こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘映画

デンマーク映画界の鬼才で「ドグマ95」の創設メンバーでもあるトマス・ヴィンターベア(Thomas Vinterberg)監督の最新作『光のほうへ(Submarino』を先日鑑賞した。

この映画は、福祉先進国で国民幸福度第一位の国として知られるデンマークの「闇」を映し出した作品となっている。主人公はシングルマザーの家庭で育った兄弟。二人にはまだ生まれて間もない末の弟がいた。母親はアルコール依存症で、育児を放棄し定職にもつかず、文字通り家は荒れ放題だった。そんな母親に代わって、幼い弟に粉ミルクを飲ませるなど献身的に世話をする兄弟。だがある日、二人が目を離した数時間の間に、赤ん坊はベットの上で突然息をひきとってしまう。

十数年後、大人になった兄弟は、お互い連絡も取らず、それぞれ別の場所で生活をしていた。兄は刑務所から出所したばかりで、臨時宿泊施設に住み、ただひたすら体を鍛える日々を送っていた。一方弟は、男一人で息子を育てているのだが、薬物依存から抜け出せずにやがて深みにはまっていく…

幼い頃に起きた事件を封印するかのように、兄弟は互いに接触することを拒み、過去から目をそらす。その痛々しい姿が全編を通して伝わってくる。

コペンハーゲンの郊外に聳え立つグルントヴィークス教会

OECD加盟国の中でも貧困率は最も低く、貧富格差も少ないデンマークだが、この映画のように、「アルコール依存症」や「虐待・暴力」といった「社会の闇」に真っ向勝負した作品が多いのは、ある意味デンマーク映画の特徴と言っていいだろう。実際、私が昨年の夏、デンマークのコペンハーゲンを訪れた時も、「幸福な国」という先入観があったため目に入らなかったからなのか、街全体を見渡しても、貧困層が住むような地域があるようには見受けられなかった。

しかし一般の人々の様子を観察すると、そこまで裕福といった感じはなく、街行く人の表情からは「幸せいっぱい」といった明るい印象はあまり伝わってこなかった。むしろ、終始「無表情だった」といったほうが表現としては当てはまるのかもしれない。

とは言うものの、あくまでもこれは私の主観であるため、見る人によっては、それでも「世界一幸福な国」に映るのかもしれない。しかし、国内外の社会問題を真正面から取り上げ、その解決のために、自分たちはどう向き合うべきかを常に問いつづけるのがデンマーク人の特徴でもあると感じた。またそれは「幸福」の裏で隠れてしまいがちな天井のアーチが連なる独特の内装「闇」をあえてしっかりと見つめていこうとしている現われでもある。そういった常に社会に警鐘を鳴らし続けていく姿勢も、実はデンマーク人の国民性だったりする。

 余談ではあるが、映画のラストに出てきた教会は、昨年、デンマークの旅行中に出会った建物の中でも特に印象に残っている教会だ。実際足を踏み入れてみたのだが、とても厳粛な気持ちになれたし、心地よい光に包まれ、不思議と心が落ち着いていく感覚を覚えた。映画のラストシーンにふさわしい場所だと、妙に納得してしまった。(さくら)

  • In: Country | Denmark | movie | society
  • Comments Off on デンマーク映画『未来を生きる君たちへ』 Danish Film “In a Better World” Looks at How We Can Live Without Hatred

今年2月におこなわれた第83回アカデミー賞授賞式で、外国語映画賞を受賞した、デンマーク映画『未来を生きる君たちへ(In a Better World)』が、日本でもこの夏公開される予定だ。

以前、筆者のブログでも紹介したが、監督は、『アフター・ウェディング(After the Wedding)』(2007)や『しあわせな孤独(Open Hearts)』(2002)など、国内外で多くの賞を受賞しているスザンネ・ビア。今回も、現代社会に渦巻く「善」と「悪」という微妙な境界線を通して、その先に見える本質とは何かを、観客に投げかける作品となっているようだ。

