こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘国立西洋美術館

東京・上野の国立西洋美術館の特別展「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」に行ってきた。だいぶ前にチケットを入手していたが、気づけば展示会の最終日が翌日に迫っていた。最終日当日の朝、JR上野駅(公園口)の改札を出て上野公園に入り、開館を待ちわびる長蛇の列に加わった。同展示会に出品されたレンブラントの作品は、『自画像』などの版画が中心だった(多くは西洋美術館やアムステルダム・レンブラントハウスに所蔵)。意表を突く訳ではないが、ここではレンブラントの作品ではなく、彼の名前について書きたい。

言うまでもなくレンブラントは17世紀オランダの大画家で、その代表作『夜警』(アムステルダム国立美術館所蔵)は世界で最も有名な絵画の一つだ。しかし、「レンブラント」が実はファーストネーム(名)であることは、意外に知られていない。ちなみに、レンブラントのファミリーネーム(姓)は、ファン・レイン(van Rijn)である 。

レンブラント・ファン・レインがファーストネームである「レンブラント」で広く知られるようになったのは、彼が自分の作品に「レンブラント」とだけ署名したことが非常に大きかった、というのが通説だ。レンブラントはラファエロやミケランジェロといったイタリアの偉大な先人たち――彼らもファーストネームで世界中の人々に知られている――に倣った、と指摘する研究者もいる。

26、7歳のとき、レンブラントはRembrant(オランダ人の一般的な男子名)にdを加え、Rembrandtと署名することを始めたという。オランダ版オンライン・エンサイクロペディア「ENCYCLO」によると、Rembrandtには「剣術指南」という意味が含まれているそうだ。「ファン・レイン」よりも「レンブラント」のほうが響きが勇壮でインパクトもあると常日頃思っていたところに今回「レンブラント」の意味を知り、「なるほど!狙っていたな」と一人で合点した。
(じょぎんぐまん)

レンブラントハウス(アムステルダム)
http://www.rembrandthuis.nl/cms_pages/index_main.html

Advertisements

国立西洋美術館の主任研究員・大屋美那さんにお話をお伺いする機会があった。フランス近代美術を専門にしている大屋さんはこれまで「ロダンとカリエール展」「フランク・ブラングィン展」などの企画展を担当。「ロダンとカリエール展」は本国フランスでも評価され、国立西洋美術館の後、オルセー美術館を巡回した。日本の企画展としては希有なケースである。

 そんな大屋さんに「西洋美術の魅力とは?」と尋ねると、「一口で言うのは難しいですが」と前置きしながら、「あえて言うと多様な価値観です」と答えてくれた。

「フランス、ドイツ、オランダ、スペイン、イタリア……それぞれの文化が多様性を持っており、それが美術作品の中に凝縮されています。一方、私たちは日本人ですから、西洋文化というのは異国のものですが、そうは言っても日本の多くの部分が欧米化されてきていますので、日本と欧米のミックスしたところが皆さんの中にもあると思うのです。美術作品を見ることで、そうした文化を感じ、刺激され、自ら歴史をひも解く、というのは素敵な体験です。美術作品を通じて、自分の中にある多様性を感じたり、自分にはない多様性に触れることができるのです」

 欧州に行くことが多い大屋さんだが、その度に美術が同時代の文化の影響を受けていることをひしひしと感じるという。「私たちの旅行は美術館と本屋さんが中心ですが、それでも欧州に行くと芸術は総合的なものだなと感じます。彫刻が建物の装飾になっている場合もありますし、画家や彫刻家が舞台美術を担当することもあり、美術が美術単独で成り立っているわけではなく、同時代の音楽や演劇や食文化などにとりまかれている。ヨーロッパの町へいくと、町ごとにそうしたことを感じますね」

 では欧州で好きな美術館は? 大屋さんは迷いながら、2つの美術館をあげてくれた。
「オルセー美術館は一度入ってしまうと迷宮入りみたいな感じで、出て来れなくなるぐらい大きくて、大切な場所ですが、同じパリには、作家の息吹が感じられる小さな美術館がいくつもあります。特にsが好きですね。モンパルナスでブールデルがアトリエとして使っていた場所をそのまま美術館にしているのです。現代的に改修されている部分もありますが、中心部分は当時の空気が残っていて、柱の傷もそのままです。
 あと、デンマークのルイジアナ美術館は海に面した庭園や建築が美しく、その中でジャコメッティなどの彫刻を時を忘れて楽しむことができます。私はこうした小さなこじんまりとした美術館が好きです。そういう小さな美術館でも存続することができる文化的環境をうらやましく思います」
 ヨーロッパに行かれた際にはぜひお訪ねください。

