こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘France

フランスのポップ・ミュージック界でこの秋一番の話題作は、11月14日にリリースされたリュリュ・ゲンズブールのデビュー・アルバムだろう。シャンソンやフレンチ・ポップのファンならピンとくる名前のはず。フランスの国民的スターで、20年前に亡くなったセルジュ・ゲンズブールの末子だ。女優シャルロット・ゲンズブールは腹違いの姉である。

リュリュはリュシアンの愛称。父セルジュは57歳のときに生まれた男の子に自身の本名を受け継がせ、溺愛した。セルジュは1988年、2歳のリュリュをパリ公演のステージ上に半ば無理やり引っ張り出し、観衆に披露している。まだよちよち歩きを始めたばかりの幼子には、自分にどんな目が注がれていたのか、自分がどんな定めを負っていたのか、わかるはずもなかった。

この2年後、自分の死期を悟った父は、4歳になった息子にピアノを習わせる。ただし、自ら手ほどきすることはなかった。ピアニストだった父ジョゼフから受けた厳しいレッスンによい思い出がなかったからだ。リュリュが5歳の時、セルジュは死んだ。その日は一日中、ピアノの前から離れず、父がよく弾いてくれたディズニーのテーマソングで、悲嘆にくれる母を慰めたという。

リュシアンは8歳でパリ音楽院に入学し、ピアノを続けた。15歳の時、モデルだった母(芸名バンブー)と亡き父の曲をデュエットしたのが「プロデビュー」だ。その1年後には、端役ながら「銀幕デビュー」も飾っている。しかしそのまま芸能界入りする道は選ばなかった。18歳でパリ音楽院を卒業すると、ロンドンの音楽学校へ留学。音楽の才能をさらに磨き、英語力をつけ、名門バークリー音楽大学に進むためだった。親の七光りに甘えずに実力で勝負しようという堅実な選択と見ることもできるが、父の威光があまりにも強く残るパリを離れたかったというのが本音だったようだ。

希望が叶ってバークリーに進んだことで、音楽を職業とする進路はより動かしがたいものとなった。このころから、「ミュージシャンになる定め」を感じるようになったという。2009年には、父の信奉者であったミュージシャン、マルク・ラヴォワーヌのアルバムに曲を提供したり、姉シャルロットのアルバムに参加したりと、徐々にプロとしての道を歩み始める。

そしてセルジュ・ゲンズブール没後20周年の今年、満を持してと言わんばかりに華々しくアルバム・デビュー。父から受け継いだDNAを前面に押し出すのもためらわず、全16曲を父の作品で構成した。タイトルを『ゲンズブールからリュリュへ』としたあたり、さながら「2代目ゲンズブール」の襲名式といった感がある。

リュリュ・ゲンズブールのアルバム『From Gainsbourg To Lulu』(ユニバーサル)

フランスのポップ・ミュージック界における「2世歌手」というと、ジョニー・アリデイの息子ダビッド・アリデイを思い出すが、気の毒な「名前負け」の例としてあまりにも有名。-M-やアルチュール・Hは、ミュージシャンとして成功したが、いずれもルイ・シェディッド、ジャック・イジュランという偉大な父のファミリー・ネームを表に掲げることを避けた。リュリュが臆さず父の看板を背負ったのは、音楽の基礎をみっちり学び、ミュージシャンとしての力量に自信をつけたからなのだろうか。

しかし音楽誌「レザンロキュプティブル」のインタビューには、「これ以外の選択はなかった」と語っている。あえてここから出発しない限り、父の存在という重すぎる呪縛から逃れられないというのが偽らざるところだったのだろう。父へのオマージュとなったデビュー・アルバムは「通過儀礼」であり、これから「音楽でメシを食っていく」ための布石でしかない。

その力量についてだが、リュリュがデビュー・アルバムで自ら手掛けたアレンジは、原曲よりジャジーでモダンになっており、確かなセンスと才能を感じさせる。その歌声は、父譲りの嗄れ声に姉のウィスパー・ボイスを適度に混ぜたような味わいがある。ただし個性という点で、強烈な異彩を放った父とは比べようもない。本人もそのあたりは十二分に自覚しているはずである。作曲家としてのこれからに注目するべきだろう。

