こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘England

6月14日から8月21日にかけて、三菱一号館美術館(東京・丸の内)で「もてなす悦び展」が開催された。この展示会は、19世紀末のロンドン、パリ、ニューヨークで人気を博した日本の陶器、漆器などいわゆる美術工芸品を、時代背景と共に紹介するもので、その当時の欧米における「ジャポニスム」旋風を肌で感じることができた。

大学のゼミで「18世紀末イギリスの産業革命」を専攻したこともあり、この時代については、以前から興味があった。卒業論文も、イギリスにおける紅茶文化の普及とジョサイア・ウェッジウッド(イギリス最大の陶器メーカー「ウェッジウッド社」の創設者)の偉業について取り上げたので、基礎知識は十分持ち合わせて展覧会に挑んだつもりだった。しかし、この頃の欧米では、現代の日本の漫画・アニメにも通ずる「日本ブーム」が芸術面で既に開花していたという事実は、新たな発見であり、驚きでもあった。

そもそも、ヨーロッパに紅茶文化が普及し始めたのは、オランダ東インド会社が17世紀初頭に設立され、アジア諸国へ進出したことが大きく影響しているといわれている。肥前、伊万里といった日本の陶器は、それぞれ17世紀後半、18世紀初頭にオランダへ輸出されている。その後、19世紀初頭には、インドで新種の茶樹・アッサム種が発見され、インド・スリランカでの紅茶の栽培が開始。そうしてヨーロッパの紅茶消費量は一気に加速する。ほどなく、上流階級の嗜好品だった紅茶は、労働者階級といった中産階級層にも広まり、産業革命時代には、紅茶は黄金期を迎えるのである。

というのが、少ないながらの私の基礎知識であるが、注目すべきは、中産階級層に紅茶文化が広まったという事実である。「もてなす悦び展」では、実にさまざまな茶器を展示していたが、その頃の大衆文化において、茶器の芸術をたしなむ余裕というものが感じられる。産業革命下において、一般庶民にも裕福とはいえないが、一定の生活水準が保たれるようになり、「美しいものを愛でる」という感覚が生まれてきたのである。

日本の茶器の絵柄に、欧米の人々は魅了された。ティファニー・スタジオが、朝顔柄のガラス工芸品を発表。瞬く間に欧米において「朝顔ブーム」が巻き起こる。その後もファン・パターンといわれる扇の絵柄を真似たり、蜻蛉、蝶、桜、竹、紅葉、ひょうたんといった日本独特の絵柄を、ロイヤル・ウースター社、ウェッジウッド社、ミントン社などが競って自社製品に採用した。

「日本ブーム」に火をつけたのは、19世紀中頃、ロンドン、パリなどで開かれた万国博覧会の影響が大きいといわれる。いわば「日本を欧米の大衆にアピール」する絶好の機会が与えられたのである。

このようにして、日本と欧米の芸術的価値というものがひとつとなった瞬間を、陶器を通して感じることができたことも大きな収穫だった。そしてまたひとつ、大好きな茶器と紅茶文化の知識が膨らんだような気がする。(さくら)

[URL]
三菱一号館美術館「もてなす悦び展」(会期:6月14日~8月21日)
http://mimt.jp/omotenashi/

日本橋馬喰町にある松野商店

日本と英国に、さりげない日常雑貨を求めて国内外を探し歩くユニークなショップがある。日本側は、東京は馬喰町に店を構える荒物雑貨問屋の松野屋。使い勝手のいい暮らしの道具を販売する老舗だ。イギリス側は、ロンドンはチェルシー地区にあるレイバー・アンド・ウェイト(L&W)。イギリスのみならず、ヨーロッパ中の生活雑貨を集めたセレクトショップだ。それぞれのオーナーの目指すところは、「自分たちが実際に使いたいもの」を集めて売ることだ。

