こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Phoenicia

 みなさんは、マルチーズという犬をご存じだろうか?絹糸状の純白で、光沢のある被毛が風にたなびくあの犬である。ドッグショー(犬の姿形を審査する「品評会」)では、無類の強さを誇る犬で、日本を含め屋内犬としては定番の犬種である。
 一方で、みなさんはフェニキア人という名を聞いたことがあるだろう。紀元前、地中海全域を舞台に活躍し、その交易活動によって、古代オリエントで生まれた素晴らしい文明を地中海全域に伝えた人々である。いわゆるアルファベットの起源がフェニキア文字といわれ、今日の文明に多大な影響を残していった。ちなみにアルファベットのAは牛の頭の形を逆さまにしたものといわれている。
 一見つながりの無さそうなこの両者の関係、実は3,000年前に出会わなければ、現代社会でこんなにも身近な存在にはなれなかったかもしれない。

 マルチーズという名前は地中海のマルタ島からとったものとされている。もっとも、現在マルタ島でマルチーズを見かける事はない。そのマルタ島は、紀元前1,500年頃にはフェニキア人の貿易の中継地として、地中海諸国の中で最も殷賑を極めた場所だった。確かな裏付けはないが、もっとも有力な説として、マルチーズはアジア由来の小型犬をフェニキア商人がマルタ島に持ち込み、改良固定させたというものがある。初期のマルチーズは船員のペットとして船の中で飼育されることが多かったため、容易に貿易相手国に広まっていったそうだ。
 そして、これを皮切りに、紀元前500年頃のギリシャでは陶製の壷や皿に白色長毛のマルチーズの姿が描かれ、ついには墓まで建てたられるようになった。ローマ人はマルチーズのために詩や肖像を残している。エジプトでは歴代の王家が、金の器で食事をさせたといわれ、15世紀のフランスでは大流行犬となり破格の価格で取り引きされていた。マルタ島がイギリス領となった1813年以降は、ビクトリア女王をはじめとする王室貴族の寵愛を一身に受けるようになり、世界的に知られるようになった。
 人類が愛玩犬のために行なった事始めは、マルチーズのためだったとさえいわれている。

 今日、マルチーズがドッグショーに出陳された場合、かなり高い確率でB.I.S.(ベスト・イン・ショー、大会最優秀賞に相当)または、それに準ずる順位を獲得することが多い。世界中の人々との付き合いが長く、それぞれの好みを一身に受け入れ改良されてきたので、理想にもっとも近い犬種なのかもしれない。
 マルチーズを世界中にひろめたフェニキア人もまた、文字という形で欧米だけに留まらず、全世界中で生き続けている。政治的・経済的な要因はあるものの、ここまでたくさんの人々の生活に入ってきたのは、その都度それぞれの地の生活や習慣に合わせてきたからだろう。
  ―――この世の全てのモノは変化を繰り返し、その時の理想に近づこうとする―――マルチーズを見ていると、そんな思いを深く抱かせる。 (ばんどうたろう)

【リンク先】
●社団法人ジャパンケンネルクラブ マルチーズの紹介
http://www.jkc.or.jp/modules/worlddogs/entry.php?entryID=161&categoryID=9

●ウィキペディア フェニキアの紹介
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%82%AD%E3%82%A2%E4%BA%BA

●マルタ共和国政府ホームページ
http://www.gov.mt/index.asp?l=2


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

June 2017
M T W T F S S
« Jan    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Blog Stats

  • 275,764 hits

Top Clicks