セルジュ・ゲンズブールといえば、ブリジット・バルドーやジェーン・バーキンなど華麗な女性遍歴でも知られる。リュリュはアルバムに収められた『ボニー・アンド・クライド』(父がバルドーとデュエットした60年代のヒット曲)で、米女優スカーレット・ヨハンソンを起用しているが、今のところ、この当代きってのセックス・シンボルとの浮いた噂は聞かない。この点でも、父のDNAに過剰な期待(?)を抱くのは見当違いということらしい。(ル・ジュスティシエ)

【参考資料】
リュリュ・ゲンズブール インタビュー(lesinrocks.com)
http://www.lesinrocks.com/musique/musique-article/t/68511/date/2011-08-02/article/from-lulu-to-gainsbourg-entretien-dun-heritier-doue/

【リンク】
リュリュ・ゲンズブール公式ウェブサイト
http://lulugainsbourg.artiste.universalmusic.fr/

欧州連合(EU)では昨年、27カ国合計で3万700人が交通事故で亡くなった。ちなみに日本は4863人だった。人口10万人あたりで比べても、日本の3.79人に対し、EUは6.14人と死亡事故の多さが際立つ。ただしこれでも20年間で大幅に改善している。1990年には7万人を超えていた。

EUが域内全体の政策として交通事故対策に取り組んできたのが奏功している。2005年には、欧州委員会のイニシアチブで欧州交通安全憲章が策定され、各国の地方自治体や企業、市民団体、研究機関など2000以上の団体が調印した。ただし、国によって成果にばらつきはある。大まかに言って、「優等生」の国は北半分と西半分に偏り、南半分と東半分に「劣等生」が多い。ギリシャはここでも問題児だ。

フランスはというと、スペインよりはマシだが、ドイツには劣る。可もなく不可もなし、という程度か。そんなフランスで先頃、交通違反に関する珍ニュースが話題になった。「事件」は10月の半ば、ブルターニュ地方に住むジルさんが、遅めのバカンスから戻ったときに発覚した。不在中に郵便物がたまるのはよくあることだが、今回は尋常じゃない。郵便受けを埋め尽くしていたのは、大量の交通違反通知だった。なんとその数143通。 

たしかにジルさんは9月、検問に引っかかり、車に非常用ベストと三角停止表示板を装備していなかったことで、違反キップを切られた。どちらもフランスでは2008年以来、緊急停車の際に着用、表示が義務付けられている。

© Le site de la Sécurité Routière 「黄色で醜く、どんな服とも合わないが、あなたの命を救うかもしれない」 有名デザイナー、カール・ラガーフェルドも非常用ベストの装備を義務づける法改正の広報に一役買った(2008年フランス政府のポスター)。

 罰金は1件90ユーロ。143回犯したとすれば、1万2870ユーロ(約140万円)に上る。しかし実際にジルさんが犯した違反はたった1回にすぎない。そのことは通知に記載された違反の名目、時刻、場所がすべて同一であることからも明らかだ。つまりは警察のコンピュータの処理ミス。ジルさんはさっそく抗議の電話を入れた。

警察の回答はこうだ。「違反がなかったと主張される場合はですねえ、異議申し立ての手紙を書留で送ってもらうのが決まりです。それぞれ処理番号が違いますから、1件ごとに提出してください。1通は間違ってませんから、142通ですね」。何というお役所的な対応!手間もかかるが、郵便代だって馬鹿にならないではないか!

騒ぎを知った隣人が、テレビ局TF1のホームページを通じ、メールで「事件」を「通報」。さっそく取材班がやってきて、一部始終を昼のニュースで報じた。やはりテレビの力は偉大なり。すぐさま県庁から本人に、罰金は「すべて取り消した」と連絡があったという。「すべて」、つまり実際に犯した違反も含めてだ。

すったもんだの末ではあったが、ジルさんにすれば違反の帳消しというハッピーエンド。しかし、これだけ肝を冷やしたのだから、車に非常用ベストと三角停止表示板を積み忘れることはもう二度とあるまい。 
(ル・ジュスティシエ)

【参考資料】
●欧州連合の交通事故データベース(CARE)
http://ec.europa.eu/transport/road_safety/specialist/statistics/care_reports_graphics/index_en.htm

