こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘language issue

7月21日はベルギー国民の祝賀日である。今から180年前の1831年、ベルギー初代国王レオポルド一世が出来たてホヤホヤのベルギー国憲法の下で就任宣誓を行った。毎年この日には軍事パレードが行われ、盛大に祝われる。

この前日にはベルギー国王アルベール二世による毎年恒例のテレビ演説が行われる。しかし、今年の国王の演説はいつもと明らかに違った。
「この祝賀日に皆さんと新しい内閣(閣僚)の就任宣誓が聞けることを楽しみにしていた。残念ながら(組閣交渉は)まだ全然進んでいない。嘆かわしいことだ」と厳しい口調で述べたかと思うと、「政治家たちは妥協をしなきゃダメだ!」と1年以上も組閣交渉に手間取っている彼らに喝を入れた。

地元メディアは「国王は怒っている!」と驚き、隣国オランダでもこの様子がメディアで大きく取り上げられた。ベルギーでは昨年6月の総選挙の結果を反映した新内閣がいまだに誕生せず、内閣不在期間はついに400日を超えた。地元の識者によれば、公の場で国王がここまで怒ったのは初めてとのことだ。

新内閣が誕生しないのは言うまでもなく、主要政党間の組閣交渉が難航しているからである。その最大の原因はオランダ語話者(国民の約6割)、フランス語話者(同約4割)から構成されるベルギー(注)の抱える言語対立にあるのだが、それについては機会を見つけて書きたい。(じょぎんぐまん)

(注)ベルギー東部にドイツ語話者約7万人(フランス語とバイリンガル)が住んでいる。ベルギーの公用語はオランダ語、フランス語、ドイツ語。

関連記事
(1)ベルギー・オランダ語公営放送(VRT)ニュース
http://www.deredactie.be/cm/vrtnieuws/binnenland/110720_toespraak_koning

(2)ベルギー・フランス語公営放送(RTBF)ニュース
http://www.rtbf.be/info/belgique/detail_21-juillet-le-roi-hausse-le-ton?id=6481543

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

August 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Blog Stats

  • 302,249 hits
Advertisements