ストーリーは、「暴力」と「復讐」(原題はスウェーデン語で「復讐 “Hævnen”」を意味する)がテーマとなっている。今、世界で起こっている戦争は、アフガニスタンにせよ、イラク戦争にせよ、「復讐」という2文字が根底にある。「復讐」は、また更なる「復讐」を生むだけということを知っていながら、人々は、いつの時代も復讐劇を繰り返す。

映画は、主人公の子どもが受けるいじめや、アフリカの難民キャンプに従事する医師の苦悩、また、家族間に生じた亀裂といった、複雑に絡み合った人間模様を軸に展開される。一見、それぞれの「復讐」には関連性がないように思えるが、たとえ小さな「復讐」であれ、それが積もり積もると、取り返しの付かない巨大な憎しみへと変わるという点に関しては、ある種の一貫性があるように思う。より良い世界を作るために、われわれはどんな選択をすればよいのか、この作品にはそんなヒントも隠されているに違いない。今から公開が楽しみだ。(さくら)

『未来を生きる君たちへ』(今夏公開予定)
http://www.mirai-ikiru.jp/

  • In: Art | movie
  • Comments Off on カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』を鑑賞して Who Determines Your Life?: Review of the Movie Never Let Me Go

ブッカー賞作家カズオ・イシグロの同名小説を映画化した『わたしを離さないで』(原題:“Never Let Me Go”)を鑑賞した。カズオ・イシグロは、1954年に長崎県で生まれ、5歳の時に英国に移住。今回の映画化にあたっては、みずからもエグゼクティブ・プロデューサーとして参加した。

物語は、28歳の介護人のキャシーの回想を通して語られる。キャシー、ルース、トミーの幼なじみ3人の関係性から、幼い頃に育った寄宿学校ヘールシャムでの奇妙な生活、離れ離れになったあとの10年ぶりの3人の再会…。

緑豊かなヘールシャムでの暮らしは、閉鎖的でありながらも、子どもたちは徹底的な健康管理を受け、絵や詩の創作に励んだ日々を送っている。腕にはセンサーが埋め込まれたバンドをはめ、施設から外に出るときは、特殊な機械にそのバンドを通す。そうやって終始監視されている状態だ。学校の敷地には境界線が張り巡らされ、そこから出ることは許されず、外界からは完全に隔離されている。

そんなヘールシャムでの生活を、子どもたちは誰一人として違和感や不信感を抱かずに過ごしている。まるで機械のように、淡々と、冷静にその状況を受け入れているのが印象的だ。心の奥では、外の世界に夢馳せているにもかかわらず…。

やがて思春期を迎える3人だが、ルースとトミーが恋人同士となり、その3人が同じコテージで過ごすことになる。トミーに想いを寄せるキャシーだが、2人の仲をただ黙って見守ることしかできなかった。やがてキャシーは、「介護人」を志願し、コテージを去る。

物語の途中で、彼らはみずからの運命を知ることとなるが、その際も動揺すらせず、ただ黙ってその運命を受け入れるのだった。そこに人間的感情はないように映る。人は、誰もが「自分の人生」を歩むものであると当然のことのように感じてしまいがちだが、ヘールシャムで育った子どもたちの場合は、運命はすでに決定づけられ、みずからの生命は他の者のためにあるという現実を突きつけられているのだ。

主人公キャシーの最後の言葉がとても印象的だった。その投げかけがこの作品のテーマにもなっているように思う。人生を選択できる者として、今をどう生きるか。少し重いテーマではあるが、生き方を見つめなおす良い機会となるであろう。(さくら)