●日本:警察庁交通局の統計
http://www.npa.go.jp/toukei/index.htm#koutsuu

国連気候変動枠組条約締約国会議(COP17)が11月下旬から南アフリカで開催される。2年前の2009年はデンマークで開催され、京都議定書後の合意に向けた討議で注目されたが、このCOP15と時期を合わせ、コペンハーゲン郊外のルイジアナ現代美術館で、「将来に向けたグリーン建築」と題して展覧会が開催されていた。持続可能な発展のためのユニークなアイデアが都市、気候、エネルギー代謝といった視点から紹介された。

この中に、フランスで活躍する建築家フィリップ・ラーム氏の手掛けた「大気中の家」という実験がある。これは、家の中を平面ではなく、気象情報のように高低ある大気圏で捉えて設計を考えたもの。温かい空気が天井まで上昇し、冷たい空気が足下に下がるのであれば、温かい温度が必要な部屋(たとえば浴室)を高めの位置に、低い温度でもよい部屋(台所など)を低い位置に置けばよい。家の中で大気を区切らない作りにすれば、室温調節は少なくて済むのだ。

2011年9月26日から東京で世界建築会議(UIA2011)が開かれた。この公開プログラムの中でラーム氏自らこの考え方を説明し、参加した建築家を始め、学生ほか一般聴衆の注目を集めていたので、改めてここで紹介したい。 (みかん)

欧州サッカーの新しいシーズンが開幕を迎えた。今年のような奇数年はW杯も欧州選手権も開催されず、「サッカーホリック」にとっては物足りない夏だったろう。そんなときは過去の試合の映像で満足するしかないのだが、フランス人にとって一番のお気に入りと言えばやはり98年W杯の決勝戦だ。

フランスのサッカーチャンネルは夏になると、相変わらず強豪ブラジルを倒して世界の頂点に登りつめた、あの「栄光のシーン」を流し続ける。しかし何と言っても13年前の出来事。昨日のことのように思い出せる鮮烈な記憶ではあるにせよ、年々「懐かしの名場面」という感じが強まっていくのは時間の必然だ。

何しろ、あのときピッチを駆け回っていたヒーローたちは、ほとんどが現役を退き、監督やコーチ、解説者などに転身している。わずかに残る現役組だったパトリック・ヴィエラ(35)も昨シーズン限りでユニフォームを脱ぎ、ロベール・ピレス(37)は現役続行に意欲を燃やすものの、英アストンヴィラとの契約が切れて新しい所属先が見つからず、事実上の引退を迫られている。

ティエリ・アンリ(34)も米国リーグにプレーの場を求め、第一線から退いている。そして今シーズンに入り、98年当時チーム最年少だったダヴィッド・トレゼゲ(33)もスペイン・リーグからアラブ首長国連邦(UAE)リーグへと「都落ち」。ついに欧州で活躍する「98年組」は誰もいなくなった。

時代の移り変わりをさらに印象付ける出来事がもうひとつ。「98年組」きってのスター、ジネディーヌ・ジダン(39)の長男・エンゾくん(16)が9月6日、プロチームの練習に参加した。幼いころから父が在籍していた名門レアル・マドリーのユース・チームでプレーしてきたが、トップ・チームに合流するのは今回が初めて。父ジダンも息子の応援に駆けつけた。

現在U-17チームで父と同じ背番号10をつけ、司令塔として活躍するエンゾくん。メディアが本格的に騒ぎ出したのは昨年の今ごろだった。それまでレアル・ユースの選手リストになかった「ジダン」の名が突如として登場したためだ。それ以前は、目立ちすぎるのを避けて、母方の姓フェルナンデスで登録していたという。

「ジダンに生き写し」と成長が待たれた天才少年ももう16歳。まだ少し華奢だが、上背はクリスティアーノ・ロナウド(186センチ)と並ぶくらいに見える。プロデビューの日はそう遠くない。もっと早く実現しそうなのは、ユース代表デビューだろう。ただしこの場合、フランスあるいはスペインのいずれかを選ばなくてはならない。

エンゾくんはフランス・ボルドー生まれとはいえ、マドリードで育って10年。母親のヴェロニクさんもフランス生まれだがスペイン系。父ジダンも「五分五分」と語っており、どちらに転がるかわからない。仮にスペイン代表チームに「ジダン・背番号10」が誕生するとなれば、フランス人にとっては大きなショックだ。(ジダニーニョ)