日英それぞれのショップに並べられているのは、生活の必然性から生まれた道具であって、いわゆるデザイン雑貨ではない。例えば、松野屋で扱う商品は、町工場や農村で職人たちが一ひとつ手作りでつくった素朴な日用品だ。真竹と籐で編まれた「蕎麦揚げざる」とか、トタン製の「米びつ」などで、いわゆる1点ものの美術工芸品とは異なる。

 「僕にとって使い勝手がいい道具というのは、柳宗悦の民藝運動で生み出されたようなものではなく、手工業による中量生産品です」と松野屋の三代目社長である松野弘さんは言う。「高価なデザイン雑貨や芸術性の高い民藝作家の生活雑器を普段づかいで使える人は限られています。僕が求めているのは、身の回りに置いて実際に使ってみることで、何だか生活が楽しくなってしまうようなモノたちなんです」

 小さな町工場で作られた道具はそのまま都市生活者の空間にもってきても馴染まないと、松野さんは言う。そこで松野さんは、そうした素朴なモノたちに少しだけ手を加えることを考えた。例えば、栃木県で生産されている「座敷ぼうき」。部屋をちょっと掃く時に重宝するが、ほうき草を束ねる糸に赤やピンクといった蛍光色が何色も使われていて、ちょっとチープな感じだった。そこで、松野さんは束ねる糸を黒と赤に統一。それだけで、モダンな印象のほうきに生まれ変わり、お洒落な雰囲気になった。

 松野さんは、日本各地からこうしたスグレモノを探し出し、次々に救済していった。米びつ職人に依頼して作ってもらったトタン製のゴミ箱やCDケースなどはその良い例だろう。「米びつ」にネームケースを付ける工夫を施すだけで、スタイリッシュな収納ケースに蘇生させることができるのである。こうした取り組みをやっているのは自分だけだろうと松野さんは思っていたのだが、ロンドンでも同じようなことをやっているショップがあることを日本の雑誌の記事で知った。その時は、何だか面白そうだなと思っただけだったが、あるセレクトショップを介してこのショップを紹介された。それがL&Wだった。

ロンドンのチェルシー地区にあるL&W

 

昨年3月に松野屋を訪れたL&Wのオーナーであるサイモン・ワトキンスさんとレイチェル・ワーズ・モーランさんは、松野さんとすっかり意気投合してしまった。「無名のデザイン」を集めた日用品の展示会を開くことになったのもごく自然な成り行きだった。昨年10月に開催された、日英の生活雑貨たちが一堂に会した展示会(東京)では、来場者たちは共通する部分がいかに多いかを知ってみんな驚いていたという。

松野さんは、この展示会に集まったモノたちのことを、「民衆的手工芸品」ではなく、「民衆的手工業品」と呼ぶ。「自然食品」があるなら、「自然商品」があってもいいじゃないかというのが松野さんの考え方だ。シンプルで美しく、それでいて機能的な生活雑貨たちには、私たちの生活を見直す上でのヒントがぎっしり詰まっている。(ロニ蔵)

世界中の図書館にある書籍をすべてスキャンしてデータベース化しようという「電子図書館構想」の試みがグーグルなどを中心に進められているが、こうした話を聞くと思い出す町がある。イングランドとウェールズの境にある「ヘイ・オン・ワイ」という英国の田舎町だ。ロンドンから電車で3時間、さらにバスで1時間あまりの辺鄙な町だが、ここには古書を求めて年間500万人の本好きが訪れるという。商店街の半分以上、40軒近くが古書店という変わった町で、古城も映画館も消防署も協会も古書店に衣替えをしているというから驚きだ。所蔵の書籍総数は100万冊を超えるが、「ボクシング」や「ミステリー」、「鉄道」、「シネマ」、といった具合に各書店が専門化して棲み分けを図っている。自然に恵まれたこの町で、のんびりと古書巡りの旅をするというのもなかなか乙なものだ。都会の古書街では決して味わえない贅沢な時間を過ごせるに違いない。

