こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Austria

  • In: Disaster | Music
  • Comments Off on ウィーンから届いた鎮魂の曲 Musical Requiem for the Victims of the Tohoku Pacific Earthquake

ある雑誌企画のため、筆者はひと月ほど前からオーストリアのある団体と連絡を取り合っていた。東北地方太平洋沖地震の起こった3月11日の夕方、この団体から震災を見舞うメールが来たので、「東京の事務所は無事です」と短く返信した。

そうしたところ、なんとこの団体から、「今回の震災の犠牲者、被災者、その他の日本のすべての人のために作曲しました」というメッセージとともに、オリジナル曲(音楽オーディオファイル)が筆者のもとに翌日から次々と送られてきたのだ。

この団体の名前は、ヴェニーテ(Venite)会。オーストリアの女性作曲家レナーテ・シュピッツナー(Renate Spitzner)さんが主催する音楽団体である。ヴェニーテ会は、ウィーンを拠点に音楽活動を展開している。レナーテさんの息子ゲラルト(Gerald Spitzner)さんもまた気鋭の若手作曲家であり、この会のために曲を書いている。

ヴェニーテ会は、3月22日にはウィーン市内の教会で日本の犠牲者を追悼する演奏会を開いた。そこでは、『日本のために(Für Japan)』という題名の5部構成の組曲が演奏された。ヴェニーテ会は、この組曲も筆者に送ってくれた。日本から遠く離れた欧州の“音楽の都”ウィーンから思いがけず、震災で心身とも打撃を蒙っている私たち日本人がこのような“無二”の贈り物を受けることになり、筆者はいま温かい気持ちに包まれている。

ヴェニーテ会については、下に紹介する同会のウェブサイトのトップページに、日本語で同会を紹介する文が載っているので、ぜひご一読を。また、今月(4月)中旬発刊予定の駐日欧州連合代表部の広報誌“ヨーロッパ”(2011年春号)の中の「欧州の生活と文化」で紹介されるので、そちらもぜひお読みいただきたい。

今回ヴェニーテ会から贈呈された曲は、組曲『日本のために』を入れて5曲(全9編)。どれも演奏時間数分の室内楽曲だ。ヴァイオリンやオーボエがつむぐシンプルなメロディーが心にしみる。これらの曲(音楽ファイル)は、ヴェニーテ会のウェブサイトにアップされているので、ぜひ聴いてみて下さい。(じょぎんぐまん)

ヴェニーテ会のホームページ(一部ですが、日本語あります)
http://www.venite.at/

駐日欧州連合代表部の広報誌“ヨーロッパ”の紹介ページ

今、日本は空前のスイーツブームが続いていますが、先日かわいい猫が描かれた箱に入ったチョコレートを頂きました。細長いチョコレートの形が印象的で、聞くところによると、猫の舌の形を表しているそうな。

格式高いヨーロッパのスイーツみたいだなと思ったら、案の定ハプスブルク家ゆかりのウィーンで誕生した洋菓子店「デメル」のお菓子でした。デメルの歴史は長く、フランス革命の時代1786年にまでさかのぼります。1799年、ウィーン王宮御用達菓子となり、200年以上経った今でも世界最高峰のスイーツとして愛されています。

美貌の皇妃エリザベートが皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の誕生日に贈ったのがデメルのイチゴジャムだったという記録が残っています。また、そのフランツ・ヨーゼフ1世のお気に入りが「アンナ・トルテ」で、デメルの3代目女主人であるアンナの名を冠したトルテでした。ヘーゼルナッツの効いたチョコレートクリームとアンナジュース(オレンジピールやリキュールを配合)による大人の味わいです。

オーストリア皇帝としてヨーロッパに君臨したハプスブルク家の紋章をブランドマークにしており、まさに皇室御用達のお店。デパ地下でも最近はデメルのお菓子を入手することができますが、ウィーンに行って本場デメルのザッハトルテをいつか食べてみたいと思っています。(モコちゃん)

