こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘東北地方太平洋沖地震

  • In: Disaster | Music
  • Comments Off on ウィーンから届いた鎮魂の曲 Musical Requiem for the Victims of the Tohoku Pacific Earthquake

ある雑誌企画のため、筆者はひと月ほど前からオーストリアのある団体と連絡を取り合っていた。東北地方太平洋沖地震の起こった3月11日の夕方、この団体から震災を見舞うメールが来たので、「東京の事務所は無事です」と短く返信した。

そうしたところ、なんとこの団体から、「今回の震災の犠牲者、被災者、その他の日本のすべての人のために作曲しました」というメッセージとともに、オリジナル曲(音楽オーディオファイル)が筆者のもとに翌日から次々と送られてきたのだ。

この団体の名前は、ヴェニーテ(Venite)会。オーストリアの女性作曲家レナーテ・シュピッツナー(Renate Spitzner)さんが主催する音楽団体である。ヴェニーテ会は、ウィーンを拠点に音楽活動を展開している。レナーテさんの息子ゲラルト(Gerald Spitzner)さんもまた気鋭の若手作曲家であり、この会のために曲を書いている。

ヴェニーテ会は、3月22日にはウィーン市内の教会で日本の犠牲者を追悼する演奏会を開いた。そこでは、『日本のために(Für Japan)』という題名の5部構成の組曲が演奏された。ヴェニーテ会は、この組曲も筆者に送ってくれた。日本から遠く離れた欧州の“音楽の都”ウィーンから思いがけず、震災で心身とも打撃を蒙っている私たち日本人がこのような“無二”の贈り物を受けることになり、筆者はいま温かい気持ちに包まれている。

ヴェニーテ会については、下に紹介する同会のウェブサイトのトップページに、日本語で同会を紹介する文が載っているので、ぜひご一読を。また、今月(4月)中旬発刊予定の駐日欧州連合代表部の広報誌“ヨーロッパ”(2011年春号)の中の「欧州の生活と文化」で紹介されるので、そちらもぜひお読みいただきたい。

今回ヴェニーテ会から贈呈された曲は、組曲『日本のために』を入れて5曲(全9編)。どれも演奏時間数分の室内楽曲だ。ヴァイオリンやオーボエがつむぐシンプルなメロディーが心にしみる。これらの曲(音楽ファイル)は、ヴェニーテ会のウェブサイトにアップされているので、ぜひ聴いてみて下さい。(じょぎんぐまん)

ヴェニーテ会のホームページ(一部ですが、日本語あります)
http://www.venite.at/

駐日欧州連合代表部の広報誌“ヨーロッパ”の紹介ページ

昨日の報道で、欧州連合(EU)は15日、福島第一原子力発電所の事故を受け、加盟27か国のエネルギー担当相や原子力安全当局者らによる緊急会合をブリュッセルで開き、EU域内14か国で稼働している原子炉143基の安全性の総点検を実施することで原則合意したという。今年後半の実施を目指すらしい。

 EUの執行機関、欧州委員会のエッティンガー委員(エネルギー担当)は総点検について、「日本で起きた一連の事態について危機管理と安全の問題を検討したい」と述べ、地震や洪水、テロ攻撃などさまざまな事態を想定した安全点検の機会にしたいと語った。

 欧州では、福島第一原発の事故を受け、15日にドイツが、1980年以前に稼働を始めた原子炉7基の一時運転停止を決めるなど、安全基準が高い日本の原発事故の影響は欧州諸国の原子力政策にも波及している。(2011年3月16日読売新聞より)(ケリー)

関連サイト
http://ec.europa.eu/commission_2010-2014/oettinger/headlines/press-releases/index_en.htm

3月11日(金曜日)14時46分頃発生した東北地方太平洋沖地震に関し、海外メディアから哀悼の意が寄せられている。
英インデペンデント紙が、一面全体に日の丸をあしらい、日本語で「がんばれ、日本。がんばれ、東北。」とのメッセージを掲載した。他紙が福島原発の写真などを掲載するなかで、異彩を放っていたようだ。
BBCテレビでも朝のニュースでキャスターがカメラの前に掲げて紹介したようだ。(朝日新聞3月14日掲載より)

中国のメディアでは、日本人の冷静さに「マナー世界一」、非常事態にもかかわらず日本人は「冷静で礼儀正しい」と絶賛する声がインターネットの書き込みなどに相次いでいるようだ。

ベトナムのメディアでは怒号もけんかもない「強い国」と称えている。
「怒鳴り合いもけんかもない」「本当に強い国だけがこうした対応ができる」と、この大震災での日本人の冷静な対応ぶりを、在日ベトナム人らが驚き称賛する声を伝えた。

