こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Sasakawa Peace Foundation

元フィンランド大統領のマルッティ・アハティサーリ(1937-)さんの講演会(笹川平和財団主催「和平調停とは何か―アハティサーリ氏の経験から学ぶ」)を聴いた。ナミビアやコソボ、インドネシア・アチェなどの紛争地帯における和平合意に国連特使としてどう関わってきたのかの話はなかなか説得力があった。こうした平和構築のプロセスにおいて、今後、政府間レベルでの話し合いに加え、民間レベルでの仲介がさらに重要になるとの指摘にはなるほどと思った。2008年、こうした功績が評価されてノーベル平和賞を受賞したのだが、その後、一日30件の講演依頼が世界中から入ってくるようになったそうだ。

アハティサーリさんのお話を伺っているうちに、なぜか、「自利利他」という仏教用語が浮かんできた。自利利他とは悟りを得るとともに、他人にも仏法の利益を得させること。菩薩の心構えとして有名な言葉だ。
「自利自他」と言えば、自分の利益を得るだけのこと。おそらくアハティサーリさんは、自分の利益のために紛争の仲介を行っているわけではないだろう。それは壇上で話す彼の仕草や態度から伝わってくる。74歳になった今でも、今日は何か愉しいことがありそうだとワクワクしながら目ざめる、とも語っていた。

ああ、なんて素晴らしい人生なんだろう! おそらく自分の利益ばかり考えていたら、そんな気持には絶対になれないはずだ。人のため、世の中のために行うことが、自分のためにもなっているのだろう。これこそ、自利利他だ。教育学を専攻したというだけのことある。現在はロシア領だが、かつてはスウェーデン領やフィンランド領で陣取り合戦の舞台となったヴィボルグで生まれた元大統領は、一時期、難民になって暮らしたこともあるという。そうした経験が「自利利他」の精神を育んだに違いない。
彼のような菩薩が混迷を深める21世紀の国際社会には求められている。(ロニ蔵)

Advertisements

自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

October 2017
M T W T F S S
« Jan    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Blog Stats

  • 281,043 hits