『わたしを離さないで』(3月26日公開)
http://movies.foxjapan.com/watahana/

ルイ・マル、カルロス・サウラ、ベルナルド・ベルドリッチ、ヴィム・ヴェンダース、ナンニ・モレッティ、パウロ・ローシャ、ジャック・ペラン…。

photo

ソウル・キッチン

「さて、映画ファンのあなたに質問です。上に挙げた人たちに共通することは何でしょう?」
「映画監督でしょ」
「正解です。だたし、もう一歩踏み込んでください」
「ヨーロッパの映画監督かな」
「正解。あと、もう一声ほしいですね」
「とても良質な映画を撮るヨーロッパの映画監督」
「かなり近づいてきましたね。ほとんど正解に近いのですが…」
「う~ん…。そうか。大阪ヨーロッパ映画祭の名誉委員長だ!」
「そうです。かなりの映画通ですね。映画検定があったら、間違いなく1級合格です。さらに付け加えれば、これらの監督たちは、実際にこの映画祭のために来日しています!」

今年で17回目を迎える大阪ヨーロッパ映画祭は、毎年11月に大阪市で開催される映画祭だ。この映画祭の特徴は、何と言っても上映作品の質が高いということ。世界中の映画祭の大半は映画産業の振興のために行われることが多いが、この映画祭の目的は日本と欧州の文化交流の促進にある。

だから上映作品を選ぶ際には、ただ単に娯楽的に優れているというよりも、観た後で深く考えさせられる映画かどうかということがポイントになっている。日欧に共通する課題やグローバルな問題などのテーマを採りあげた作品が多いのもそのためだろう。初回からこの映画祭の実行委員長として、陣頭指揮をとってきたパトリス・ボワトー氏が中心になって、世界各地の映画祭で話題になったヨーロッパ映画を選び、ヨーロッパ社会のもつ多様性がリアルに伝わるような作品を上映してきた。

photo

面影

例えば今年の映画祭(10月30日~11月23日)で注目を集めている『ソウル・キッチン』は、ギリシアからドイツにやってきた移民の話だ。世界の三大映画祭(ヴェネチア/カンヌ/ベルリン)を制覇して今最も注目されているファティ・アキン監督自身、トルコ系ドイツ人なので、多文化が共生しているドイツの現実がとてもリアルに描かれている。ただし、シリアルなタッチでなく、コメディタッチでソウル・ミュージックに乗って作品が展開していくというから面白そうだ。ヨーロッパ中を席巻したヒット作で、初来日するアキン監督との作品に関するディスカッションも予定されている。

他にも、ボスニア・ヘルツェゴビナの今を知ることができる『サラエボ、希望の街角(仮題)』(ヤスミラ・ジュバニッチ監督)や、今年のアカデミー賞にノミネートされた、ケルト神話をテーマにしたアニメ作品『ブレンダンとケルズの秘密(仮題)』(トム・ムーア監督)など、数々の話題作が登場する。

実行委員長のボワトー氏は、1988年にフランス大使館の文化担当者として来阪。大阪大学などでフランス語を教えながら、映画を通した日欧交流に情熱を傾けてきた。映画監督の経験もあり、ヨーロッパの映画作家や俳優たちと個人的なコネクションをもっている。彼の映画にかける並々ならぬ思いがなかったら、この映画祭の存続は難しかっただろう。

「作品の紹介だけでなく、いつか日欧の架け橋になるような映画を作りたい」というボワトー氏の夢が叶って、今年、大阪を舞台にした短編映画『面影』が完成した。昨年の映画祭のゲストとして来日した、ベルギーの名優ヤン・デクレール主演、万田邦敏監督の日欧コラボレーション作品で、映画祭のオープニング作品として上映されるという。映画ファンのあなた、ぜひお見逃しなく!!(ロニ蔵)

大阪ヨーロッパ映画祭
http://www.oeff.jp/

2010FIFAワールドカップの開催に合わせて、英国エンパイア誌が「史上最高のワールドシネマ100本(100 Best Films of World Cinema)」を発表した。第一位は黒澤明監督の「七人の侍」。そのほか、日本映画では「千と千尋の神隠し」、「東京物語」、「ゴジラ」、「となりのトトロ」、「AKIRA」など12本が選出されていたが、その中にスペインが誇る巨匠ビクトル・エリセの「ミツバチのささやき」が選ばれていて懐かしく思った。

