似ている」が、背景は「まったく同じとは言えない」と指摘する。フランスでは郊外のもっとも荒廃が進んだ地区で若者が暴発したのに対し、今回のイギリスの場合は、多様な民族、社会階層の住民が混在する地区だった。貧困層と富裕層が共生≪しているかのように見えた≫地区で、格差という現実が「残酷なまでに白日の下にさらされた」のが今回の事件だったというわけだ。

もちろん2つの暴動には、共通の根がある。どちらも「社会の落ちこぼれ」の反逆であり、その≪社会≫とは、もはや彼らに居場所も未来も与えることができなくなっている。家庭、学校、社会から見放された彼らに、「失うものなど何もない」のだ。

そしてル・モンドは、2つの国の政府がとった対応も同様に場当たり的、と嘆く。政治家たちは「法と秩序を守る」ことばかりを優先した。少なくともそのようなレトリックを用いた。「これは単に若者の非行問題のエスカレートである」と片付け、治安の強化に邁進するならば、問題の根を取り除いたことにはならない。暴動から6年近くを経て、いまなお状況に大きな改善が見られないフランスならではの指摘と言えるだろう。
(ル・ジュスティシエ)

〔CC : A.J.〕 2005年11月2日深夜から3日未明にかけて放火された自動車(パリ郊外セーヴル市)

 

【参考記事】
Le Monde, « Tottenham-Clichy, les révoltés du “no future” »

ロンドンを舞台に繰り広げられる、ちょっと心温まる映画を観ました。『新しい人生のはじめかた』です。イギリス映画で、監督と脚本は、イギリスの新生、ジョエル・ホプキンス氏。

離婚歴があるニューヨーク在住のCM作曲家(ダスティン・ホフマン)と、統計局に所属しロンドンの空港でアンケート調査の仕事をしている40歳の独身女性(エマ・トンプソン)のラブストーリーです。日々の生活に孤独を感じながら過ごしてる二人ですが、ある日、ロンドンで出会い、少しずつ心の交流が始まります。

二人が散歩をしながら話をするシーンがたくさんでてきますが、その背景には、秋のロンドンの美しい景色が見られます。また、結婚式と披露宴のシーンもあり、イギリス式(アメリカ式)のものが見られて興味深いです。(日本の披露宴でもよくみられるのと同じように雛段がありました。日本の披露宴のやり方はイギリスなどから影響を受けているのですね。)

妻と離婚し、子どもたちとも別れた後、自分の居場所を失った主人公の孤独感や、年齢を重ねるごとに恋愛をして傷つくことに対する恐れの気持ちを感じるヒロインの複雑な心の動きなどがよく描写されています。一歩踏み出して他者と接する勇気がほしい時にオススメの映画です。(パクチー)

『新しい人生のはじめかた』公式HP
http://hajimekata.jp/

ロンドン観光局
http://www.visitlondon.com/jp/

ロンドンの金融センター、シティはいかめしいビル群だが、そこを通り抜けた一角にセントバーソロミュー・ザ・グレート教会がある。ここには緑の小庭園があり、切った張ったのマーケットの世界に生きるビジネスマンたちにとって、ほっと人心地を感じさせる空間となっている。

今、米国発のリーマンショック金融危機を受けて、シティをはじめ世界の金融街は軒並み底冷えの状態が続いている。そんな中、昨年11月のワシントン会議に次いで、4月初めに今度はロンドンで、世界主要20カ国(G20)の首脳が集まって金融サミットが開かれる。

米国は、オバマ政権誕生後、大統領が初めて出席するサミットであり、しかも危機の発生源であるだけに、演説のうまい同大統領がどう発言するか、いやがうえにも注目度は高まっている。

サミットに先立ち、すでにG20の財務相・中央銀行総裁会議がこの3月に開催され、対策の方向性は、一応基本合意されているようだ。それは、各国が財政出動をして景気を支える一方、保護主義には走らないよう訴えていくことであろう。

ただ、突っ込んで各国の対応を見ると、経済自由主義の米国、中国、日本と、すでに雇用や社会福祉が整った欧州とは一定の差がある。EU全体では景気対策を実施すると言うものの、国別の巨額な財政出動にはドイツはじめ消極的であり、むしろ金融システムの強化を求めている。

果たして、今サミットで各国の合意が成り、世界経済は茨の道から、ザ・グレート教会小庭園のような安らぎの空間、つまり回復の礎が見出せるかどうか。(日暮らし)

日経新聞記事
http://www.nikkei.co.jp/news/shasetsu/20090322AS1K2100422032009.html

毎日新聞記事
http://mainichi.jp/select/biz/news/20090320ddm008020085000c.html

ロンドンシティ最古の教会でウェディング
http://www.his-wedding.com/europe/uk/bartholomew/index.htm


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

December 2017
M T W T F S S
« Jan    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Blog Stats

  • 284,321 hits

Top Clicks