こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘King Albert II

7月21日はベルギー国民の祝賀日である。今から180年前の1831年、ベルギー初代国王レオポルド一世が出来たてホヤホヤのベルギー国憲法の下で就任宣誓を行った。毎年この日には軍事パレードが行われ、盛大に祝われる。

この前日にはベルギー国王アルベール二世による毎年恒例のテレビ演説が行われる。しかし、今年の国王の演説はいつもと明らかに違った。
「この祝賀日に皆さんと新しい内閣(閣僚)の就任宣誓が聞けることを楽しみにしていた。残念ながら(組閣交渉は)まだ全然進んでいない。嘆かわしいことだ」と厳しい口調で述べたかと思うと、「政治家たちは妥協をしなきゃダメだ!」と1年以上も組閣交渉に手間取っている彼らに喝を入れた。

地元メディアは「国王は怒っている!」と驚き、隣国オランダでもこの様子がメディアで大きく取り上げられた。ベルギーでは昨年6月の総選挙の結果を反映した新内閣がいまだに誕生せず、内閣不在期間はついに400日を超えた。地元の識者によれば、公の場で国王がここまで怒ったのは初めてとのことだ。

新内閣が誕生しないのは言うまでもなく、主要政党間の組閣交渉が難航しているからである。その最大の原因はオランダ語話者(国民の約6割)、フランス語話者(同約4割)から構成されるベルギー(注)の抱える言語対立にあるのだが、それについては機会を見つけて書きたい。(じょぎんぐまん)

(注)ベルギー東部にドイツ語話者約7万人(フランス語とバイリンガル)が住んでいる。ベルギーの公用語はオランダ語、フランス語、ドイツ語。

関連記事
(1)ベルギー・オランダ語公営放送(VRT)ニュース
http://www.deredactie.be/cm/vrtnieuws/binnenland/110720_toespraak_koning

(2)ベルギー・フランス語公営放送(RTBF)ニュース
http://www.rtbf.be/info/belgique/detail_21-juillet-le-roi-hausse-le-ton?id=6481543

Advertisements

EU加盟国27か国の中で国王のいる国は幾つあるかご存知だろうか。
実は、国王(女王)がいる国は意外に少なく、ベルギー、デンマーク、オランダ、スペイン、スウェーデンと英国の6か国だけである。一口に王室と言っても成り立ちはそれぞれ異なり、たとえばオランダでは独立戦争の際に諸侯の中で最も信望のあったオレンジ家が国王となり、ベルギーの場合は周囲の列強のおもわくで、ドイツから招かれたザクセン・コブルク家がベルギー王室となった。

上記の各国の王は実質的な政治上の権力はもたない(立憲君主制)。にもかかわらず、ベルギーのアルベール2世国王は、ここ3年間、政治のせいで気の休まらない状況にある。2007年春に行われた総選挙後の組閣交渉(複数の政党間で連立政権を発足するための交渉)が194日間まとまらず、その年の夏、国王は、交渉の頓挫を理由に辞意を表明した組閣担当者(現ベルギー首相)に対し「続けたまえ」と促した。その翌08年秋には、司法介入疑惑の渦中にあった首相から「やめたい」と言われ、「まあ待て」となだめた。そして、昨年6月の前倒し選挙後の組閣交渉がまたしても長引き(二百日を超え、最長記録を更新)、先日、組閣の調停役の元オランダ語系社会党党首から「やめたい」と言われ、これを慰留している。

アルベール2世国王は76歳と高齢であり健康上の不安も抱えているが、ベルギーの政治安定に向けて是非とも頑張ってもらいたいものだ。(じょぎんぐまん)

ベルギー王室
http://www.monarchie.be/en
ベルギー連邦ポータルサイト
http://www.belgium.be/en/
いずれも英語版で、オランダ語・仏語・独語版(ベルギーの公用語3か国語)もある。


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

August 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Blog Stats

  • 302,249 hits
Advertisements