こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Co2

デンマークのフランツミカエル・スキョル・メルビン駐日大使が、市民と一緒に、日本各地を自転車で巡る旅に出ます。今年12月にデンマークの首都コペンハーゲンで行われる国連気候変動枠組条約締約国会議(COP15)への関心を高めるためです。5月23日から31日にかけて、東京をスタートし、安城、福島、札幌、宮崎、広島、今治、和歌山を経て、最終地点の京都を目指します。

デンマークは世界有数の「自転車文化」先進国です。コペンハーゲン市民のおよそ36%が通勤に自転車を利用しています。今後利用率を2015年までに50%に上げることを目標に掲げています。そうすることで二酸化炭素排出量が年間8万トン削減できるそうです。この他、自転車専用道や駐輪場の設置も進んでいます。コペンハーゲンでは観光客やビジネスマンが無料自転車貸し出し制度を利用して、街中を自転車でまわる光景が見られます。

メルビン大使は、サイクリングツアーに多くの日本人が参加することで、環境と共生することへの決意のきっかけとなれば、とツアーに期待しています。デンマーク大使館では参加者を募集しています。申し込みは5月11日まで、ウェブサイトからできます。(チャリオ)

駐日デンマーク大使館のCOP15サイクリングツアー
http://cop15.jp/

自転車通勤応援サイト
http://319ring.net/

価格.com 電動自転車
http://kakaku.com/bicycle/electric-bicycle/ranking_6460/

Advertisements

エネルギー技術で世界をリードしている、EUと日本。ともに掲げる2050年までに二酸化炭素(CO2)排出量を半減する長期目標のために、EUと日本はエネルギー技術に関する連携を一段と強めている。

その一つが、経済産業省と欧州委員会主催の「エネルギー技術開発に関する日EU戦略ワークショップ」で、3月6、7日東京で、双方の政府、研究機関、企業など専門家ら100人が参加して開かれた。

議長は本部和彦資源エネルギー庁次長と欧州委員会研究総局ラファエル・リベラーリエネルギー局長が務め、太陽光発電、蓄電、CO2の回収・貯蓄技術(CCS)についての具体的な協力関係について議論した。

その結果、①太陽光発電 ②蓄電 ③CCSの3分野で連携可能なプロジェクトを選び、研究開発の手当や施設の相互使用などを行うことになった。

この会議の背景には、EUが2007年に提言した欧州戦略的エネルギー技術(SET)計画がある。欧州委員会は2008年に、新たなターゲットとして、6つの欧州産業イニシアティブを提言しており、今回の協議対象となった3つの分野はこれに含まれている。

連携プロジェクトは2030年頃の実用化技術が対象となっている。太陽光発電では変換効率が40%以上と非常に高い第3の太陽電池技術の開発が狙いとなる。蓄電では新素材の活用などがテーマ。CCS分野はゼロエミッション化石燃料発電の実現を目指す技術での日EU連携を目指すことにしている。
(モコちゃん)

EU代表部ニュース
http://www.deljpn.ec.europa.eu/modules/media/news/2009/090307.html

Mottainai
http://www.mottainai.info/

太陽光発電
http://app2.infoc.nedo.go.jp/kaisetsu/egy/ey05/index.html


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

December 2018
M T W T F S S
« Jan    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Blog Stats

  • 296,296 hits
Advertisements