こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘建築

バワがオフィスとして使っていた場所は、現在カフェに。コロンボのギャラリーカフェ(内部)

スリランカの建築家ジェフリー・バワ(1919-2003)は、20世紀半ばから後半にかけて南アジアを中心に多くのリゾートホテルの設計を手掛け、「トロピカル・モダニズム」の旗手とも言われる。作品のいくつかを訪れ、現地の植物やフォークロアなタッチをうまく取り入れ、空間を大きく使ったモダンな建物は、初めて訪れた人でも快適に過ごせる印象を受けた。 

欧州の血を引くバワは、英国で法律を勉強し弁護士となるが、欧米各地を旅した後、英国に戻って建築の勉強を始め、30代後半で建築の学位を修める。デンマーク人建築家(ウルリーク・プレスナー)をパートナーとして建築事務所で仕事を始め、生涯に手掛けた作品の数は多い。ホテルのほかに個人邸、学校、そして国会議事堂に至るまで。 

ブルーウォーターホテル

当時の潮流、モダニズムを欧州で学び、スリランカの伝統も取り入れた設計は、「バワ・スタイル」としてその後のアジア建築に影響を与えていく。バワに影響を受けた次世代の建築家たちも英国やデンマークに留学し、母国に戻って教鞭をとっているそうだ。

 

ブルーウォーターホテルから海を臨む

バワを1番身近に感じることができるのは、ルヌガンガと呼ばれる彼の自邸だろう。バワは、ゴム畑だった広大な土地を買い取り、50年かけて理想郷を実現すべく様々な実験を試みた。彼が強くこだわったものの一つは景観だ。目の前からその先まで重なる景色。彼が自邸で最も気に入っていた景色も、シナモン・ヒルと呼ばれる丘から見えるそうした眺望。彼の遺灰は壺に納められ、この丘に安置されている。    (みかん、写真も)

ルヌガンガ。手前は日時計

                       

ルヌガンガ。バワの眠るシナモン・ヒル

                                                                                     

ルヌガンガ。壁はなく庭とその先の湖が見晴らせる

ベントータ・ビーチ・ホテル

  

 

 

 

 

 

 

(参考資料)
Blue Water Hotel
Bentota Beach Hotel
a+u No.489 (2011年6月) 特集:ジェフリー・バワ ― スリランカのエッセンス


先日、イタリア貿易振興会主催の「ワインと建築-両者の融合」展へ行ってきた。行く前は一体どんなものなのか想像できなかったが、これが結構面白かった。

会場は、パネルの展示と空中からいくつものワインがぶら下がっているというインスタレーションアートの空間のみ。しかし、このパネルをじっくりみると実に面白い。

11か所のワイナリーの写真と説明があるのだが、写真は、「ワイナリー」という言葉で想像できるものとはまるで違う。美術館やテーマパーク、きれいに整備が行きとどいた公園のようで、それらはまさに著名建築家が建てた「ワイナリー」という種類の芸術作品だ。


多くのワイナリーが観光客を受け入れるようになり、「観光」としてのワイナリーめぐりは今ではめずらしくなくなった。それがさらに進化し、最近のイタリアでは、著名な建築家に建家を造ってもらうワイナリーが増えているのだそうだ。

ワイナリーだけでも十分足を運ぶに値する場所だが、加えて素晴らしい建造物まで見られるとなれば、ますます多くの人たちを惹きつけるに違いない。ワインと建築の融合―その取り合わせは、今後一般的に知られることになるだろう。(パクチー)

参考URL: 
ワイナリー11件の外観: http://www.ice-tokyo.or.jp/net_prodotti/cantinedautore/index.html
建築をワイン両者の融合: http://www.design-center.co.jp/events/index.html

サンゴバン麹町本社「サンゴバンって知っている? ルーブル美術館の入り口となっているガラスのピラミッドを作った会社だよ」

最近の建築物はガラス張りが流行となっているが、その先鞭を付けたのがサンゴバンの板ガラス技術といえるだろう。同社はルイ14世の時代から300年以上の歴史を持つ仏国営ガラスメーカー。1000社以上の関連会社、17万人の従業員、総売上4兆円というグローバル企業だ。

東京・麹町に2002年新設された日本の本社ビルも、薄緑入りの板ガラスに覆われたシックなビルだ。
シャネル銀座「日本で有名なサンゴバンのビルはあるの?」
「最近では、東京・銀座のシャネルビル。特殊加工のガラス張りには文字や映像が映し出される」
「ほかには?」
「東京・汐留の電通ビルもサンゴバン製だ。11色のガラスのカーテンで、その量3万平方メートルにも及ぶんだ」
「近代的だけれど、ちょっと冷たい感じがするなあ」

夕暮れ時の電通ビル「でも、ルイ14世のベルサイユ宮殿“鏡の間”のガラスや鏡はみんなサンゴバンが手がけたんだよ。優雅なものじゃないか」
「へー」
「写真どう? シャネルに、電通に、東京本社を撮ってきたら見てみてご覧」(丸内太郎)

サンゴバン株式会社
http://www.saint-gobain.co.jp/

シャネル銀座
http://www.chanel-ginza.com/

ベルサイユ宮殿
http://www.chateauversailles.fr/jp/

ヨーロッパ現代建築のミース賞展ヨーロッパの優れた現代建築作品に与えられるミース・ファン・デル・ローエ賞。その建築賞の創設20周年を記念する回顧展が1月下旬に東京で開催された。ミース賞受賞作品の展覧会がヨーロッパ以外で開催されたのは初めてのことだ。

EU議会は1987年に、現代建築の課題に取り組んでいる建築家を表彰するため、20世紀のヨーロッパ建築を代表するミース・ファン・デル・ローエの名前を冠した建築賞を創設した。

二年に一度、最優秀賞や新人賞などを授与している。過去の受賞者には、英国スタンステッド空港のノーマン・フォスターやフランス国立図書館のドミニク・ペローなど世界的な建築家の名前がずらりと並ぶ。

東京都庁の展望ギャラリーと新宿パークタワーの2会場で、最優秀賞など約50点のオリジナルの建築模型が展示された。バルセロナにあるミース財団のルイス・オルテ専務理事も来日。ヨーロッパ現代建築の最新の動向に触れる貴重な展覧会となった。(赤坂四郎)

ミース賞展実行委員会事務局
http://www.mies-japan.com/

ミース・ファン・デル・ローエ・バルセロナ財団
http://www.miesbcn.com/

英国スタンステッド空港
http://www.stanstedairport.com/


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

August 2017
M T W T F S S
« Jan    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 278,658 hits

Top Clicks