こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Spain

背が高く、花弁も大きいひまわりは、その形や色が太陽のような印象を与えるだけに夏を感じさせ、心を浮き立たせてくれる。そのひまわりだけが集中的に植えられた場所がスペイン・アンダルシア地方にあり、丘陵一面に広がった黄色い花畑は圧巻だ。だが、当然のことだが、見られる時期が限られるのが難点だ。

イベリア半島の南端の都市セビリアから主要道路でコルドバに向かう途上にカルモナという町がある。この辺りは、なだらかな丘陵地形のままに一面ひまわりが植えられている。開花の最盛期は6月から7月にかけてで、アンダルシアの乾いた空気、澄んだ青い空とマッチして、花の鮮やかさが一段と増すという。

私がここを訪れたときは3月だったので、残念ながら、まだ背丈の伸びない緑の草が生えているだけ。ガイド氏は「この丘陵を見、形状を記憶したあとに、目をつぶって黄色いひまわりが満開になった光景を想像してください」などと言うが、虚しさを増すばかりだった。

スペインで経験できなったせいか、“見渡す限り一面のひまわり”という光景に過度のあこがれを持った。そこで、「日本にもないか」と探したら、意外にもかなりの数で存在していた。特に、広大な土地がある北海道の北竜市には約19ヘクタールに100万本以上が植わっている「ひまわりの里」があり、ここが日本一の規模。さらに名寄市には、12ヘクタール、約70万本の畑がある。

関東近辺にも中規模のひまわり畑が数多く、やはりこの花への思い入れを持っている人が多いことを物語っている。その中でも比較的有名な新潟県津南町の「ひまわり広場」を見てきた。信濃川沿いの段丘、沖の原台地にあり、休日でもあったので大勢の観光客で賑わっていた。

ただ、写真で見るカルモナのひまわり畑とは少し違う。思うに、その原因は気候だ。やはりひまわりは、乾燥した地中海気候の青空の中がいちばん似合うのでは。(日暮らし)

http://www.idemitsu.co.jp/moconet/archives/spot/hana2003/line1.html 

http://www.himawaribatake.net/list.php

http://www.geocities.jp/cocotabi_cafe5/spain.html

スペインの広大な土地に建設されている巨大な鏡のパネル群は、太陽光発電の施設です。ソーラー・エネルギー先進国のスペインは、太陽熱発電技術普及のための政府の助成策や、設備投資の優遇制度があり、太陽熱利用はますますポピュラーになっています。そのため、コストは、近い将来配給電気と同じレベルになるとも言われています。

太陽熱発電技術の中でも注目を集めているのは、約1メートル60センチのソーラータワー方式。アベンゴア・ソーラー社による商業用のソーラータワー「PS20」は、1255枚のミラーパネルが太陽光を集め、タワーで蒸気を発生してタービンを回します。1万世帯へ電力供給できるほどの熱量があるそうです。

スペインでは、世界で最も歴史がある太陽エネルギー研究所(IES)があり、研究に力を入れているばかりでなく、今後需要が見込まれる途上国に太陽光発電の技術を供給するなど市場開拓にも努力を傾けています。

また、太陽電池の出荷でスペインは世界のトップだが、同時にアベンゴア社が、バイオエタノール・メーカーとしては欧州最大のメーカーとなっていたように、同国代替エネルギー全般に力を入れています。(くるみ)

http://sankei.jp.msn.com/science/science/100217/scn1002171708003-n2.htm
http://www.spainbusiness.jp/icex/cma/contentTypes/common/records/viewDocument/0,,,00.bin?doc=4109209

スペインのシンクロが遂に悲願の金メダルを獲得しました。現在、ローマで行われている世界水泳2009で、非五輪種目のフリーコンビネーション(FC)で初の栄冠を手にしたのです。

ロックの名曲、レッド・ツェッペリンの「天国への階段」のビートにのって、10人の選手たちがパワフルに、そしてしなやかに水中を舞いました。この快挙の陰には日本人コーチ、藤木麻祐子さんの大きな力添えがありました。

藤木さんは1996年アトランタ五輪のチームで銅メダルに輝いた後、アメリカでコーチになるための修行を積み、2003年に地元バルセロナでの世界選手権に臨むスペイン代表から要請を受けて数カ月間指導。これが好評でアテネ五輪後正式にコーチに就任しました。

就任当初は、選手たちが練習時間に平気で遅刻する事態に、まず悩んだそうです。元々、体の柔軟性やスタイルの良さ、表現力の豊かさなど、素晴らしい素質を備えていた選手たち。それだけに、「正確な技術」と「平常心を保つ禅の心」を指導したところ、着実に力をつけていきました。北京五輪では2種目でスペインは銀メダルを獲得。その手腕を買われ、ロンドン五輪も視野に引き続き指導することになりました。

今回の世界水泳でのFCは、選手たちが曲を選び、振り付けにもアイディアを出したそうです。このほか、五輪種目のソロ、デュエット、チームの3種目でスペインは銀メダルを獲得しました。しかし、FC以外はロシアが金メダルを総なめに。世界最高峰のロシア打倒を視野に、藤木さんの挑戦はこれからも続きます。(モコちゃん)

世界水泳2009ローマ
http://www.tv-asahi.co.jp/roma2009/

毎日新聞
http://mainichi.jp/enta/sports/general/news/20090723dde035050008000c.html

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/0907

日照量と気候に恵まれている地中海沿岸地域は、観光客も多くて、農作物も豊かですが、長年による干ばつで、生活するには水不足が悩みの種。そこで、スペイン南部の地中海沿岸付近にある街、カルボネーラスには、ヨーロッパ最大の海水淡水化プラントが導入されています。そう、スペインは、海水から真水を作り出す淡水化技術の先進国です。