(cc:Stefo)フランスの「国民的英雄」ジネディーヌ・ジダンの特大ポスター

【リンク】
レアル・マドリーの公式ホームページ
http://www.realmadrid.jp/news/2011/09/news_27435.html

6月14日から8月21日にかけて、三菱一号館美術館(東京・丸の内)で「もてなす悦び展」が開催された。この展示会は、19世紀末のロンドン、パリ、ニューヨークで人気を博した日本の陶器、漆器などいわゆる美術工芸品を、時代背景と共に紹介するもので、その当時の欧米における「ジャポニスム」旋風を肌で感じることができた。

大学のゼミで「18世紀末イギリスの産業革命」を専攻したこともあり、この時代については、以前から興味があった。卒業論文も、イギリスにおける紅茶文化の普及とジョサイア・ウェッジウッド(イギリス最大の陶器メーカー「ウェッジウッド社」の創設者)の偉業について取り上げたので、基礎知識は十分持ち合わせて展覧会に挑んだつもりだった。しかし、この頃の欧米では、現代の日本の漫画・アニメにも通ずる「日本ブーム」が芸術面で既に開花していたという事実は、新たな発見であり、驚きでもあった。

そもそも、ヨーロッパに紅茶文化が普及し始めたのは、オランダ東インド会社が17世紀初頭に設立され、アジア諸国へ進出したことが大きく影響しているといわれている。肥前、伊万里といった日本の陶器は、それぞれ17世紀後半、18世紀初頭にオランダへ輸出されている。その後、19世紀初頭には、インドで新種の茶樹・アッサム種が発見され、インド・スリランカでの紅茶の栽培が開始。そうしてヨーロッパの紅茶消費量は一気に加速する。ほどなく、上流階級の嗜好品だった紅茶は、労働者階級といった中産階級層にも広まり、産業革命時代には、紅茶は黄金期を迎えるのである。

というのが、少ないながらの私の基礎知識であるが、注目すべきは、中産階級層に紅茶文化が広まったという事実である。「もてなす悦び展」では、実にさまざまな茶器を展示していたが、その頃の大衆文化において、茶器の芸術をたしなむ余裕というものが感じられる。産業革命下において、一般庶民にも裕福とはいえないが、一定の生活水準が保たれるようになり、「美しいものを愛でる」という感覚が生まれてきたのである。

日本の茶器の絵柄に、欧米の人々は魅了された。ティファニー・スタジオが、朝顔柄のガラス工芸品を発表。瞬く間に欧米において「朝顔ブーム」が巻き起こる。その後もファン・パターンといわれる扇の絵柄を真似たり、蜻蛉、蝶、桜、竹、紅葉、ひょうたんといった日本独特の絵柄を、ロイヤル・ウースター社、ウェッジウッド社、ミントン社などが競って自社製品に採用した。

「日本ブーム」に火をつけたのは、19世紀中頃、ロンドン、パリなどで開かれた万国博覧会の影響が大きいといわれる。いわば「日本を欧米の大衆にアピール」する絶好の機会が与えられたのである。

このようにして、日本と欧米の芸術的価値というものがひとつとなった瞬間を、陶器を通して感じることができたことも大きな収穫だった。そしてまたひとつ、大好きな茶器と紅茶文化の知識が膨らんだような気がする。(さくら)

[URL]
三菱一号館美術館「もてなす悦び展」(会期:6月14日~8月21日)
http://mimt.jp/omotenashi/

フランスといえばパン。一般的なフランスの朝ごはんは、やっぱりフランスパンです。もっともアチラではフランスパンなどとは呼びません。日本でいうフランスパンはバゲット(baguette=棒)といいます。

フランス人の朝食はクロワッサンというイメージが強いかもしれませんが、実はバゲット派が多いのです。何しろクロワッサンは中身がスカスカなくせにバゲット1本と同じか、それ以上の値段(1ユーロ前後)。ちなみに本場のバゲットは日本のフランスパンの1.5倍はあり、中身もぎっしり詰まっています。

さて、そんなバゲットをめぐり、フランスも変わりつつあるなあ、と感じさせる話題を2つほど。いずれもル・フィガロ紙が報じています。

まずはこの夏、パリにバゲットの自動販売機が登場したとのお話。機械には10分間「半焼き」したバゲット120本が冷蔵されており、1ユーロを投入すると加熱がスタート、3分ほど待つとこんがり焼きたて風に仕上がったバゲットが出てくる、という仕掛けだそうです。

