こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Copenhagen

デンマーク映画界の鬼才で「ドグマ95」の創設メンバーでもあるトマス・ヴィンターベア(Thomas Vinterberg)監督の最新作『光のほうへ(Submarino』を先日鑑賞した。

この映画は、福祉先進国で国民幸福度第一位の国として知られるデンマークの「闇」を映し出した作品となっている。主人公はシングルマザーの家庭で育った兄弟。二人にはまだ生まれて間もない末の弟がいた。母親はアルコール依存症で、育児を放棄し定職にもつかず、文字通り家は荒れ放題だった。そんな母親に代わって、幼い弟に粉ミルクを飲ませるなど献身的に世話をする兄弟。だがある日、二人が目を離した数時間の間に、赤ん坊はベットの上で突然息をひきとってしまう。

十数年後、大人になった兄弟は、お互い連絡も取らず、それぞれ別の場所で生活をしていた。兄は刑務所から出所したばかりで、臨時宿泊施設に住み、ただひたすら体を鍛える日々を送っていた。一方弟は、男一人で息子を育てているのだが、薬物依存から抜け出せずにやがて深みにはまっていく…

幼い頃に起きた事件を封印するかのように、兄弟は互いに接触することを拒み、過去から目をそらす。その痛々しい姿が全編を通して伝わってくる。

コペンハーゲンの郊外に聳え立つグルントヴィークス教会

OECD加盟国の中でも貧困率は最も低く、貧富格差も少ないデンマークだが、この映画のように、「アルコール依存症」や「虐待・暴力」といった「社会の闇」に真っ向勝負した作品が多いのは、ある意味デンマーク映画の特徴と言っていいだろう。実際、私が昨年の夏、デンマークのコペンハーゲンを訪れた時も、「幸福な国」という先入観があったため目に入らなかったからなのか、街全体を見渡しても、貧困層が住むような地域があるようには見受けられなかった。

しかし一般の人々の様子を観察すると、そこまで裕福といった感じはなく、街行く人の表情からは「幸せいっぱい」といった明るい印象はあまり伝わってこなかった。むしろ、終始「無表情だった」といったほうが表現としては当てはまるのかもしれない。

とは言うものの、あくまでもこれは私の主観であるため、見る人によっては、それでも「世界一幸福な国」に映るのかもしれない。しかし、国内外の社会問題を真正面から取り上げ、その解決のために、自分たちはどう向き合うべきかを常に問いつづけるのがデンマーク人の特徴でもあると感じた。またそれは「幸福」の裏で隠れてしまいがちな天井のアーチが連なる独特の内装「闇」をあえてしっかりと見つめていこうとしている現われでもある。そういった常に社会に警鐘を鳴らし続けていく姿勢も、実はデンマーク人の国民性だったりする。

 余談ではあるが、映画のラストに出てきた教会は、昨年、デンマークの旅行中に出会った建物の中でも特に印象に残っている教会だ。実際足を踏み入れてみたのだが、とても厳粛な気持ちになれたし、心地よい光に包まれ、不思議と心が落ち着いていく感覚を覚えた。映画のラストシーンにふさわしい場所だと、妙に納得してしまった。(さくら)

世界の名高い観光名所で、実際に見ると、「なーんだ。こんなものか」とがっかりするところがある。その「世界三大がっかり」は、一般的にシンガポールのマーライオン、ブリュッセルの小便小僧、コペンハーゲンの人魚の像といわれるが、このほかシドニーのオペラハウスやローマの真実の口を含めるといった諸説がある。ただ、どの「三大」にも人魚の像は入っており、その意味で“折り紙付きの”がっかり名所なのであろう。

 デンマークが生んだ偉大な童話作家、アンデルセンの作品に「人形姫」という物語がある。そのバレエ劇を王立劇場で見た同国の有名なビール会社、カルスバーグの2代目社長カール・ヤコブセンが感動、彫刻家のエドワード・エリクセンに依頼して、1913年にこの人魚の像を建てたという。