国立西洋美術館のHP
http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html

今、もし西洋絵画を観たいと思ったらどうするか。答えは簡単。美術館へ足を運べばよい。東京であれば、上野に国立西洋美術館がある。しかし、約100年前、本物の西洋絵画は、西洋へ行かなければ見ることはできなかった。したがって、当時の日本の西洋画家たちは、本物を見ることなく油絵を制作していた。日本で本物の西洋美術をみられるようにしたい―そんな強い思いを抱いたのが松方幸次郎だった。

松方幸次郎は、川崎造船所(現川崎重工業)の初代社長だ。1865年、薩摩藩に生まれ、父親は、明治政府で2回首相の座に就いた松方正義。幸次郎が社長に就いた頃、船は受注してから造るのが常識だった。しかし、彼は時代を先読みし、先に船を造ってから販売するという当時では考えられないような決断をする。そして自らロンドンへ行き、見事船の販売に成功、巨万の富を得る。そしてその頃、彼はイギリスで、英国人画家のフランク・ブラングウィンに出会った。

ベルギー生まれのブラングウィンは大変多才で、絵画のみならず、壁画装飾や空間デザインなど、さまざまな分野で能力を発揮した人物だ。彼は若い頃、船乗りだったこともあり、造船風景や、船上風景などの絵画も多く描いていた。そんな共通性もあったため、2歳違いのブラングウィンと松方は、出会ってすぐに意気投合した。

松方はブラングウィンから絵画蒐集の協力を受けながら、1910年代後半から1920年代前半にかけて、西洋の絵画、彫刻、工芸品などを集めた。そのコレクションを展示する美術館を日本に作ろうと、美術館の建築デザインもブラングウィンに頼み、計画は進んでいった。「共楽美術館」と名付けられ、場所は麻布に予定された。しかし、この計画は惜しくも夢に終わる。金融危機がおこり、松方は集めた品々を手放さなくてはならなくなったからだ。さらに、イギリスに保管しておいたブラングィンの作品を多く含む作品も、倉庫の火災で燃えてしまった。

フランスに保管されていた松方コレクションは、サンフランシスコ平和条約により、一度はフランスの所有になったが、東京に美術館を創設することを条件に返還された。そうして建ったのが、国立西洋美術館だ。

松方の、日本でいつでも西洋美術を見られるようにしたいという想いは、時を経て実現した。ブラングウィンがデザインした美術館が建つことはなかったが、彼の協力で集めた作品群を、今日我々は自由に楽しむことができる。そう思うと、ブラングウィンの存在が近く感じられる。

国立西洋美術館では、5月30日まで、フランク・ブラングィン展が開催されている。共楽美術館の素晴らしい建築デザイン画や、ブラングウィンが描いた松方の肖像画なども見ることができる。(パクチー)

国立西洋美術館
http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html

フランク・ブラングウィン展について
http://www.fb2010.jp/main/

川崎重工株式会社(松方幸次郎初代社長)
http://www.khi.co.jp/overview/hisotry/his_02.html

東京・上野にある国立西洋美術館で開催されている『古代ローマ帝国の遺産』展に行ってきました。同展は、大きく3つのセクションに分かれていて、順に「帝国の誕生」、「アウグストゥスの帝国とその機構」、「帝国の富」がテーマ。ローマ帝国を築きあげていった偉人たちの彫像や、フレスコ、豪華な宝飾品、インフラが整備されていた水道システムの一部などが各テーマに合わせて展示されています。

今回の展示会で、私が特に面白いと思ったのは、セクション3にあるポンペイの壁画。ナポリ近郊にあった街・ポンペイは、西暦79年に、火山の噴火により、火山灰に埋もれて街自体が消滅してしまいましたが、それまでは、ローマ人の余暇地として栄えていました。

そのポンペイの街中の邸宅から見つかった庭園描写の壁画が展示されています。一部ははがれ落ちていますが、草花の模様ははっきりとわかります。また、展示室の奥にある映写室では、最先端のコンピューター・グラフィックス技術を駆使、前述の壁画が元の家の壁に復元されているようなリアルな映像が映し出されています。壁画の素晴らしさ、そして壁画が置いてある部屋の素晴らしさは、私の想像をはるかに超えていました。

かつてこの壁画があった部屋は、燦々と光が降り注ぐ本物の庭へとつながっており、まるで楽園のような、大変居心地のよさそうな空間です。今より約2000年も前のイタリアの生活の豊かさや芸術性の高さに改めて深く感じ入りました。(パクチー)

参考URL:
『古代ローマ帝国の遺産』HP http://roma2009.jp/index.html
『日本におけるイタリア年2009』HP http://blog.excite.co.jp/italiainjp/
国立西洋美術館HP http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 303,139 hits
Advertisements