こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Fashion

  • In: Business | Culture | Travel
  • Comments Off on 話題の絶えないアムステルダムのロイド・ホテル Lloyd Hotel in Amsterdam (Temporarily Was in Tokyo Too)

アムステルダムに行く機会があれば、泊まってみたいホテルがある。「文化大使館」との名前も持つロイド・ホテルは、とにかく楽しみ方がいろいろとある。字数の都合により、箇条書きでその特徴とニュースを紹介したい。

    1. 全117部屋は1つ星から5つ星まで(料金も€95~€450)で、国内外のデザイナーの作品により各部屋異なっている。会議室として借りることも可能
    2. 20世紀初頭から移民のための宿泊施設、刑務所、ワークショップ会場と姿を変えてきたが、市の入札を経て2004年に建築家グループMVRDVにより今の形に生まれ変わる
    3. 食事はカフェテリアの中央に設えられた大きなテーブルを囲んで。伝統的レシピから考案され、地元から調達された材料を使った独自のメニュー。ショップで一部販売も。
    4. 「文化大使館」と呼ばれるとおり、ライブや展覧会をはじめとして、様々な文化イベントがホテルを会場に催されている
    5. 日蘭国交樹立400年を記念して、2010年10月には東京・代官山に同ホテルが1カ月限定で開設された。日蘭のデザイナーによるLLOVE HOTELをコンセプトにしたユニークな部屋の数々(写真)
    6. タイムアウト誌アムステルダム版の2010年ベストホテルに選ばれた
    7. 2011年9月にアムステルダム・ファッション・インスティテュートの学生・卒業生と共同で開発されたファッションに重点を置くエクスチェンジ・ホテルがオープンする 

 そのときの財政状況や気分によって宿泊する部屋を変えられるのがいい。自分が訪れるときはどんな部屋に泊まることになるのか、今から楽しみだ。     (みかん、写真も)

Advertisements

© Sophie Delaporte

お台場のホテルグランパシフィック内にある“GALLERY 21”を訪れた。現在「ファッション」と「ランドスケープ」という2つのコンセプトを主題とした3名のフォトグラファーによる共同写真展が開催されている。

1人は日本人、その他の2人はフランス人で、それぞれ「VOGUE」などのファッション雑誌やコスメ・パフュームの広告といった業界で活躍している、まさに現代ファッションを代表する写真家たちと言っていいだろう。そのなかでも私が注目したのが「人の写っていない大都市」を撮影したジャン=ミッシェル・ベール(Jean-Michel Berts)だ。彼はもともと科学者で、その後写真家に転向したという異質な経歴を持つ。しかし考えてみると、はじめから写真家志望で写真を専門として経験を積む人もいるだろうが、他の業界、例えばもともと建築家だった人が、その後写真家として活躍するという話もよく耳にする。建築と写真においては、構図やラインといった部分では感性が似ているため、全く違った分野とは言いきれないのだが、ベール氏の場合も、科学と写真に何か共通点を見いだして、写真家としての道を選んだのだろうか・・・。

© Motohiko Hasui

さて、そんなベール氏は今回、「(人のいない)贅沢な時間」と題して、“City Portrait”の写真を出展している。場所は、ニューヨークのタイムズ・スクエア、東京の浅草寺・・・などなど。とにかく人の往来が激しいところなのに、見事に誰も写っていないのだ。彼の作品を観て、以前書店で目にしてとても衝撃を受けた「TOKYO NOBODY」という(東京を舞台に人が写っていない町並みばかりを集めた)中野正貴の写真集のことを思い出した。その時も不思議でしようがなかったのだが、どうすれば人が写っていない空間を創りだせるのか、CG加工しているのではないか?といろいろと考えをめぐらせてはみたのだが、どうやら今回の展示のほとんどがCG加工なしの、まさに人がいない絶妙なタイミングを狙ったショットだというから驚きだ。

© Jean-Michel Berts

「ファッション」と「ランドスケープ」の融合ということで、ニューヨークと東京、2大都市を舞台にしているが、「ファッション」が創り出す個性が都市のアイデンティティーを形成しているという視点に着目した写真もあり、そういったことを意識しながら写真を眺めてみると、より不思議な感覚で作品を楽しめるのではないかと思う。(さくら)

“STYLE”(会期:2010年11月30日~2011年1月10日)
http://www.gallery21-tokyo.com/jp/index.html
GALLERY 21(ホテルグランパシフィック LE DAIBA 3F)
http://www.grandpacific.jp/facilities/gallery/
KLEE INC PARIS TOKYO
http://www.klee.co.jp/

2008年、日本のファッション業界に旋風を起こしたのが、スウェーデン発の衣料専門店へネス・アンド・モーリッツ(H&M)。9月13日、銀座に日本第1号店をオープンしましたが、開店前に約5000人の行列ができるほどの人気ぶりでした。

人気の理由は、お手頃価格なのにファッションデザインが良いところ。セーターやカーディガンが2000円台、コートが10,000円程度から買える。約100人のデザイナーが、流行を先どりするデザインをクリエイト。企画してから3週間程度で店頭に並ぶなど、商品の回転の早さも魅力のひとつです。

11月8日には国内2号店となる原宿店もオープン。若者の街を意識して、コムデギャルソンの川久保玲氏がデザインした限定商品を世界に先駆けて発売したり、銀座店にはないヤング向け商品「DIVIDED」を発売するなど、お店によって商品も異なっています。

ただし、銀座店の周辺にはスペインのザラ、アメリカのギャップ、日本のユニクロなど不況なのにカジュアル衣料店がひしめいています。冬物衣料が本格的に販売されている今、競争は激化する一方です。(モコちゃん)

H&M
http://www.hm.com/jp/#/startpagejapan/

ZARA
http://www.zara.co.jp/

Fjällräven(スウェーデンのアウトドア用品 フェールラーベン)
http://www.ssksports.com/fjallraven/

Marimekko(フィンランドのファッション、インテリア、生活雑貨などを扱う マリメッコ)
http://www.marimekko.jp/


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 303,139 hits
Advertisements