こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘aida

10月26日、27日の二日間、ヨーロッパのテキスタイル、デザイン家具、照明、テーブルウェアなどを一堂に集めた「EU Gateway Program」のEuropean Designという展示商談会が行われた。

ヨーロッパ各国からの作品の中で、特に私の目を引いたのが、デンマークの二つのブランドだった。

まず、紹介したいのが、aidaという食器ブランド。今回、aidaは、デンマーク人若手アーティスト、ポール・パヴァ(Poul Pava)とのコラボレーションで作品を発表。“誰のなかにでもある子供心”をコンセプトに活動するパヴァ氏の独創的なキャラクターは、幼い子どもが落書きして生まれたような、愛くるしさと、カラフルな色使いで、遊び心が満載だ。デンマーク食器のシンプルで、かつ機能性に富んだ特徴を考えると、一瞬、これはデンマークブランドなのか?と疑ってしまいそうだが、新しい風、そして若手デザイナーを起用する点からすると、なるほど、デンマークの自由さ、寛容さというものが生んだデンマークらしい作品だなと納得するところもある。

微笑んでパチリ。aidaの輸入元、新潟の佐藤商会の本多さんと、aida のExport Manager Overseas、Sören Klosterさん

次に、オーフス(Århus)というデンマーク第二の都市で生まれた、ウォールペーパーやクッション、テキスタイルなどのインテリア全般を扱うferm-LIVINGの展示ブースにお邪魔した。設立者は、こちらも若手アーティストのトゥリーネ・アンデルセン(Trine Andersen)。元々はグラフィック・デザイン事務所として2005年にスタートし、その後、グラフィック・アートを生活雑貨に取り入れて現在の形になったそうだ。会社のロゴには、アンデルセン氏の夢に出てきたという鳥がモチーフとして飾られている。どの作品も、とても温かみがあり、寒く長い冬を余儀なくされるデンマークの家庭に、ちょっとした安らぎを与えてくれそうな優しいデザインが施されている。展示会場では残念ながらお目にかかれなかったのだが、壁に貼るウォールペーパーは、ついこの間、パリに行ったときに、かわいさのあまり思わず購入したばかりだが、いただいたカタログを眺めているとついつい買い足したい気分になる。(さくら)

ferm-LIVINGのロゴには創立者の夢にでてきた鳥がモチーフとして施されている

個性あるキャラクターが並ぶferm-LIVINGのブース

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 303,215 hits
Advertisements