こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘movies

  • In: Country | Denmark | movie | society
  • Comments Off on デンマーク映画『未来を生きる君たちへ』 Danish Film “In a Better World” Looks at How We Can Live Without Hatred

今年2月におこなわれた第83回アカデミー賞授賞式で、外国語映画賞を受賞した、デンマーク映画『未来を生きる君たちへ(In a Better World)』が、日本でもこの夏公開される予定だ。

以前、筆者のブログでも紹介したが、監督は、『アフター・ウェディング(After the Wedding)』(2007)や『しあわせな孤独(Open Hearts)』(2002)など、国内外で多くの賞を受賞しているスザンネ・ビア。今回も、現代社会に渦巻く「善」と「悪」という微妙な境界線を通して、その先に見える本質とは何かを、観客に投げかける作品となっているようだ。

ストーリーは、「暴力」と「復讐」(原題はスウェーデン語で「復讐 “Hævnen”」を意味する)がテーマとなっている。今、世界で起こっている戦争は、アフガニスタンにせよ、イラク戦争にせよ、「復讐」という2文字が根底にある。「復讐」は、また更なる「復讐」を生むだけということを知っていながら、人々は、いつの時代も復讐劇を繰り返す。

映画は、主人公の子どもが受けるいじめや、アフリカの難民キャンプに従事する医師の苦悩、また、家族間に生じた亀裂といった、複雑に絡み合った人間模様を軸に展開される。一見、それぞれの「復讐」には関連性がないように思えるが、たとえ小さな「復讐」であれ、それが積もり積もると、取り返しの付かない巨大な憎しみへと変わるという点に関しては、ある種の一貫性があるように思う。より良い世界を作るために、われわれはどんな選択をすればよいのか、この作品にはそんなヒントも隠されているに違いない。今から公開が楽しみだ。(さくら)

『未来を生きる君たちへ』(今夏公開予定)
http://www.mirai-ikiru.jp/

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

August 2019
M T W T F S S
« Jan    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Blog Stats

  • 302,249 hits
Advertisements