ロシアの独立系紙ノーバヤ・ガゼータ(電子版)は13日までに、大震災の甚大な被害にもかかわらず日本人が社会的秩序を失わず、互いに助け合う姿を「日本には最も困難な試練に立ち向かうことを可能にする『人間の連帯』が今も存在している」と称賛するゴロブニン・タス通信東京支局長の記事を掲載した。

地震のとき、東京の日比谷公園で震えていた私は、事態がここまでとは想像しなかった。生まれてはじめて感じた揺れだったが、津波の破壊力は凄まじいものだった。国際語ともなっている「TSUNAMI」 、地震大国日本の歴史がまた塗り替えられた。そして福島原発の事故が新たな危険因子となっている。想像を絶する大惨事になり、テレビの映像を見ると本当に胸がつまる。犠牲者の方々のご冥福を心よりお祈りいたします。(ケリー)

英インデペンデント紙日曜版紹介
http://sankei.jp.msn.com/world/photos/110313/erp11031320400011-p1.htm

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は、マグニチュード9.0に達する巨大地震で日本各地に未曾有の大被害をもたらした。地震発生以降、世界各国から支援の申し出が相次ぎ、派遣された支援チームが続々と日本に入っている。

 13日には、ドイツの救助チーム41人と救助犬が到着。また、医療人道援助をするドイツのNGO団体「humedica」(フメディカ)の先遣隊も到着し、医療資材を持って現地入りする。
 ドイツで災害救助を行うのは連邦技術支援庁(Technisches Hilfswerk: THW)の救助チーム。連邦制を取るドイツにおいて、THWは全国展開が可能な数少ない連邦組織だ。災害発生時の避難誘導や人命救助ばかりでなく、専門技術能力を生かして、被災住民の救出、建物の補強、仮設住宅の建設、橋の設置、堤防補強、電気の供給、排水などを行っている。

 隊員は、そのほとんどが、ボランティア救援員で、研修参加を含め年間120時間の勤務が義務づけられている。基礎研修終了後は、専門研修を受けて技術をみがいている。海外で大規模の災害が発生した際には、人道援助に派遣される。

 スマトラ沖地震で発生した津波の際もバンダアチェに派遣され、津波発生直後から、毎日水を浄水し、飲料水として供給。さらに、バンダアチェで一番大きな総合病院、ザイナル・アビリン病院の水道管や電気の復旧作業にもあたっていた。

 一方、フメディカは医療人道援助を行う団体で、2005年にパキスタン、2010年にはハイチで発生した地震にも医師を派遣した。来日した先遣隊は医師、看護師、コーディネーターら計6人で、地震発生のわずか4時間後に支援を決め、登録している約1000人の医療関係者にメールで参加を募った。手術用品や医薬品、ガーゼなど段ボール約10箱分の資材を持ち込み被災地に入り、本部と情報交換し、今後の支援予定を決める。
 こうした各国の素早い支援に心より感謝したい。(酒バラ)

ドイツ大使館のホームページ
http://www.tokyo.diplo.de/Vertretung/tokyo/ja/Startseite.html

マグニチュード9.0という未曽有の大地震とそれに伴う大津波に襲われた日本に対して、世界各国から支援の手が差し伸べられている。フランスのサルコジ大統領は管首相に書簡を送り、「日本がこの重大な試練を乗り越えられると確信している。そのためあらゆる日本側からの要請に応える用意がある」と支援を申し出てくれた。イギリスのキャメロン首相も、「心からのお見舞い」を表明するなど、ヨーロッパ首脳から暖かいメッセージが次々に届いている。

欧州連合(EU)の欧州委員会も3月11日、日本政府の要請を受け、東北地方太平洋沖地震の被害にあった行方不明者らの捜索・救援に乗り出す方針を発表した。インドネシアに駐在している2つの救援チームを急遽被災地に派遣する予定だという。国際協力・人道支援・危機対策を対応するゲオルギエワ欧州委員は、「日本は世界でも最も災害への備えが進んでいる国の一つだが、国際支援が必要な状況だ。可能な限り迅速に対応する」(日本経済新聞電子版ニュース)との声明を発表した。EUはこれまでインドネシアやハイチの地震災害での救援実績がある。今回のミッションには、探索犬も派遣されるとのこと。巨大地震発生直後から日本支援の動きが国際社会で広まったことは、悲惨な状況に陥って意気消沈している被災地の人々の心を勇気づけてくれるに違いない。(ロニ蔵)


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

August 2017
M T W T F S S
« Jan    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 278,704 hits

Top Clicks