こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘修道院

9月8日~11日、東京・六本木でベルギービールウィークエンド2011が開催された。6月の大阪会場に続き、東京でもビールだけでなく、ベルギーの軽食や音楽ライブなど、同僚、友人同士、カップルや家族連れなど誰と行っても楽しめるイベントだ。

なんといっても目玉は10のカテゴリーに分けられた62種類のベルギー・ビール。産地や原料、製法、味の特徴、言われなど知れば知るほど、興味深い。修道院で醸造されていた時の製法を受け継ぐもの、今でも修道院の醸造所限定で作られるもの、農家で清涼飲料として製造されてきたもの、木苺やサクランボなどフルーツを使ったものなど。ただし、日本のビールよりアルコール度数の高いものが多いので、飲みすぎに御注意あれ(自戒を込めて)。

東京会場での4日間には、のべ2万1千人が訪れたそうだ。観光案内や雑貨・食品を扱うショップもあり、日本にいながらベルギーについて知るよい機会となった。この模様はベルギーのニュースでも放映された。日本各地で開催されるドイツビール祭・オクトーバーフェストのように、定着していく可能性大だ。  (みかん、写真も)

ビールを買うと各銘柄のコースターがもらえた。上から右回りに、「サンフーヤン ブロンド」、「ヴェデット・エクストラホワイト」、「パトラッシュ」、「レフ ブロンド」。

Advertisements

『修道院へようこそ 心の安らぎを手にするための11章』を読み、日常の喧騒から離れて、安らかな気持ちになりたいと思いました。この本は、著者の35歳の女性編集者ジモーネ・コーゾックさんが、家族と離れ、日常の喧騒と離れ、ドイツ最古のシトー会のオーバーシェーネンフェルト女子大修道院に滞在したときの体験を綴ったエッセイです。日常の悩みやストレスを乗り越えるために、修道院での日常生活は多くのヒントを与えてくれます。

1700年もの歴史をもつ修道院では、今も祈りや瞑想、労働や食事の日課が定められています。朝5時半の祈りに始まり、午前の労働(庭仕事やパン工場での仕事など)、日に6回の祈り、夜8時半の大沈黙の時間まで、一日の日課が決まっているのです。著者はこの修道院での時間の流れに身をゆだね、自分自身を見つめ、心の安らぎを得るためのヒントを得ます。

心の安らぎは日々の生活の中にも取り入れられます。この一部を紹介すると、一日を瞑想か祈りの時間で始めることで、頭をすっきりさせ集中力を生み出すことができます。また、不快な事柄、やっかいな義務や性に合わない人間などを、一度別の角度から観察すること、夕方に一日を内省すること・・・などなど。私も日々の生活にとりいれてみよう。(モコちゃん)


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 303,080 hits

Top Clicks

  • None
Advertisements