こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘ヴィサギナス

リトアニアが2004年に欧州連合(EU)に加盟する条件のひとつになったのが、ヴィサギナス市のイグナリナ原発の閉鎖であった。ここの原子炉は、チェルノブイリで事故を起こしたのと同じ黒鉛減速沸騰軽水圧力管(RBMK)型であったため、安全性が懸念されていた。2004年の第1号基に続き、第2号基も2009年に閉鎖。その後リトアニアは、同じ場所ヴィサギナスに新たに原子力発電所を建設する方針を打ち出していたが、7月14日、リトアニアのエネルギー省は、日本の日立製作所(米国GE合弁企業との連合)を戦略的投資企業に選んだと発表した。

リトアニアが原発建設を継続するのも、ロシアからのエネルギー供給に頼らずに、これまでのインフラ開発や安全性維持の経験を活かしながら、国内だけでなく、近隣国にも電力を供給できるとの考えがある。エストニア、ラトビア、ポーランドもパートナーとして本プロジェクトに参加している。

今回の建設には、プロジェクトの51%という負担額が大きすぎるため、フランス企業は応札しなかったようだ。韓国企業も最後になって手を引いた。米国のウェスティングハウス(東芝傘下)と日立の2社が残り、資金面で有利な提示をした日立が交渉優先権を獲得した。年末までに合意契約を結び、2020年末までに稼動を始めることを目標としている。

日立の提案では、新たな発電所の建設には、第3世代型の改良型沸騰水型原子炉(ABWR)も含まれている。一方で、隣国ロシアもカリーニングラード地域に、同じくベラルーシもリトアニアとの国境近くに原子力発電所の建設を進めており、エネルギー供給の競争は今後も続く模様だ。

リトアニアのエネルギー政策は、経済や環境の面からのみならず、地政学的な観点からも考え続ける必要があるようだ。日本企業と手を携え、地域の安定したエネルギー供給にリトアニアが役割を果たすことを期待したい。       

                                                                                                            (みかん)

地図
http://www.lonelyplanet.com/lithuania/eastern-and-southern-lithuania/visaginas-and-ignalina-nuclear-power-station

参考:チェルノブイリ原発事故の概要(JapanEcho.Net)
 http://japanecho.net/jp/disaster-data/1103/

【主な出典】
リトアニア共和国エネルギー省 
http://www.enmin.lt/en/news/detail.php?ID=1418

LiT News ( Nuclear news  17 June 2011)
 http://www.litnews.lt/litnews/news.htm

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 303,185 hits
Advertisements