普通、人魚というと、上半身が女性、下半身が魚なのだが、この像は、ふとももも分かれており、より人間に近いのが特徴。大きな石の上に座った形で、身長はわずか80センチと小さい。多くの観光客は想像してものより小さめであるため、「なーんだ」の感覚を強く持ってしまうのだろう。

1964年、98年の2回にわたり、何者かによって首が落とされ、84年には腕がもぎ取られる被害に遭っているほか、2003年には爆破までされた。髪や全身をペンキで赤く塗られたことも数多い。なんとも災難に遭いやすい“女性”なのだ。表情が少し寂しげであるのは、こうした運命をはかなんでのことかも知れない。

コペンハーゲンは今年、しばしば大きな会議が開かれた。2016年のオリンピック開催地を決める会議、2010年サッカーワールドカップ(WC)の組み合わせ抽選会、さらには、気候変動に関する世界会議COP15も。オリンピック開催地は東京が外れてがっかり、日本が欧州最強国のオランダと一緒の組になったWC抽選会もがっかり。せめてCOP15では各国がしっかり温暖化対策の責任を確認し、がっかりにならない結果を出してほしい。(日暮らし)
 

http://chusan.cool.ne.jp/wadai/wadai54/wadai54-2.htm
http://www.nta.co.jp/ryoko/tourcon/2003/030220_1/
http://www.neko.dk/denmark/havfrue.htm

IOCcopenhagenlogoposRGB72dpi
2009年は、デンマークが何かと注目される年だ。そのひとつは8月に、首相であったアナス・フォー・ラスムセン氏が北大西洋条約機構(NATO)事務局長に就任したこと。続いて10月には、第121回国際オリンピック委員会(IOC)総会がコペンハーゲンで開催され、リオデジャネイロが2016年の五輪開催地に選出された。

10月1日にオペラ劇場で開かれたIOC総会開会式。翌日は2016年五輪開催地の選出投票が国際会議場ベラセンターで行われ、東京から鳩山首相、その他の候補都市シカゴ、リオデジャネイロ、マドリッドからも大統領や国王など首脳陣が駆けつけて最後のアピールを行った。その後6日まで続いた15年ぶりの五輪コングレスでは、IOC委員ほかスポーツ関係者が集まり、五輪の将来について討議が行われた。

12月には第15回国連気候変動枠組条約締結国会議(COP15 )が同じベラセンターで開催され、京都議定書後の重要な枠組み決定に世界が注目する。たまたま開催国が重なっただけにしても、誰もがコペンハーゲンを口にする効果は大きいだろう。(みかん)

IOC総会
http://www.2009olympiccongress.com/international/en-gb/menu/home/ioc.htm

会場となったベラセンターでは、12月にCOP15も開催される予定
http://www.bellacenter.dk/English

開会式の行われた国立オペラ劇場
http://www.operaen.dk/Subsites/Operaen.aspx?sc_lang=en

バルト海地域戦略の策定も議長国としての目標のひとつだ  Gunnar Seijbold / Regeringskansliet

バルト海地域戦略の策定も議長国としての目標のひとつだ Gunnar Seijbold / Regeringskansliet

7月1日から下半期に入り、スウェーデンがEUを代表する舵取りを受け持つ。ノレーン駐日スウェーデン大使は、リチャードソン駐日欧州委員会代表部大使とともにこの日東京で、プレス発表を行った。主要優先課題は2つ。経済・金融危機対策として、増加する失業者問題に取り組むことと、12月にコペンハーゲンで開かれる気候変動会議(COP15)で京都議定書に続く国際的取り決めを採択に導くことだ。

このほか、①移民や国境管理などの法務・内務問題の強化をストックホルム・プログラムとして進めていく、②バルト海地域の環境や競争力強化のための戦略を策定する、③EU加盟申請国との交渉を進展させる、④平和・発展・民主主義のため対外問題に積極的に取り組む―ことを挙げた。EU組織内の問題としては、第2次バローゾ委員会発足に向けた調整と、新議員での欧州議会との連携、リスボン条約批准に焦点が当てられる。

