こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Sweden

ある朝のテレビ番組で「子どものしつけに、ある程度の体罰は許されるか」というテーマで討論が行われていた。最近、しつけを理由に子どもを虐待する、あるいは過剰な体罰により子どもを死に至らしめる残虐な行為が目につく。しかし、被害者の両親は口をそろえて「体罰ではなくしつけのつもりだった」と答える。そもそも、しつけという理由で体罰は許されるのであろうか?そこが議論の焦点となっていた。

番組に参加していた育児専門家によると、答えは「No」だ。幼すぎてまだ言葉をうまく理解できない幼児であれ、聞き分けの悪い子どもであっても、言葉で説明して分からせることが重要である、と説いた。そして、決して体罰に頼ってはいけないということを強く主張していた。その理由として、子どもは体罰を受けることで「自分が悪いことをしたから親が手を上げたのだ」と納得するのではなく、ただ「痛い」という感覚しか覚えていないのだそうだ。「なぜ自分は親に叩かれたのか」その疑問だけが残り、また同じことを繰り返してしまう。

番組の中盤では、その「体罰」を法律で禁止している国が紹介されていた。福祉・教育分野で最先端をいく北欧の国、スウェーデンだ。1979年、スウェーデンでは世界に先駆けて体罰禁止の法律が生まれた。きっかけは、1970年代半ばに起こった事件だった。義理の父親による暴力で、子どもが殺害されたのだ。日本では、残念ながらこの手の事件はあとを絶たない。しかし、スウェーデンではこの事件をきっかけに、国全体が立ち上がり、政府の体罰を禁止する啓発キャンペーンやメディアでの討論が過熱。この事件が起こる前の1960年頃は、スウェーデンでも、体罰支持派が過半数以上と、体罰に肯定的な風潮があったが、この法律の制定をきっかけに、今では社会的にも「体罰はいかなる理由があっても許してはならない」という考えが根付いている。

しかし、法律ができただけで体罰がなくなるわけではもちろんない。行政や社会のサポートが行き届いているから、母親、父親の負担が軽減されるのだ。スウェーデンでは、「子どもは親が育てる」という感覚はなく、例えば親戚や友人といった親以外も巻き込んで「みんなで育てる」という意識が強い。また、育児専門家を家庭に訪問させるサービスがあり、誰でも子育てに関する悩み相談や、アドバイスを受けることができる。もちろん無料だし、訪問滞在時間の制限もない。さらに、スウェーデンの街を歩けば(この光景もたった30年前は大変珍しいものだったのだが)父親が乳母車を引いている風景をよく目にする。男性も育児に積極的なのだ。そのおかげで母親の負担も軽減され、女性の社会進出も今では当たり前。また、お店やカフェなどの公共の場でも、乳母車を引いた親が利用しやすいように、乳母車が通るスペースを意識した設計にするなど、細かい気配りが行き届いている。

とは言っても「日本とスウェーデンとはお国柄も違うから、日本でそれをやるのは無理」というのが日本人の本音かもしれない。実際子育てをする母親からは「スウェーデンの環境は理想だが、ここは日本。ありえない発想だ」。「叩かないようにしたいが、どうしても言うことを聞かないのでついつい手を上げてしまう」。「体罰でも愛情があれば問題ないのでは?」という意見が目立つ。

ただ、スウェーデンの「子どもはみんなで育てる」という意識は、実は昔の日本では当たり前だったことを忘れてはならない。少なくとも自分の父親、母親の時代は、年長者が下の子の面倒を見たり、ご近所さんが子どもを預かったりするのが常識であった。しかし、核家族化が進み、近所づきあいも減り、子育ての負担は両親に重くのしかかってしまっているが現状。スウェーデンの事例が理想というのであれば、もう一度古き良き時代の日本に立ち返ってみてもいいのかもしれない。(さくら)

[URL]
スウェーデンで浸透している「叩かない子育て」は日本で実現できるか?
http://www.kosodate.co.jp/miku/vol24/10_01.html

体罰を全面禁止している国一覧(総務省資料)
http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/working-team/k_4/pdf/ss1.pdf

  • In: Culture | Fashion | Lifestyle
  • Comments Off on 日本に希望の灯を!―EU諸国開催イベント A Ray of Hope: Events Held by EU States to Provide Support to Japan

3月11日に東北・関東地域を襲った地震と津波の影響で、多くのイベントや展示会などが中止される中、4月2日(土)~8日(金)の一週間、デンマークを代表する72の家具メーカーとデザイナーたちによる展覧会、「WHITEOUT展」が、東京デザインセンターで開催される予定だ。