しかし、パリならそこら中にパン屋があり、朝6時には焼きたてのパンが食べられるというのに…。たしかに夜8時には店じまい、というパン屋さんがほとんどなので、夜型人間にとっては助かるのかも。

もうひとつは、ファーストフードのマクドナルドが、バゲットをベースにした商品を発売するという話題。まずは9月から、朝メニューでバゲットにバターとジャム、というフランスの朝食定番の「タルティーヌ」を発売するそうです。次いで来年の上半期には、ハンバーガーと同列の新商品を投入。バゲットに何をはさむかはまだわかりません。

フランス人の主食バゲット

ちなみにフランスでマクドナルドというと、好きな人もいれば、「フランスの食文化を破壊する」として目の敵にする人もいる。1999年には「農民同盟」が、南仏のミヨーに建設中だったマクドナルドの店舗を破壊して話題になりました。EUが米国のホルモン肥育牛肉の輸入を禁止したことを受け、米国がフランス産ロックフォールチーズに対する関税で報復したことへの抗議でした。このときリーダーのジョゼ・ボヴェ氏が逮捕され、その後も収監と釈放を繰り返すのですが、そのボヴェ氏もいまは欧州議会の議員です。

おっと話がそれました。調査会社のジラ・コンセイユによると、フランス人のサンドイッチ消費量はハンバーガーの9倍だそうです。そしてサンドイッチの中でもバゲットを使ったものが売り上げの6割を占めるといいます。マクドナルドがバゲットのサンドイッチを売り出すとなれば、パン屋さんの商売にも影響しそう。「マック・バゲット」(勝手に命名)の納入業者は、日本でもおなじみのチェーン店「ポール」の親会社というからなかなかの強敵です。(ル・ジュスティシエ)

ロンドンで6日夜に発生し、バーミンガムやリバプール、マンチェスターにまで拡大した若者の暴動。フランス人なら誰しも、全国の都市郊外に暴力が吹き荒れた2005年11月を思い出さずにはいられない。

このときも、発端は警官に追われた移民家庭出身の若者が死亡する事件だった。暴動はパリ郊外ではじまり、やがて地方都市の郊外へと飛び火。おもに路上に駐車した自動車が放火のターゲットにされ、9000台以上が燃やされた。沈静化するまでにほぼ3週間を要したが、警察が「平常通り」と宣言した夜に放火された車の数は98台だった。つまり、一晩に百台くらいの自動車に火がつけられるのは「日常」だったのだ。 

 当時は、海外のメディアがこぞってフランスの都市郊外の「ゲットー化」を指摘した。お隣のイギリスも同様で、そのときはフランスと比較して、自国の移民統合政策が成功していることを暗に誇るような書き方もあった。

古くからイギリスに対抗心を抱くフランスだけに、今回はメディアもここぞとばかりに反撃するのだろうかと思い、ル・モンド紙の社説を見てみた。

同紙は、暴力の急激な連鎖反応という「見かけは似ている」が、背景は「まったく同じとは言えない」と指摘する。フランスでは郊外のもっとも荒廃が進んだ地区で若者が暴発したのに対し、今回のイギリスの場合は、多様な民族、社会階層の住民が混在する地区だった。貧困層と富裕層が共生≪しているかのように見えた≫地区で、格差という現実が「残酷なまでに白日の下にさらされた」のが今回の事件だったというわけだ。

もちろん2つの暴動には、共通の根がある。どちらも「社会の落ちこぼれ」の反逆であり、その≪社会≫とは、もはや彼らに居場所も未来も与えることができなくなっている。家庭、学校、社会から見放された彼らに、「失うものなど何もない」のだ。

そしてル・モンドは、2つの国の政府がとった対応も同様に場当たり的、と嘆く。政治家たちは「法と秩序を守る」ことばかりを優先した。少なくともそのようなレトリックを用いた。「これは単に若者の非行問題のエスカレートである」と片付け、治安の強化に邁進するならば、問題の根を取り除いたことにはならない。暴動から6年近くを経て、いまなお状況に大きな改善が見られないフランスならではの指摘と言えるだろう。
(ル・ジュスティシエ)

〔CC : A.J.〕 2005年11月2日深夜から3日未明にかけて放火された自動車(パリ郊外セーヴル市)

 

【参考記事】
Le Monde, « Tottenham-Clichy, les révoltés du “no future” »


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

May 2017
M T W T F S S
« Jan    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Blog Stats

  • 273,919 hits

Top Clicks