対日関係については、5月にプラハで開催された日・EUサミットをフォローして、関税障壁のない貿易に向けて具体的対象を絞って協議を続けていく。さらに、2011年開始の第2次行動計画の策定を進めることや、年内に科学技術協力協定を実現させることも課題となっている。

特に、COP15の成功を左右するCO2削減目標値については、日本国内でもっと科学的根拠に基づく議論を促したい考えだ。日本でも米国でも経済団体や関連省庁、議会などとの調整が難航するが、リチャードソン大使は「世論は政府より動きが早いので、この深刻な気候変動問題にも取り組んでいける」と楽観的姿勢を崩さない。(みかん)

議長国チェコの公式サイト(スウェーデン語・英語・フランス語)
http://www.se2009.eu/

駐日スウェーデン大使館
http://www.swedenabroad.com/Start____4324.aspx

その他スウェーデン情報はこちらでも↓
http://www.sweden.se/Other-languages/OL-Home/Other-languages/I-P/Japanese/

環境政策で世界をリードする欧州で、原発を新たに建設する動きが顕著になってきています。脱原発政策の本家とも言える北欧のフィンランドやスウェーデンでも原発回帰に方向転換しており、こうした動きは世界のエネルギー政策に影響を与えそうです。

このゴールデンウィーク中に麻生太郎首相は、プラハを訪れ、EU議長国であるチェコのクラウス大統領、バローゾ欧州委員会委員長と、日・EU定期首脳協議を開きました。気候変動問題については、2013年以降の温室効果ガス削減に関する新たな国際枠組み作りに向けて、アメリカや中国などの主要排出国の参加が不可欠であるという認識で一致しました。

その欧州では現在、スウェーデン、イタリア、イギリスなどで、原発回帰への政策転換を政府が明らかにしています。フィンランドはいち早く方向転換し、過去10年間で欧州初となる原発建設に踏み切りました。2020年までに温暖化ガスを90年比で20%削減する、という目標を掲げているEU。原発回帰の背景には、二酸化炭素排出量の少ない原発のメリットを再認識し、代替エネルギーとして位置付けようという狙いがあるとみられています。

今年12月にコペンハーゲンで国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)が開かれ、京都議定書以降の温暖化対策目標設定が待ち受けています。EUが総体として今後、原発転換を加速させるのかが新たな注目点です。(こずりん)

朝日新聞記事 「イタリア、脱原発政策を転換」
http://www.asahi.com/international/update/0225/TKY200902250050.html

産経新聞記事 「スウェーデン、脱原発で温暖化対策は非現実」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/238798

(Rudy Hemmingsen)

(Rudy Hemmingsen)

旅行であれ、仕事であれ、コペンハーゲンの空港に降り立ったそのときから、多くの訪問者がスタイリッシュなデンマークデザインに感銘を受けるのではないだろうか。

モダンでシンプルなデザイン。それは、空港から乗り継ぐ最初の電車、散策する街並や店舗、さらにはオフィス街や、住宅街でもいたるところで見かけられる。

木の風合いや、間接照明のやわらかい明かりが、居心地のよい空間を作り出している。

こうしたデザインは、人々の暮らしぶりを反映したものだ。家具や食器は良質で長く使われる。広い部屋にはあまりモノを置かず、簡素なたたずまいを演出する。もちろん家具や食器は、重要なデンマークの製品として世界各国に輸出されている。

小国ゆえに街も小さく、移動・通勤は天候に関わりなく自転車が主流。寒い冬でも人々は湖や海岸まで散歩にでかける。

そうした彼らのシンプルな暮らしから、豊かな生活に多くのものは必要ないと感じずにはいられない。(みかん)

デンマーク人デザイナーによる家具(日本での取扱店の一部)
http://www.fritzhansen.com/jp
http://www.louispoulsen.com/jp
http://www.carlhansen.jp/

北欧家具
http://www.ikea.com/jp
http://www.illums.co.jp/

スカンジナビア観光
http://www.visitscandinavia.or.jp/


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

March 2017
M T W T F S S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 270,804 hits