こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘movie

デンマーク映画界の鬼才で「ドグマ95」の創設メンバーでもあるトマス・ヴィンターベア(Thomas Vinterberg)監督の最新作『光のほうへ(Submarino』を先日鑑賞した。

この映画は、福祉先進国で国民幸福度第一位の国として知られるデンマークの「闇」を映し出した作品となっている。主人公はシングルマザーの家庭で育った兄弟。二人にはまだ生まれて間もない末の弟がいた。母親はアルコール依存症で、育児を放棄し定職にもつかず、文字通り家は荒れ放題だった。そんな母親に代わって、幼い弟に粉ミルクを飲ませるなど献身的に世話をする兄弟。だがある日、二人が目を離した数時間の間に、赤ん坊はベットの上で突然息をひきとってしまう。

十数年後、大人になった兄弟は、お互い連絡も取らず、それぞれ別の場所で生活をしていた。兄は刑務所から出所したばかりで、臨時宿泊施設に住み、ただひたすら体を鍛える日々を送っていた。一方弟は、男一人で息子を育てているのだが、薬物依存から抜け出せずにやがて深みにはまっていく…

幼い頃に起きた事件を封印するかのように、兄弟は互いに接触することを拒み、過去から目をそらす。その痛々しい姿が全編を通して伝わってくる。

コペンハーゲンの郊外に聳え立つグルントヴィークス教会

OECD加盟国の中でも貧困率は最も低く、貧富格差も少ないデンマークだが、この映画のように、「アルコール依存症」や「虐待・暴力」といった「社会の闇」に真っ向勝負した作品が多いのは、ある意味デンマーク映画の特徴と言っていいだろう。実際、私が昨年の夏、デンマークのコペンハーゲンを訪れた時も、「幸福な国」という先入観があったため目に入らなかったからなのか、街全体を見渡しても、貧困層が住むような地域があるようには見受けられなかった。

しかし一般の人々の様子を観察すると、そこまで裕福といった感じはなく、街行く人の表情からは「幸せいっぱい」といった明るい印象はあまり伝わってこなかった。むしろ、終始「無表情だった」といったほうが表現としては当てはまるのかもしれない。

とは言うものの、あくまでもこれは私の主観であるため、見る人によっては、それでも「世界一幸福な国」に映るのかもしれない。しかし、国内外の社会問題を真正面から取り上げ、その解決のために、自分たちはどう向き合うべきかを常に問いつづけるのがデンマーク人の特徴でもあると感じた。またそれは「幸福」の裏で隠れてしまいがちな天井のアーチが連なる独特の内装「闇」をあえてしっかりと見つめていこうとしている現われでもある。そういった常に社会に警鐘を鳴らし続けていく姿勢も、実はデンマーク人の国民性だったりする。

 余談ではあるが、映画のラストに出てきた教会は、昨年、デンマークの旅行中に出会った建物の中でも特に印象に残っている教会だ。実際足を踏み入れてみたのだが、とても厳粛な気持ちになれたし、心地よい光に包まれ、不思議と心が落ち着いていく感覚を覚えた。映画のラストシーンにふさわしい場所だと、妙に納得してしまった。(さくら)

Advertisements
  • In: Art | movie
  • Comments Off on カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』を鑑賞して Who Determines Your Life?: Review of the Movie Never Let Me Go

ブッカー賞作家カズオ・イシグロの同名小説を映画化した『わたしを離さないで』(原題:“Never Let Me Go”)を鑑賞した。カズオ・イシグロは、1954年に長崎県で生まれ、5歳の時に英国に移住。今回の映画化にあたっては、みずからもエグゼクティブ・プロデューサーとして参加した。

物語は、28歳の介護人のキャシーの回想を通して語られる。キャシー、ルース、トミーの幼なじみ3人の関係性から、幼い頃に育った寄宿学校ヘールシャムでの奇妙な生活、離れ離れになったあとの10年ぶりの3人の再会…。

緑豊かなヘールシャムでの暮らしは、閉鎖的でありながらも、子どもたちは徹底的な健康管理を受け、絵や詩の創作に励んだ日々を送っている。腕にはセンサーが埋め込まれたバンドをはめ、施設から外に出るときは、特殊な機械にそのバンドを通す。そうやって終始監視されている状態だ。学校の敷地には境界線が張り巡らされ、そこから出ることは許されず、外界からは完全に隔離されている。