また、東京銀座三越でも、3月30日(水)~4月4日(月)にかけて、「北欧展~色とデザインの国々」が開催され、北欧デザインの鮮やかな色彩と温かい小物の数々で訪れた人たちの心を癒すことは間違いないだろう。

今回の地震の影響で、日本在住の外国人居住者の多くは自国へ退去してしまっている。特に外国人居住比率の高い東京では、その現状が顕著に表れており、普段街にはいたるところに外国人の姿が見受けられるのだが、今はそういった光景を見ることはない。引き続き予断を許さない福島県の原発事故の影響は、ここ東京においても少なからず影を落とし、水道水に乳児摂取基準値を超える放射性物質が含まれていたりと、深刻な状況は依然続いている。そういった状況下では、特に他国の人たちにとって、大きな心的負担となってしまうのは致し方ないことだろう。

また、計画停電により、東京の街は物理的な明るさを失い、そのためか、街全体も活気を失っている印象を受ける。無駄な電気を消費しないことには大いに賛成だが(むしろ、これまでどれだけ不要な照明を使用していたのだろうかと反省すら感じる)、ただ、東京本来の文化的・商業的なにぎわいがなくなってしまうのは、なんだか「東京らしさ」を失ってしまうようでさみしい気がする。

そんな中、先ほど紹介したように、こういった心が折れてしまいそうな時にこそ、一本のろうそくの光ではないが、各国の人びとの温かい支援や、芸術イベントの開催は、私たち日本人にとって希望の灯となっているのである。被災地の人びとにも、一刻も早い復興の日が訪れることを心から祈りながら、自分たちにできることや他の国々の人びとからの温かい支援などを、このブログを通して引き続き発信していけたらと思う。(さくら)

「WHITEOUT展」(駐日デンマーク大使館ウェブサイト)
http://www.ambtokyo.um.dk/ja/menu/AboutUs/News/WhiteoutDanishCabinetMakersAutumnExhibition.htm/

Exhibitions: Se 2010 WHITEOUT
http://www.se-design.dk/udstillinger_uk.php?id=39&type=1&r=1&alt=1

「北欧展~色とデザインの国々」(駐日スウェーデン大使館サイト)
http://www.swedenabroad.com/CalendarView____4371.aspx?slaveid=121569&showperiod=2011-03-30

「北欧展~色とデザインの国々」(銀座三越サイト)

シンプルで機能的、なおかつ高いデザイン性を有し、世界中の人々を魅了する北欧デザイン。そんな素晴らしいインテリア家具を作るデザイナーの一人に、スウェーデンが世界に誇る家具デザイナー、ブルーノ・マットソン(Bruno Mathsson)(1907-1988)が挙げられます。

ブルーノ・マットソンの家具の特徴は、曲線を描いた美しいフォルム。そして、人間工学に基づいて作られていることによる、使い心地の良さ。そして木工製品では、木の温もりを感じられることです。

本当に良いものというのは長い時を経てもずっと評価され続けていくものですが、彼が1934年に発表した椅子「EVA」はその良い例で、半世紀以上が過ぎた今でも世界中の人たちに愛されています。肘掛や骨組部分は、緩やかな曲線になっています。この部分は木製で、薄い板を何枚も重ね、接着して作られています。座面の部分と背もたれの部分は、麻のベルトが編み込まれており、座ると、優しくほどよい弾力で体を支えてくれます。

最近では、人間工学の観点を採り入れた家具がたくさん登場していますが、そんな中でブルーノ・マットソンが人気を保ちつづける秘密は何なのでしょうか。その答えは、一度ブルーノ・マットソンの家具に触れてみたら、身体で実感できるかもしれません。

ちなみに、彼は日本人の住まいと体型に合うように、座面が低い「Mシリーズ」という椅子を、日本の家具メーカーの天童木工と協力して生み出しました。日本風にデザインしたスウェディッシュデザインが楽しめます。(パクチー)

ブルーノ・マットソン インターナショナル
http://www.bruno-mathsson-int.com/

天童木工
http://www.tendo-mokko.co.jp/

デンマークのコペンハーゲン地域とスウェーデンのスコーネ地方にまたがる一帯は、国際的競争力ある医療分野の研究機関が集中するクラスターとして“メディコンバレー”と呼ばれている。その分野での研究が盛んなデンマークにおいて、96年にコペンハーゲン・キャパシティ(コペンハーゲン地域の自治体の共同出資による投資誘致機関)とスコーネ地方通商産業局によって命名され、バイオ関連の産業技術育成を担っている。