海水淡水化は、約40年前に政府と企業の努力によって始まり、今日スペイン国内にあるプラントが毎日作り出す水は、約800万人の需要を満たすことができる量。プリデサ、イニマ、ベフェーサなど、スペインの海水淡水化プラント企業は、インド、中東、北米の国々でも活躍しています。

地球に負担をかけずに真水を作り出そうと、例えば、水中モーターとポンプを中心に製造するインダール社は、省エネ型のポンプとモーターを開発し、エネルギー消費量を抑える努力をしています。競争力を維持しつつ、人々の生活と環境保持に貢献するスペイン企業のスタイルがこれからもっと注目されるかも。(くるみ)

スペイン大使館経済商務部
http://www.spainbusiness.jp/icex/cda/controller/pageGen/0,3346,4928839_36877805_36778649_644057,00.html

スペイン投資について
http://hache-iis.com/contents/index.php

2009-10秋冬コレクションから

2009-10秋冬コレクションから

太陽の国スペインからやって来たマリア・ラフエンテの「2009-10秋冬コレクション」で、まず印象的なのはその色使いだ。黄金色のシルクや朱色のウールは、太陽の温かみを感じさせると同時に、豪華さを演出する。

ふつうの日本人でも着られるのだろうかという素朴な疑問は不要。彼女のターゲットは、世界の王室、政治家、芸能界といった上流階級だ。スペインのみならず、既に米国や台湾の女優も愛用しており、この後ロシアやマレーシアでの仕事が続く。

2009-10秋冬コレクションから

2009-10秋冬コレクションから

今回のコレクションのイメージに使われているのは、英国の画家J.W.ウォーターハウスの『シャロットの女』(1888年)。フューチャリスティックなデザインとロマンス主義的な絵柄を組み合わせ、靴やアクセサリーまで全てを彼女がデザインする。また、天然素材を使うことで、外から見た質感とともに、内側の着心地も重視している。

来日は2回目。「日本市場の開拓は難しい」としながらも異なる文化背景の国での挑戦に意欲を見せる。(みかん / Japan Echo)

Gateway Programme(展示・商談会日程を見ることができます)
http://www.eu-gateway.jp

Weareurope
http://www.weareurope.com/

マリア・ラフエンテ
http://www.marialafuente.es

ついにスペインが世界一に躍りでた。
スペイン大使館によると、2008年の太陽光エネルギーの単年導入量においてスペインは世界トップ。日本はとっくに抜かしていたが、世界一だったドイツも追い抜いた。

現在、そんなスペインと日本のコラボレーションが進んでいる。
その一つが、スペイン政府・産業技術開発センター(CDTI)と、日本の独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による「ジャパン・スペイン イノベーションプログラム」。日本の企業、大学、研究機関とスペインの企業を支援し、共同技術開発プロジェクトを強化・推進するというもの。昨年12月に協定が締結された。

民間レベルでも両国のコラボレーションは進んでいる。
日本の京セミとスペインのテクナリア社は昨年5月に共同開発契約を結び、「KYOTECプロジェクト」
を開始した。光エネルギーの技術開発をしている企業同士の協力だ。平面の太陽電池よりも効率が高い京セミの球状太陽電池「スフェラー®」を、テクナリア社の持つ太陽光発電システムに適用し、効率的で性能の高い製品を開発中だ。

これからは国境を越えた、地球規模の再生可能なエネルギー利用の取り組みがさらに進むことに期待したい。(エコ太郎)

テクナリア社(Tecnalia)
http://www.tecnalia.info/index.php?lang=en

京セミ株式会社
http://www.kyosemi.co.jp/index_j.html

スペイン政府・産業技術開発センター(CDTI)
http://www.cdti.es/index.asp?idioma=es&r=1024*768

日本の独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
http://www.nedo.go.jp/informations/press/201111_3/201111_3.html

ヨーロッパ現代建築のミース賞展ヨーロッパの優れた現代建築作品に与えられるミース・ファン・デル・ローエ賞。その建築賞の創設20周年を記念する回顧展が1月下旬に東京で開催された。ミース賞受賞作品の展覧会がヨーロッパ以外で開催されたのは初めてのことだ。

EU議会は1987年に、現代建築の課題に取り組んでいる建築家を表彰するため、20世紀のヨーロッパ建築を代表するミース・ファン・デル・ローエの名前を冠した建築賞を創設した。

二年に一度、最優秀賞や新人賞などを授与している。過去の受賞者には、英国スタンステッド空港のノーマン・フォスターやフランス国立図書館のドミニク・ペローなど世界的な建築家の名前がずらりと並ぶ。

東京都庁の展望ギャラリーと新宿パークタワーの2会場で、最優秀賞など約50点のオリジナルの建築模型が展示された。バルセロナにあるミース財団のルイス・オルテ専務理事も来日。ヨーロッパ現代建築の最新の動向に触れる貴重な展覧会となった。(赤坂四郎)

ミース賞展実行委員会事務局
http://www.mies-japan.com/

ミース・ファン・デル・ローエ・バルセロナ財団
http://www.miesbcn.com/

英国スタンステッド空港
http://www.stanstedairport.com/


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

January 2020
M T W T F S S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 305,233 hits

Top Clicks

  • None