こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Katyn

ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督の映画「地下水道」は、ナチスドイツの占領下に立ち上がったパルチザンの悲劇を描いた作品だ。暗闇の下水道の中を逃げ惑う彼らが、最後に探し出した川に繋がる出口は鉄条網で封鎖されており、未来への絶望感を感じさせるそのワンシーンは、数十年たった今でも鮮烈な記憶として残っている。そのワイダ監督が「カティンの森」という最新作を発表した。

1939年、ポーランドはドイツとソ連の両方向から侵略され、ポーランド軍はソ連軍よって武装解除させられる。同軍将兵一万人以上はソ連領内に連行され、翌年、スモレンスク郊外カティンの森で秘密裏に殺害されたのだ。スターリンの命によるもので、将来、彼ら将兵がソ連のポーランド占領の障りになることを恐れた措置だった。

実は、殺害された将校の中に、ワイダ監督の実父も入っていた。つまり、カティンの悲劇を再現したこの映画は、監督自身の体験が色濃く織り込まれている。ワイダ氏は、あるインタビューで、「母親は、父親との別れの時に、金属製のお守りを手渡していた。ずっとその死を知らずに帰りを待っていた」と、生々しい記憶を語った。

皮肉にも、ドイツのソ連侵攻により、両国の不可侵条約は反古にされ、カティンの虐殺はナチスの手によって暴かれた。しかし、ドイツを倒して、戦後ポーランドを属国化したソ連は虐殺の事実を認めようとせず、共産政権になったポーランド指導部も「この事件はナチスによるもの」として、取り合わなかった。

ソ連崩壊後の1992年にロシア政府は、カティンの森に限らず、ポーランド将兵2万2000人弱を数か所で虐殺したことを正式に認めた。ワイダ監督は、「ソ連がやったことを早くから知っていた。ただ、(ソ連の衛星国であったために)40年間、映画で取り上げることはできなかった。権力によって事実が曲げられるようでは、自滅の道をたどるしかない」と、むしろ事実を明らかにできなかった自国の過去を嘆いた。人間の尊厳を追及したワイダ氏の集大成と言うべき映画だ。(日暮らし)

http://www.k4.dion.ne.jp/~skipio/21essay2/Katin-Waida.htm
http://eiga.com/buzz/20091204/25/

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

September 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Blog Stats

  • 303,080 hits

Top Clicks

  • None
Advertisements