こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Dexia

ひと月前に、長引くベルギーの組閣交渉について「組閣交渉の関係者がオランダ語・フランス語の言語対立問題に正面から取り組んでしまったことが『パンドラの箱』となってしまうか」という文を書いた(当該過去記事)。筆者はこれで組閣交渉がさらに長期化すると100パーセント予想していた。

ところが、なんとそれからまもなく組閣交渉の取りまとめ役のディ・ルポ(Elio Di Rupo)フランス語系社会党党首のイニシアティブの下、ブリュッセル・ハレ・フィルフォールデ(BHV)選挙区分割問題当該過去記事参照)が決着してしまった。
言語対立問題の代表格であるBHV選挙区分割問題は何十年来の「解決できない問題」であり、筆者がベルギーに住んでいた間も難攻不落ぶりを誇っていただけに、今回の決着のニュースを知ったときは、「え!解決したの?」と驚愕が何よりも先に来た。

今回BHV選挙区分割問題が決着したのは、同選挙区の分割を拒絶し続けてきたフランス語系政党側に対してオランダ語系政党が分割の「見返り」を提示し、それが仏語側に受け入れられたからである。組閣交渉での討議内容が一切非公開ということもあり、「見返り」の内容は上記の「決着報道」から半月以上たってから明らかになった。その内容は、フランス語系住民に十分に配慮したブリュッセル首都圏地域の改革などである。

今回の成功の理由は、組閣交渉の取りまとめ役がオランダ語系ではなくフランス語系政党の党首であったことである。過去の組閣交渉ではオランダ語系政党が主導権を握り、少数派のフランス語系政党が頑なな態度をとるのが典型パターンだった。今回、フランス語系社会党党首がイニシアティブをとったことで、フランス語側が主体的に問題に取り組んだのだった。

これに加え、「新フランドル同盟」というフランドル地域(オランダ語圏)最大の利益代表政党が、この夏に組閣交渉の場から去ったことが成功に結びついた。新フランドル同盟は今回(2010年6月)の連邦議会選挙で大勝したが、協議の進め方に抗議して新政権への不参加を表明した。このフランドル主義のハードライナー(強硬路線支持者)の退場により、オランダ語系とフランス語系双方の歩み寄りが実現しやすくなった。

言語対立問題という難題に一区切りをつけたディ・ルポ党首に残された最後の大仕事は、新政権の参加政党を決め、閣僚人事を行うことである。内閣不在期間は500日に届こうとしている。ベルギー有数の金融機関デクシアの解体に直面し、ベルギーの政治経済に強い不安を覚える国民も多いが、このタイミングで国民に強い期待感を抱かせることのできる新内閣が発足され、力強く船出することを願っている。
(じょきんぐまん)

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

October 2019
M T W T F S S
« Jan    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 303,645 hits

Top Clicks

Advertisements