こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘議員会議

090407_diet_13日本の国会議員と欧州議会議員の交流会議が、今年も4月7日に衆議院で開催された。世界的な金融危機への対応やエネルギー供給の確保、12月のコペンハーゲンでの気候変動枠組条約締結国会議に向けての温暖化対策について議論は白熱し、共通の課題に協力して取り組む重要性を日本、EUの議員が互いに認識している様子がうかがえた。

もちろん、日本とEUでは考えを異にする部分もあった。今日のグローバル金融の中では国際的に会計基準をそろえ、適用していくべきであると唱えるEU。これに対し日本側からは、“ものづくり”の国であるので、金融資本主義経済の米国と同じ基準を持つことに無理があり、原則は世界共通でも各国の産業体系に合わせた会計基準でよいのでは、との意見も。

さらに、開発援助のトップドナーとして、両者はODAの規模やミレニアム開発目標の達成度などにつき、それぞれの立場を説明した。日本の議員が「開発援助のための国際連帯税として航空券税の導入を検討している」と述べると、EU側からは「開発援助は通常予算から出されるべきであり、新たな税制を作っていくことには反対」との意見があった。

EU側ヤルツェンボウスキー団長は今期で引退、また欧州議会は6月に選挙が行われ、議員団も再編成となる。日本側中山団長のねぎらいの言葉からは、こうした交流の積み重ねにより、信頼関係が築かれていることが伝わってきた。(みかん)

駐日欧州委員会代表部サイトの関連ページと写真
http://www.deljpn.ec.europa.eu/modules/media/news/
2009/090401.html#photo

衆議院
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index.htm

欧州議会(英語)
http://www.europarl.europa.eu/news/public/default_en.htm

Advertisements

日本とEU議員会議の30周年と歴史は古い。しかし、日本ではあまり知られていないのも事実。欧州議会は現在、議員総数785人、国別ではドイツの99人を筆頭に、英、仏、伊3カ国が78人で2番目、スペイン、ポーランドが54人でそれに次ぐ。一番少ないのはマルタで5人だ。今年6月の議会選挙では定数が是正され732人になる。

政党別では(2009年2月現在)、最も多いのが、欧州人民党・欧州民主グループで288人、欧州社会主義グループ(欧州社会党とも分類される)が217人で第2の会派。緑の党・欧州自由連合は43人で、党派別では5番目の勢力となっている。

議会の本会議場は、フランス北部のストラスブールにある。事務局本部はルクセンブルクに置き、欧州委員会や欧州連合理事会との連携もあって、ブリュッセルで総会の一部や委員会を開き、事務局の支部も置いている。本会議は、1年間に12回開かれる。

しかし、本会議場の場所をめぐっては長い論争があった。欧州議会内には、欧州連合理事会や欧州委員会との連携を考え、ブリュッセルでの総会開催を集中させようとする動きがあった。しかし、そうなると欧州連合の主要機関がなくなってしまうフランスが強く反対、1997年には欧州司法裁判所でエディンバラ議定書にある通り、総会はストラスブールで年12回開催されなければならないとする判決が出るまでの騒ぎになった。
とはいえ、ストラスブールは歴史のあるシックな街だ。語源はドイツ語で「街道の街」であり、交通の要衝として栄えた。ライン川のフランス最大の河川港都市であり、交通の便の良さから商工業が盛ん。近世初頭にドイツが混乱した頃には、モーツァルト、パストゥールなども人生の一時期をこの地で過ごした。(続く)

欧州
http://www.deljpn.ec.europa.eu/union/showpage_jp_union.institutions.institutions02.php

ストラスブール
http://jp.franceguide.com/home.html?nodeID=206

日本と欧州連合(EU)議員会議が4月7日、東京で開催されるが、日本と外国との公式な議員会議で、最も古いのが日本・EU議員会議だ。今回は実に30回目の記念会合となる。

中山太郎元外相日本側の団長は中山太郎元外相で、1998年以来約10年団長を務めている。議員会館でのインタビューで、今回の会議の意義について「日欧の対話は多極化する世界情勢の中でますます重要になっている」と強調した。本当に元気な元外相だ。原則として、年1回日本とEUが交互に開催している。

第1回開催は1978年にルクセンブルグで行われた。議員交流を強く求めたのはEC(欧州共同体=当時)で、高度成長で躍進著しかった日本との経済摩擦解消が目的だった。ちなみに、日本政府が公式に設置している議員交流のための会議は、「日本・EU」「日米」「日中」の3つしかない。与野党の議員による「日本・欧州評議会友好議員連盟」などはあくまでも任意団体に過ぎない。それだけ、今回開催の日本・EU議員会議の持つ重みは大きい。

第30回会議の最大のテーマは、やはり世界的な経済金融危機対策。さらに、エネルギー、開発問題などが大きな議論の焦点となる見通しだ。EU側はゲオルグ・ヤルツェンボウスキー団長(ドイツ・キリスト教民主同盟)以下10人近い議員が参加する予定。ただし、今回で6年連続のヤルツェンボウスキー団長は、今年6月の欧州議会選挙を期に退任されるので、最後の団長ということになる。

中山元外相は、10年近い団長経験を振り返って、「欧州を見るとどこの国にも憲法裁判所があるが、日本にはない。アジアでは、タイや韓国にある。是非、日本にも憲法裁判所を作りたい」と語る。衆院憲法調査会長として、戦後日本の総決算につながる「憲法改正」に強い決意を持つ中山元外相らしい印象だ。ちなみに、中山氏は現在唯一の大正生まれの最年長代議士で、その風貌は、ますます鉄腕アトムを生んだ「お茶の水博士」にそっくりとなっている。(続く)(永田十郎)

中山太郎衆院議員
http://nakayamat.exblog.jp/

議員外交・衆議院
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index.htm


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

November 2017
M T W T F S S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

Blog Stats

  • 282,954 hits