 なぜ、懐かしいのかと言えば、ビクトル・エリセは寡作な作家として知られ、今まで3本の長編映画しか撮影していないからだ。最後の長編は1992年に制作した「マルメルの陽光」。その後、「10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス」というオムニバス映画の中で、短編を制作しているが、それも2002年のこと。およそ10年に1本しか撮っていないのだ。

 私が最初に観たのは、「エル・スール」という1982年に制作された作品。当時、渋谷でスペイン映画祭が開催され、その中の1本として上映されていた(当時は「エル・スール〜南へ」という邦題がつけられていた)。

 映画はエスレリャというひとりの少女の成長を綴っていくが、彼女の内面の変化があぶり出すのが父親・アグスティンの深い孤独だ。アグスティンはスペイン内戦の傷跡をまだ抱え込んでおり、あこがれの地・南への想いを断ち切れないでいた。映画は寡黙に、そして美しく、父と娘の日々を映し出していく。

 映画の冒頭、ひとつの部屋が朝日で明るくなり、エストレリャが父親の死を予感するシーンのなんと美しいこと。映画のすべてのシーンが、まるで絵画のような奥深い美で構成されている。日常の中の細部にこそ「物語」は存在する、そのことを思い知らされた映画だった。大学時代の恩師が「だからこそ、制作するのに10年という歳月が必要だったんでしょうね」と語っていたのを思い出す。

 北野武監督の作品が話題となった今年のカンヌ映画祭で、ビクトル・エリセははじめて審査員をつとめ、インタビューの中で、現在制作中の作品について次のように答えている。

「1年前から小作品を絵を描くように撮っています。これがとても楽しいんです。『Mémoire et Rêve』と名づけたドキュメンタリーシリーズです。3章撮りましたが、10章撮れたら上映したいですね。世界中を旅しながら撮っている作品なんです。このカンヌでも何か撮るつもりです」

 彼の新作に出会えるのはいつになるのだろうか。

100 Best Films of World Cinemaの公式サイト
http://www.empireonline.com/features/100-greatest-world-cinema-films/default.asp?film=1

先日(5月21日)、東京日仏学院で行われた松浦晃一郎前ユネスコ事務局長とカトリーヌ・コロナ ユネスコ・フランス政府代表大使との対談で、コロナ氏がディレクターを務める国立映画センターの話が挙がった。世界の中でフランス映画が“生き残っている”。その一役を担っているのが、国立映画センター(CNC)による助成制度だといわれている。このシステムは、民間と公共の協力によって成り立っており、映画という特殊な公共セクターにおける成功例とされる。そのため他国に同じような制度を移転できるかは不明な、あくまでもフランスで成功したケースだとされている。

映画の興行収入の一部が税金として、CNC基金に充てられる。モバイルでコンテンツにアクセスしても同様に税金が課せられる。CNCは映画業界のプロが運営し、税金を“支援金”として映画制作のあらゆる段階から配給まで助成している。その複雑な制度と、プロによる資金分配のおかげで制作一連のレベルが維持されているというものだ。フランスではインディーズ映画が多いが、その存在を残しているのもCNCの功績だろう。外国映画もCNCの支援対象となっている。年間200本の映画が制作され、人口7千万人で2億人の観客動員数を誇っているのだからその業績がめざましい。

対談の司会を務めた古賀太日本大学芸術学部映画学科教授によると、日本では、制作費の6割が興行収入から充てられているが、日本映画、外国映画に関わらず、収益として業界の中で資金を回すことで、それはそれで上手くいっているようなのである。(くるみ)

東京日仏学院
http://www.institut.jp/


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

August 2017
M T W T F S S
« Jan    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 278,704 hits

Top Clicks