こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Paris

6月14日から8月21日にかけて、三菱一号館美術館(東京・丸の内)で「もてなす悦び展」が開催された。この展示会は、19世紀末のロンドン、パリ、ニューヨークで人気を博した日本の陶器、漆器などいわゆる美術工芸品を、時代背景と共に紹介するもので、その当時の欧米における「ジャポニスム」旋風を肌で感じることができた。

大学のゼミで「18世紀末イギリスの産業革命」を専攻したこともあり、この時代については、以前から興味があった。卒業論文も、イギリスにおける紅茶文化の普及とジョサイア・ウェッジウッド(イギリス最大の陶器メーカー「ウェッジウッド社」の創設者)の偉業について取り上げたので、基礎知識は十分持ち合わせて展覧会に挑んだつもりだった。しかし、この頃の欧米では、現代の日本の漫画・アニメにも通ずる「日本ブーム」が芸術面で既に開花していたという事実は、新たな発見であり、驚きでもあった。

そもそも、ヨーロッパに紅茶文化が普及し始めたのは、オランダ東インド会社が17世紀初頭に設立され、アジア諸国へ進出したことが大きく影響しているといわれている。肥前、伊万里といった日本の陶器は、それぞれ17世紀後半、18世紀初頭にオランダへ輸出されている。その後、19世紀初頭には、インドで新種の茶樹・アッサム種が発見され、インド・スリランカでの紅茶の栽培が開始。そうしてヨーロッパの紅茶消費量は一気に加速する。ほどなく、上流階級の嗜好品だった紅茶は、労働者階級といった中産階級層にも広まり、産業革命時代には、紅茶は黄金期を迎えるのである。

というのが、少ないながらの私の基礎知識であるが、注目すべきは、中産階級層に紅茶文化が広まったという事実である。「もてなす悦び展」では、実にさまざまな茶器を展示していたが、その頃の大衆文化において、茶器の芸術をたしなむ余裕というものが感じられる。産業革命下において、一般庶民にも裕福とはいえないが、一定の生活水準が保たれるようになり、「美しいものを愛でる」という感覚が生まれてきたのである。

日本の茶器の絵柄に、欧米の人々は魅了された。ティファニー・スタジオが、朝顔柄のガラス工芸品を発表。瞬く間に欧米において「朝顔ブーム」が巻き起こる。その後もファン・パターンといわれる扇の絵柄を真似たり、蜻蛉、蝶、桜、竹、紅葉、ひょうたんといった日本独特の絵柄を、ロイヤル・ウースター社、ウェッジウッド社、ミントン社などが競って自社製品に採用した。

「日本ブーム」に火をつけたのは、19世紀中頃、ロンドン、パリなどで開かれた万国博覧会の影響が大きいといわれる。いわば「日本を欧米の大衆にアピール」する絶好の機会が与えられたのである。

このようにして、日本と欧米の芸術的価値というものがひとつとなった瞬間を、陶器を通して感じることができたことも大きな収穫だった。そしてまたひとつ、大好きな茶器と紅茶文化の知識が膨らんだような気がする。(さくら)

[URL]
三菱一号館美術館「もてなす悦び展」(会期:6月14日~8月21日)
http://mimt.jp/omotenashi/

Advertisements

 一枚の絵が、世界の見方、見え方を変えてしまうことがある。
 箱根のポーラ美術館で出会った、アンリ・ルソーの《夕暮れの眺め、ポワン・デュ・ジュール》(1886年、個人蔵)も、そんな一枚だった。この絵を見てから、やたら空の描写が気になって、他のルソーの作品に関しても空の表情ばかりに目がいってしまった。
 この作品はルソー(1844-1910)初期の風景画だ。この絵が描かれた19世紀末、この界隈にはレストランやダンスホールが建ち始め、パリ市民たちの憩いの場として人気を集めつつあった。セーヌ川を行き交う船舶、散策する人々、高架鉄橋を走る機関車…、こうした光景はこの近くにあった税関に勤めていたルソーにとっては日常的なものだったに違いない。