 
デメル・ジャパン
http://www.demel.co.jp/

2009年は日本とオーストリアの修好140年を記念する交流年。様々な記念行事が日本とオーストリアで開催されている。

3月下旬には、オーストリアのリンツ市でEU音楽祭が開催、日本からも合唱団や弦楽団が招待された。招待されたのは、宮崎県川南町の町民が中心の「トロントロン・モーツァルト・フェスト合唱団」と全国から集まる高校生と大学生で構成する「日本モーツァルト青少年管弦楽団」。どちらも毎年12月開催の川南町トロントロンドームモーツァルト祭に向けて結成されるグループだ。

EU音楽祭は、欧州文化都市が年間を通じて開催する催しの一つで、EU各国の文化的結束を高めることが目的だという。リンツ市は人口19万人のオーストリア第3の都市。EU本部によって、EU加盟の27カ国の中から2009年の欧州文化都市に選ばれた。

今、リンツ市は、世界的に有名なクラングヴォルケ音楽祭やアルス・エレクトロニカ芸術祭など芸術や文化の分野で注目を浴びている。さあ、あなたもリンツ市へ行って、芸術と文化の香りを満喫しよう!(北沢八郎)

オーストリア政府観光局
http://www.austria.info/xxl/_site/jp/

日本オーストリア交流年2009
http://austria-japan2009.org/

JTBオーストリア旅行
http://www.jtb.co.jp/kaigai/Citylist.aspx?CountryCD=E06

オーストリアの地図
http://www.eastedge.com/austria/map.html

オーストリアの首都ウイーンの街中を車で走ると、すぐにドナウ川に出くわす。茶色っぽい深緑色の川面。ヨハン・シュトラウスのワルツ曲「美しき青きドナウ」から「青さ」をイメージしていたので、ちょっと面食らった。ただ、とうとうと流れる川からは、両岸の景観とあいまってあの優雅で軽やかなメロディーが流れてくるような心地よい錯覚にとらわれた。

その美しきドナウの流域にある4カ国と日本が外交関係を樹立してから、今年は切りのいい年に当たる。オーストリアとハンガリーとは140周年、ブルガリアとルーマニアとは50周年。「東欧」だったハンガリーはいったん関係が途絶えるが、再開して50年なのは後者の2国と一緒だ。そこで、日本外務省は今年を「日本・ドナウ交流年2009」と設定し、年間を通して数々のイベントを計画している。

イベントの先陣を切ったのは、1月から2月にかけハンガリー、ブルガリアの両国に加えてポーランドでも公演した和太鼓ユニット「ようそろ」。観客は地響きのように鳴り続く和太鼓に魅了され、各地のメディアが大きく取り上げた。このあと、能楽、人形浄瑠璃、琉球舞踊の公演のほか、浮世絵、日本建築、日本映画のデモンストレーション、囲碁大会、日本語弁論大会の開催も。

黒海に面したルーマニア、ブルガリアはともかく、他の内陸沿岸諸国とってドナウ川はまさに水運の大動脈。かつては諸国が経済的な命運を託していたばかりでなく、聖地に向かうキリスト教徒やイスラムとの戦いに向かう十字軍もここを通っている。重要なだけに、この国際河川の交通権をめぐって多くの戦いが繰り返された。美しき景観の裏にある険しかった過去を、どれだけの日本人が「交流年」を通じて理解できるのであろうか。(日暮らし)

日本・ドナウ交流年イベントカレンダー
http://www.ro.emb-japan.go.jp/stuff/jdanube2009_events.pdf#search=’ドナウ交流年’

個人の旅行記
http://home.earthlink.net/~sshinod526/

Visit Europe.com
http://www.visiteurope.com/ccm/where_to_go/region/detail/?nav_cat=2414033&item_url=%2FETC%2Fpan-european%2Fthe-danube.en&lang=ja_JP


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

March 2017
M T W T F S S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 270,804 hits