この町の歴史がなかなか興味深い。

ヘイ・オン・ワイは、1950年代にロンドンからの単線鉄道が廃線になったため、過疎の山村になってしまった。そこで登場するのが、オックスフォード大学で歴史学を学んだリチャード・ブース青年だ。まず1960年代のはじめに消防署の跡地を改装して古書店を開業。「この村に本を読む人なんていないよ。すぐに潰れるさ」という陰口などどこふく風で、町の至るところを古本で埋め尽くす「野望」を抱いて、最初は通信販売などでスタートした。そしてじょじょに外部の古書店を誘致するなどして、本好きの評判を集めるようになった。こうなってくると、この町の魅力に魅かれてやってくる旅行者たちのためのB&B(宿屋)やレストラン、アンティークショップなども建ち始め、いつしか「本の王国」として世界中に知られるようになった。

仕掛け人のブースの方は、古書店の放漫経営から何度も破産宣告を受けるなどいろいろと問題もあったらしいが、ヘイ・オン・ワイはイギリスで最も成功した町おこしの例として全世界の注目を集めている。日本でもこの町を参考にしながら、「本の町」を呼びものにして観光客を集めるブックツーリズムの動きが、長野県伊那市の高遠町などで盛んになっている。電子書籍もいいが、本好きとしてはこのような町づくりがグローバルに広がってほしいものだ。(ロニ蔵)

イギリスと言えば、「パブ」を連想するくらい、パブは中世からの長い歴史がある文化です。そのパブが今、続々と閉店を余儀なくされています。

英国ビール・パブ協会(British Beer and Pub Association)が7月22日に発表したニュースによると、今年上半期、イギリスで1週間に平均52店のパブが閉店。1980年に約6万9000店あったパブは、現在5万3466店まで減少。この1年間で2377店も閉店し、2万4000人の店員やバーテンダーが失業してしまったそうです。

その背景には、若者を中心としたビール離れや、パブ離れがあるそうです。日本でも若い人のお酒を飲む量が以前と比べて減ったり、会社帰りに一杯ひっかけることも少なくなってきたので、イギリスと日本で同じ現象が起こっているのですね。

昨年の世界的な金融危機をきっかけに景気が悪くなり、客足が遠のいたことがパブ減少の大きな原因。加えて、イギリス政府が財源確保のために、2008年からビールの酒税を引き上げたことも影響しました。

BBPAのデヴィッド・ロング氏は「パブの閉鎖は、コミュニティーがなくなるだけでなく、イギリスの宝が失われるようなものだ」と言っています。15年ほど前に初めてイギリスに母と二人、旅行で訪れたとき、わくわくしながらパブを訪れました。パイ生地にひき肉を包んだ料理を食べたことが今でも鮮明な記憶として残っています。予想以上に美味しく、二人できれいに平らげたからです。(モコちゃん)

英国ビール・パブ協会(British Beer and Pub Association)
http://www.beerandpub.com/(English only)

日本生まれのイギリス人作家、カズオ・イシグロの初の短編集『夜想曲集』が日本で翻訳出版され、話題を呼んでいます。

カズオ・イシグロは1954年に長崎で生まれ、5歳のときに海洋学者の父親の仕事の関係でイギリスに渡りました。以降、日英両国の文化を背景にして育ち、イギリスの大学で英文学と文芸創作を学びました。

卒業後、初めはロック・ミュージシャンを目指していましたが、1981年から作家活動に入ります。長編第3作目の『日の名残り』(1989)で、イギリス最高の文学賞であるブッカー賞を受賞。国境を越えた普遍的な文学性により、イギリスのみならず世界中から注目されています。

短編集『夜想曲集』には、「音楽と夕暮れをめぐる五つの物語」という副題の通り、様々な音楽家を主人公とした5つの短編が収録されています。売れないのは顔のせいだとハリウッドで整形手術をするサックス奏者(「協奏曲」)、ベネチアでゴンドラ舟に乗って妻にセレナーデを捧げる老歌手とそれを伴奏するギタリスト(「老歌手」)、などが主人公。