 この場所に対する彼の愛情は、背景に描かれた空の表情からひしひしと伝わってくる。特にサーモンピンク色に染まった雲がいい。悠揚迫らぬ雰囲気でふわふわと漂い、駘蕩と言うべき和みを絵全体に与えている。対岸に見えるなだらかな稜線も雲の一部のようで、雲海の中からこの奇跡的な風景が突然視界に現れたような錯覚を覚えてしまう。そこには神話的な時間が静かに流れている。
 ルソーが評価されたのは死後のことだから、おそらく当時の彼は日曜画家として‘いじられ’ながらも、自分の見た光景の美しさだけを信じてキャンバスに向き合っていたに違いない。しかし正規の美術教育を受けていない彼の作品は、わずかな理解者を除いて誰からも見向きもされなかった。

 この絵の解説には、「19世紀後半に大衆に浸透していたパノラマ絵画を参考にした可能性がある」と書いてあった。しかしその後のルソーは、このような複数の点景を鏤める構図をしだいに控えるようになり、より自己流に視点を絞りこんでいくようになったそうだ。
 おそらく後世、彼の作品が大きく評価されるようになったのは、その自己流の視点のユニークさからだろう。この作品以降の風景画にはルソーとおぼしき人物が描かれ、彼の心象風景が絵そのものに浸透していく。そして後期の作品に向かうにつれて、そうした人物の助けを借りずに視点の独創性を発揮することに成功し、誰も到達し得ない表現の高みにまで登りつめて行くのだ。それは、熱帯の幻想を描いた《ライオンのいるジャングル》(1904年、ポーラ美術館)などの代表作を見れば明らかだ。
 そうしたことは十分に理解できるだが、しかし僕は、この夕暮れを描いた作品にとても強く惹かれてしまうのだ。それは、そこにはルソーという作家の押しつけがましさがまるで感じられないからだ。傍観者としてただ呆然と立ち尽くしているルソーがそこにはいるだけだ。(ロニ蔵)

ポーラ美術館の「アンリ・ルソー パリの空の下で」展は、3月13日まで開催中。このブログでは《夕暮れの眺め、ポワン・デュ・ジュール》(1886年、個人蔵)をご紹介できませんでしたが、実際にご覧になりたい方はポーラ美術館に是非とも行ってみてください。

《ライオンのいるジャングル》(1904年、ポーラ美術館)

10月1日、パリのオペラ地区にユニクロのパリ・オペラ店がオープンした。このエリアは、H&Mの旗艦店、ザラ、百貨店のギャラリー・ラファイエット本店、プランタン本店がずらりと並ぶファッション激戦区。しかし、オープンの滑り出しは好調。オープン3日目の土曜日には、オペラ座周辺から地下鉄の駅まで、ユニクロの袋を抱えた人たちで溢れかえり、オペラ座正面階段では、買ったばかりのユニクロの服に着替える人たちが大勢いたそうだ。

オープン記念商品としてユニクロが選んだのは、カシミアセーターとジーンズ。ユニクロが最も自信を持って販売する商品だ。これらを格安で販売。オープン後約3週間、カシミアセーターは、ウィメンズ全18色が39.90ユーロ(約5300円)、メンズ全19色が49.90ユーロ(約6700円)と、通常料金の約4割引き。旗艦店限定の良品質のジーンズは、ウィメンズ12色、メンズ10色で、いずれも9.90ユーロ(約1300円)と破格値。在庫が続く限り販売される予定。

しかし、立地はなんといっても世界のファッション中心地激戦区。競合店との競り合いも予想される。高品質で格安とはいえ、目が肥えたパリジャン・パリジェンヌたちをずっと惹きつけられるのだろうか。

実は、パリ・ユニクロには、もう一つ大きな武器がある。それは、徹底した日本流の接客。配属する販売員たちは、日本流の販売教育を受けている。しかも、マネージャークラスの販売員たちは、日本で新宿店のオープンまで体験し、日本の文化や習慣、接客方法を学んだ。

