こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘grape

日本は2011年の夏真っ盛りだが、ヨーロッパは8月後半になるとそろそろ秋の気配が漂ってくる。秋が近づくとぶどう(もちろんワイン用の!)の収穫が気になり始める人もいるかもしれない。そんな人に朗報だ。

仏メディアRFIによれば、「今年のぶどうは豊作!」との嬉しい予想だ。
今年のぶどうは量・質ともに非常に期待できるらしい。主な原因は春の平年以上の乾燥と7月の大雨。異常気象がもたらした恩恵ともいえる。予想収穫量は昨年を上回る。

しかも量だけではなく、春の乾燥した気候と7月中下旬の涼しい気候により、ぶどうの成熟度も高い。ぶどうの「成熟度検査」の第1回は例年8月5日~10日に行われるが、今年は早めの7月25日に実施された。

ワイン用ぶどう種であるシャルドネ(Chardonnay)やソーヴィニョン(Sauvignon)の収穫は8月中旬には始まる。収穫も例年よりも10~30日も早い。一般的には、大収穫の年はぶどうの品質も良くなると専門家は指摘する。2009年の〝大豊作〟には及ばないものの、ワインの製造年としての期待度が非常に高い。
将来、日本のワイン愛飲家たちが「2011年物」と聞いて目を輝かせる日が来るかもしれない。(じょぎんぐまん)

参考記事(仏メディアRFI)
http://www.rfi.fr/france/20110802-vendanges-2011-s-annoncent-genereuses-precoces

Advertisements

朝仕度の最中、テレビから「山梨県のワイナリーが、EU向け甲州ワインを国内で販売するためのプロジェクトチームを結成」というニュース(NHKニュース「おはよう日本」2011年7月27日放送)が流れたので、手を止めて画面を見入ってしまった。
「ヨーロッパで活躍中の日本のワインが国内でも飲める?!」と強い興味を覚え、さっそくプロジェクトチームの一員であるアルプスワイン株式会社の前島純さんに話を伺った。

このプロジェクトチームは、山梨県のワイナリー5社(アルプスワイン株式会社、勝沼醸造株式会社、白百合醸造株式会社、本坊酒造株式会社、大和葡萄酒株式会社)からなる。5社は甲州ワインを世界に広めようと同県内のワイナリーで結成されたKOJ(Koshu of Japan)の新旧メンバー。KOJでは、甲州ワインのEU諸国での販売を目指す3年プロジェクトを実行中で、2年連続でロンドンで試飲会を開くなど精力的に活動している(2012年が最終年)。

EUで(域外の)外国産ワインを販売するには幾つものハードルをクリアしなければならない。そのうちの一つが、ワインに使用するぶどうである。2010年4月、「甲州」ぶどう(甲州ワインの原料)がワイン用ぶどうとして世界レベルで認定され、国際登録された。喜びで沸くKOJは、EUへの売り込みに一層情熱を燃やしている。
かねてから「EU向けのワインを日本でも飲みたい」との要望や問い合わせが来ていたが、2011年3月、上記の5社が国内販売に立ち上がった。このたび県の審査も通ったので、メディアなどへのPRも本格化させたとのことである。

EUと日本ではワインラベルの必要記載項目がかなり異なる。「表示に関しては、日本の法律もクリアしなければなりません。できればEU仕様のものを基調にしたラベルを使いたいですね」と前島さん。EUスタイルのラベルならば、輸入ワインの感覚も楽しめそうだ。

プロジェクトチームは8月~9月半ばの国内販売を目指している。EU諸国に〝同時販売〝されている甲州ワインが日本で飲める日が来るのが待ち遠しい。(じょぎんぐまん)

 甲州ワインに関する過去の記事(酒バラさん)


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 303,244 hits

Top Clicks

Advertisements