こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘fiction

  • In: Art | movie
  • Comments Off on カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』を鑑賞して Who Determines Your Life?: Review of the Movie Never Let Me Go

ブッカー賞作家カズオ・イシグロの同名小説を映画化した『わたしを離さないで』(原題:“Never Let Me Go”)を鑑賞した。カズオ・イシグロは、1954年に長崎県で生まれ、5歳の時に英国に移住。今回の映画化にあたっては、みずからもエグゼクティブ・プロデューサーとして参加した。

物語は、28歳の介護人のキャシーの回想を通して語られる。キャシー、ルース、トミーの幼なじみ3人の関係性から、幼い頃に育った寄宿学校ヘールシャムでの奇妙な生活、離れ離れになったあとの10年ぶりの3人の再会…。

緑豊かなヘールシャムでの暮らしは、閉鎖的でありながらも、子どもたちは徹底的な健康管理を受け、絵や詩の創作に励んだ日々を送っている。腕にはセンサーが埋め込まれたバンドをはめ、施設から外に出るときは、特殊な機械にそのバンドを通す。そうやって終始監視されている状態だ。学校の敷地には境界線が張り巡らされ、そこから出ることは許されず、外界からは完全に隔離されている。

そんなヘールシャムでの生活を、子どもたちは誰一人として違和感や不信感を抱かずに過ごしている。まるで機械のように、淡々と、冷静にその状況を受け入れているのが印象的だ。心の奥では、外の世界に夢馳せているにもかかわらず…。

やがて思春期を迎える3人だが、ルースとトミーが恋人同士となり、その3人が同じコテージで過ごすことになる。トミーに想いを寄せるキャシーだが、2人の仲をただ黙って見守ることしかできなかった。やがてキャシーは、「介護人」を志願し、コテージを去る。

物語の途中で、彼らはみずからの運命を知ることとなるが、その際も動揺すらせず、ただ黙ってその運命を受け入れるのだった。そこに人間的感情はないように映る。人は、誰もが「自分の人生」を歩むものであると当然のことのように感じてしまいがちだが、ヘールシャムで育った子どもたちの場合は、運命はすでに決定づけられ、みずからの生命は他の者のためにあるという現実を突きつけられているのだ。

主人公キャシーの最後の言葉がとても印象的だった。その投げかけがこの作品のテーマにもなっているように思う。人生を選択できる者として、今をどう生きるか。少し重いテーマではあるが、生き方を見つめなおす良い機会となるであろう。(さくら)

『わたしを離さないで』(3月26日公開)
http://movies.foxjapan.com/watahana/

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

May 2019
M T W T F S S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 300,264 hits
Advertisements