品質と安さは他社に追いつかれようと、日本の接客方法で差別化が図れる。レジまで1時間以上の長蛇の列ができたオープン当初も、満足そうに店を後にした客が多かったことはそんな日本流の対応が好感されたからかもしれない。

店員たちの爽やかな挨拶、丁寧な対応、欠かさない笑顔・・・、日本流の“おもてなし”が、異文化にオープンである反面、価値あるものを見分ける目を持つパリジャン・パリジェンヌたちの間にこのまま根づくのか。応援しながら見守っていきたい。(パクチー)

パリ観光局HP:
http://ja.parisinfo.com/

毎日新聞に掲載されたユニクロ・パリ・オペラ店オープンの記事:
http://mainichi.jp/life/fashion/news/20091002k0000e020015000c.html

今、日本のアニメ、漫画、Jポップなどのサブカルチャーがフランスの若者たちの心をつかんでいるのをご存知ですか。日本のポップカルチャーを紹介するヨーロッパ最大級のフェスティバル「ジャパンエキスポ」が、2000年から毎年、パリ郊外で開かれています。10回目を数える今年は、16万人を超える過去最高の入場者数を記録しました。

会場内を見回してみると、アニメのキャラクターやゴスロリファッションに身を飾ったフランスの若者たちがぞろぞろ。まるでコスプレのメッカ、東京の原宿にいるような錯覚に陥ってしまいます。

会場では、ラフォーレ原宿によるファッションショーや、コスプレ大会などの華やかなショーが行われたほか、日本の人気歌手が出演したコンサートもあり、大盛り上がり。観客席から怪しげな日本語の大合唱が聞こえてきたとのこと。

アイドルグループAKB48、PUFFY、分島花音らが登場。AKB48は自分たちの人気ナンバーをフランス語の歌詞でも歌うサービスぶり。AKB48の熱唱を前に、パリっ子たちは「ヲタ芸」をしたのだろうか…。ふと、そんな疑問が頭をよぎりました。

鉄道オタクや、戦国武将に萌える女性「レキ女」のブーム、滋賀県のひこにゃんなど地方都市をPRする「ゆるキャラ」など、日本では次々と新しいサブカルチャー文化が生まれています。これらの文化もフランスに輸出されていくのでしょうか。(モコちゃん)

ジャパンエキスポ 公式サイト
http://nihongo.japan-expo.com/

パリ発マンガ情報サイト
http://www.eurojapancomic.com/fr/japanexpo.shtml

路面電車(LRT=Light Rail Transit)が欧州で見直されている。パリやウィーンやフランクフルトなど主要都市で導入され、市民には好評だ。

かつて欧州で走っていた路面電車は、自動車社会の隆盛で次々に廃止された。
しかし、1980年代頃から環境対策や、都市の渋滞緩和策として路面電車は見直され、今ではヨーロッパの各都市で公共交通機関として復活している。

路面電車にはたくさんの利点がある。車のように排気ガスを出ないから環境に優しい、騒音を出さない、専用軌道敷がある場合には予定時間に目的の駅に着ける、地下鉄を作るのに比べて建設費が格段に安い。ノンステップ化した路面電車では、乗る時に高い階段がないようにできていて、お年寄りから子供や車椅子の人たちものりやすい。新しい路面電車は、街の風景に溶け込むようなデザインだったり、逆に目を引くようなカッコイイものだったり。

日本でも、広島、熊本、鹿児島、富山などをはじめとする都市で、路面電車が導入されている。地球をきれいに保つための交通手段として今後もぜひ注目したい。(エコ太郎)

Light Rail Transit Association(LRTA)
http://www.lrta.org/index.html

路面電車を考える会
http://www.urban.ne.jp/home/yaman/index.htm

Le Tram
http://eurotram.web.infoseek.co.jp/index.html


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

October 2017
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Blog Stats

  • 281,043 hits