そんなヘールシャムでの生活を、子どもたちは誰一人として違和感や不信感を抱かずに過ごしている。まるで機械のように、淡々と、冷静にその状況を受け入れているのが印象的だ。心の奥では、外の世界に夢馳せているにもかかわらず…。

やがて思春期を迎える3人だが、ルースとトミーが恋人同士となり、その3人が同じコテージで過ごすことになる。トミーに想いを寄せるキャシーだが、2人の仲をただ黙って見守ることしかできなかった。やがてキャシーは、「介護人」を志願し、コテージを去る。

物語の途中で、彼らはみずからの運命を知ることとなるが、その際も動揺すらせず、ただ黙ってその運命を受け入れるのだった。そこに人間的感情はないように映る。人は、誰もが「自分の人生」を歩むものであると当然のことのように感じてしまいがちだが、ヘールシャムで育った子どもたちの場合は、運命はすでに決定づけられ、みずからの生命は他の者のためにあるという現実を突きつけられているのだ。

主人公キャシーの最後の言葉がとても印象的だった。その投げかけがこの作品のテーマにもなっているように思う。人生を選択できる者として、今をどう生きるか。少し重いテーマではあるが、生き方を見つめなおす良い機会となるであろう。(さくら)

『わたしを離さないで』(3月26日公開)
http://movies.foxjapan.com/watahana/

ロンドンを舞台に繰り広げられる、ちょっと心温まる映画を観ました。『新しい人生のはじめかた』です。イギリス映画で、監督と脚本は、イギリスの新生、ジョエル・ホプキンス氏。

離婚歴があるニューヨーク在住のCM作曲家(ダスティン・ホフマン)と、統計局に所属しロンドンの空港でアンケート調査の仕事をしている40歳の独身女性(エマ・トンプソン)のラブストーリーです。日々の生活に孤独を感じながら過ごしてる二人ですが、ある日、ロンドンで出会い、少しずつ心の交流が始まります。

二人が散歩をしながら話をするシーンがたくさんでてきますが、その背景には、秋のロンドンの美しい景色が見られます。また、結婚式と披露宴のシーンもあり、イギリス式(アメリカ式)のものが見られて興味深いです。(日本の披露宴でもよくみられるのと同じように雛段がありました。日本の披露宴のやり方はイギリスなどから影響を受けているのですね。)

妻と離婚し、子どもたちとも別れた後、自分の居場所を失った主人公の孤独感や、年齢を重ねるごとに恋愛をして傷つくことに対する恐れの気持ちを感じるヒロインの複雑な心の動きなどがよく描写されています。一歩踏み出して他者と接する勇気がほしい時にオススメの映画です。(パクチー)

『新しい人生のはじめかた』公式HP
http://hajimekata.jp/

ロンドン観光局
http://www.visitlondon.com/jp/

イタリアといえば、数々の映画の舞台となっている国。「ローマの休日」のローマをはじめ、映画の舞台を訪ねる観光スポットがたくさんあります。そんな中でも、とくにお薦めしたいのは、名画の宝庫ともいえるシチリア島。「ゴッドファーザー」シリーズ、「ニュー・シネマ・パラダイス」、「グラン・ブルー」、「イル・ポスティーノ」、「マレーナ」など、どこかしらいつまでも心の片隅に残っている映画ではないでしょうか。

豪壮な大地や包み込むような海。そして、多くの文化が融合したシチリア独自の文化は、イタリア本土とはまた違う懐古的な趣で旅人を癒してくれます。ガイドさんの旗をめざして名所旧跡を周る旅行をひとまずおいて、お気に入りの名画に映し出された土地を足の向くまま訪れてみる旅はいかがでしょうか?

どうしても世界遺産は外せないというあなた。地中海文明の中心に位置するシチリア島は、紀元前より3000年に渡り、ギリシア、ローマ、イスラム、ノルマンそして現在に至る地中海の十字路とも言えるほど多くの文化遺跡と数々の歴史に彩られています。

せかせかと、毎日忙しい生活の中では見つけづらい、映画のような素敵なお話が土色の細道の先に用意されているかもしれませんよ。さあ、あなたもヒロインのような世界を味わってみては?(soma)

地中海の旅案内
http://www.lotti.jp/index.php?itemid=538


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

December 2017
M T W T F S S
« Jan    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Blog Stats

  • 284,432 hits