こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Britain

EUの展示商談会「EU Gateway Program」のEuropean Designに今年も行ってきた。約40社が出展、来場者は2日間で約580名に上った。私が個人的に興味を持ったのは、デンマークのステルトン社。デンマークの家庭やオフィスでよく見かけたポットは、代表的なデンマークデザインといえる商品で、日本でも既に知られている。それにしても、なぜ今日本に?

主に卓上用品を製造するステルトン社は昨年2010年で50周年を迎えたデザイナー商品の老舗。デンマークのトップデザイナーであるアルネ・ヤコブセンエリック・マグヌセンのクラシックな作品から、日本人を含む現代デザイナーの作品までを取り扱う。輸出担当取締役のクリスチャン・エルネマン氏に話を聞いた。

2011-12年18色で展開するヴァキューム・ジャグ

国外での主な市場は英国や米国だが、今後は日本でもデパートを中心に販売を拡大していきたいとのこと。50年前にデザインされたマグヌセンのコーヒー・ポット(ヴァキューム・ジャグ)が今でも人気が高いのは、シンプルで、ストレートに機能を追求した、時代を超えた(Timeless)デザインだからだという。50年前にデザインされたヤコブセンのシリンダ・ラインは、現在を通り超え、未来を舞台にしたハリウッドのSF映画に違和感なく溶け込んでいたとか。

 

ポール・スミスとコラボしたシリンダ・ライン「ステートメント」

今年の展開は、前述のポットのカラーバリエーションが増えて登場。また、昨年の50周年記念に続き、英国のデザイナー、ポール・スミスとコラボレーションした新しいシリンダ・ラインを限定発売する。

伝統的な人気に満足することなく、基本を守りながら新しさも取り入れ、消費者の心をつかむこのデンマーク企業は、日本のファンをさらに増やすに違いない。 (みかん)

 

【このほか、European Designに出展していた注目企業】
● 屋外で使える家具を扱うドマーニ (ベルギー)
● ソファが人気のイーゴ パリス (フランス)
●大型家具ならファマ (スペイン)

Advertisements

バワがオフィスとして使っていた場所は、現在カフェに。コロンボのギャラリーカフェ(内部)

スリランカの建築家ジェフリー・バワ(1919-2003)は、20世紀半ばから後半にかけて南アジアを中心に多くのリゾートホテルの設計を手掛け、「トロピカル・モダニズム」の旗手とも言われる。作品のいくつかを訪れ、現地の植物やフォークロアなタッチをうまく取り入れ、空間を大きく使ったモダンな建物は、初めて訪れた人でも快適に過ごせる印象を受けた。 

欧州の血を引くバワは、英国で法律を勉強し弁護士となるが、欧米各地を旅した後、英国に戻って建築の勉強を始め、30代後半で建築の学位を修める。デンマーク人建築家(ウルリーク・プレスナー)をパートナーとして建築事務所で仕事を始め、生涯に手掛けた作品の数は多い。ホテルのほかに個人邸、学校、そして国会議事堂に至るまで。 

ブルーウォーターホテル

当時の潮流、モダニズムを欧州で学び、スリランカの伝統も取り入れた設計は、「バワ・スタイル」としてその後のアジア建築に影響を与えていく。バワに影響を受けた次世代の建築家たちも英国やデンマークに留学し、母国に戻って教鞭をとっているそうだ。

 

ブルーウォーターホテルから海を臨む

バワを1番身近に感じることができるのは、ルヌガンガと呼ばれる彼の自邸だろう。バワは、ゴム畑だった広大な土地を買い取り、50年かけて理想郷を実現すべく様々な実験を試みた。彼が強くこだわったものの一つは景観だ。目の前からその先まで重なる景色。彼が自邸で最も気に入っていた景色も、シナモン・ヒルと呼ばれる丘から見えるそうした眺望。彼の遺灰は壺に納められ、この丘に安置されている。    (みかん、写真も)

ルヌガンガ。手前は日時計

                       

ルヌガンガ。バワの眠るシナモン・ヒル

                                                                                     

ルヌガンガ。壁はなく庭とその先の湖が見晴らせる

ベントータ・ビーチ・ホテル

  

 

 

 

 

 

 

(参考資料)
Blue Water Hotel
Bentota Beach Hotel
a+u No.489 (2011年6月) 特集:ジェフリー・バワ ― スリランカのエッセンス

もしイギリスのロックミュージシャンたちがいなかったら、ブルースはとっくに滅んでしまっていただろう。マーティン・スコセッシが総指揮をとり、マイク・フィギスが監督した映画『レッド、ホワイト&ブルース』(2004年)を見ると、そうした事実がひしひしと伝わってくる。

1960年代より以前のアメリカでは、根強い人種差別のため黒人によるブルースは風前の灯だった。しかしイギリスでは、米軍放送や輸入盤のレコードを通してブルースを発見した若者たちによって熱狂的に受け入れられていく。ビートルズやローリングストーンズも最初はブルースバンドとしてスタートし、独自のブリティシュ・ロックの世界を切り開いていったのだった。

この映画では、エリック・クラプトンやジェフ・ベックといったロック界の重鎮たち(この2人に、ジミー・ペイジを加えればロックの3大ギタリストとなる!)も登場し、切々とブルースへの愛を語るのだ。「僕はブルースの伝道師だと思っている。僕がやらなきゃ、誰がやるんだ」と語るクラプトンのまなざしが実にクールだし、傷ついたよれよれのギターでブルースを演奏するベックの姿には思わず涙が出てくる。

映画のラストで登場するB.B.キングのコメントがまた凄い。「もし彼らが世界に向けてドアを開いてくれなかったら、私は死ぬまで暗闇の中で苦しんでいただろう。彼らには本当に感謝しているよ」。

映画『リービング・ラスベガス』のマイク・フィギス監督は、自身イギリス人のミュージシャンであるだけに、映画でブリティシュ・ロック誕生の熱い時代を伝えてくれるとともに、ブルースのもつ限りない魅力をも僕たちに教えてくれた。ブルースが滅びてしまったら、R&Bもソウルミュージックもヒップホップも登場することはなかっただろう。音楽を愛する人は、この映画をぜひ見てほしい。(ロニ蔵)

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%80%81%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9-DVD-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%82%B9/dp/B0006ZXESY/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=dvd&qid=1268646002&sr=8-1


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 303,242 hits

Top Clicks

Advertisements