誰も音楽の世界で成功しているとは言えませんが、主人公に共通しているのは音楽への深い愛情です。この短編集を読めば、あなたもきっとカズオ・イシグロのファンになるでしょう。(青山コモンズ)

カズオ・イシグロ『夜想曲集』ハヤカワ・オンライン
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/118116.html

たそがれの愛・夢描く 英国人作家、カズオ・イシグロさん(朝日新聞)
http://book.asahi.com/clip/TKY200907200066.html

今週の本棚:『夜想曲集』=カズオ・イシグロ著(毎日新聞)
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/news/20090726ddm015070003000c.html

ビールが美味しい季節になりました。ビールの本場イギリスでは、毎年8月になると、イギリス最大のお祭り「グレート・ブリティッシュ・ビア・フェスティバル」がロンドンで開かれます。エールビール、フルーツビール、黒ビールなど450種類ものビールを試飲することができ、ロンドンの夏の風物詩となっています。

先日、同僚のイギリス人からビールにまつわるイギリスの市民運動について面白い話を聞きました。イギリスでは紀元前から伝統的なエールビールがあったそうです。エールビールは、一般的なビールと異なり、人工的な炭酸ガスが注入されておらず、昔ながらの自然なビールの味が売り。しかし、最近では世界のビールはラガータイプが主流になっています。

本場イギリスでは、エールビールの伝統を守ろうと、「CAMRA(キャンペーン・フォー・リアル・エール)」という組織が結成されました。リアルエール(本物のエールビール)をパブで飲もうというキャンペーンです。CAMRAはイギリス市民の共感を得て、市民運動に発展していきました。

結成されてから30年たった現在、イギリス国内で9万人以上の会員がおり、最も成功した消費者運動の一つと言われています。(モコちゃん)

キャンペーン・フォー・リアルエール(英語のみ)
http://www.camra.org.uk/

エールビールについて(アサヒビール)
http://www.asahibeer.co.jp/enjoy/history/europe/england02

美しい田園風景が広がるイギリス、コッツウォルズ地方のウィンチカムという町で、宮脇樹里さんがご両親と一緒に、イングリッシュ・ティールーム「ジュリス」を開いています。2008年にはイギリスの紅茶振興団体「ティー・ギルド協会」が、最も素晴らしいティールームに毎年与える「トップ・ティー・プレース」賞を受賞しました。イギリスで一番のティールームを日本人が開いているなんて、誇らしいです。

昼下がりに、スコーンにクロテッドクリームとジャムをのせて、紅茶と一緒にいただく。ふと窓の外を眺めると美しい自然、温かみのある古い建物が目に入ってくる。想像しただけで豊かな気持ちになれます。ジュリスのケーキやスコーンなどのお料理はすべて宮脇さんの手作りだそうです。

宮脇さんはスコットランドの大学を卒業後、フランスの名門料理学校ル・コルドンブルーのロンドン校で学びました。その後、ミシュラン二つ星のレストランでインターン修業を重ね、2003年12月に「ジュリス」を開業しました。

宮脇さんの料理との奮闘ぶりやティールーム「ジュリス」については、宮脇さんのエッセー『コルドン・ブルーの青い空―女ひとり、ロンドンシェフ修業』『コッツウォルズでティールーム―イギリスのお菓子に出合う』でも知ることができます。(モコちゃん)

ジュリス
http://www.juris-tearoom.co.uk/jTop.html

最新刊『コッツウォルズでティールーム―イギリスのお菓子に出合う』http://books.bunka.ac.jp/np/isbn/9784579210565/

ライター小関由美さんと宮脇樹里さんのトークショー
http://www.virginatlantic.co.jp/letsgouk/koseki/yumi_12.php


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

August 2017
M T W T F S S
« Jan    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blog Stats

  • 278,658 hits

Top Clicks