デンマークは、バイオ分野での出版物や特許も目立っているそうだ。(参照1)この地域には、アストラゼネカ社、ノボルディスク社、ファーマシア社などの大手バイオテクノロジー企業、病院、ルンド大学、コペンハーゲン大学などの大学、サイエンスパークがあり、ベンチャーキャピタルを引きつけ、バイオベンチャーを起業する土壌がある。このような多様性が継続的なイノベーションを保証している。

欧州では、ドイツ、イギリス、フランスもバイオ研究機関が多く、その取り組みには熱心だ。糖尿病、がん、炎症、神経科学を得意とするメディコンバレーも、切磋琢磨してイノベーションを続けている。(くるみ)

1 JETROユーロトレンド2006
http://www.jetro.go.jp/jfile/report/05001345/05001345_001_BUP_0.pdf

2 JETROユーロトレンド2002
http://www.jetro.go.jp/jfile/report/05000524/05000524_001_BUP_0.pdf

一日中ずっとオフィスの椅子に同じ姿勢で座りっぱなしだと、腰が痛くなるのを感じたり、集中力が欠けてくるのを感じたりすることはありませんか。そんな問題を解消してくれる素晴らしい机を発見しました!スウェーデン生まれで、高さが簡単に調整できるSit & Stand®デスクです。

このデスク、腰が痛くなってきた時や、集中力が欠けてきた時など、自分のリズムに合わせてボタン一つで簡単に机の高低を操作できるのです。

Sit & Stand®デスクは、もともと長時間座って働く人の腰痛を防ぐために、1970年代にスウェーデンの大手通信会社のエリクソンと国営電話会社の現テリアの合併会社により開発されました。でも今では腰痛防止の点だけでなく、より快適なオフィス環境の一ツールとして人気です。

東京にある、このデスクを販売しているショップの店員さんにお話しを伺ったところ、スウェーデンは冬は室内外の温度差が激しく、暖かい室内に入ってすぐに座ると体に負担がかかるため、室内に入った後しばらくは立って仕事をするそうです。そうしたライフスタイルにこのデスクが適しているというわけです。

また、最近では、日本でも自分の席を決めずに毎日違う席で仕事をする方法を導入している企業がありますが、スウェーデンでもプロジェクトごとに席を移動することがよくあります。そんな時、異なる体型の人がいつでも自分に合わせて調整できるのも利点です

Sit & Stand®デスクはスウェーデンではすでに様々な場所で導入されています。エリクソン本社では、全従業員の8000席にこのデスクが導入されていて、スウェーデン国会でもすべての従業員数約1200名分のデスクの導入を決定。他にもシーメンス、キャップジェミニ、ノキアなど多くの企業で使われています。

機能が優れているのもさることながら、デザインも北欧製らしくシンプルでスタイリッシュ。仕事効率もあがるということで、人気なのだそうです。(パクチー)

株式会社スカンジナビアン モダンのHP:
http://www.scandinavianmodern.jp/Default.aspx?ID=35
スカンジナビア政府観光局 スウェーデン旅行情報
http://www.visitscandinavia.or.jp/index.php?node=inf&cmd=view&mareaid=3

あまり知られていないかもしれないのですが、スウェーデンはマッチの製造大国で、今日、世界のマッチの3分の1を供給しています。ストックホルムから南東に位置する町イェンシェピングには、世界で唯一の“マッチ博物館”があります。

マッチ産業の初期時代、イギリス人が摩擦マッチを発明しましたが、発火しやすいことが火災原因にもなっていました。そこで、1855年、イェンシェピング社のジョアン・ルンドストレームが現在のマッチ形式、すなわち、マッチの軸と箱の側面に薬品を分けている分離発火型のマッチを開発しました。発火剤と燃焼剤が分離されているので安全性が高くなったのが特徴です。マッチ博物館は、イェンシェピングに建てられたかつての工場跡の敷地内にあります。

その後、スウェーデン・マッチ社が、今では定型になっている“箱に50本入り”のアイデアを考え出し、工場でのオートメーション製造を可能にしました。それから、1900年代前半からスェーデンが半世紀近く世界のマッチ市場を独占。今日も、同社のサンマッチはかわいらしい箱のデザインが愛用されていて、売り上げの一部が子どもと高齢者のために使われているそうです。(くるみ)

http://www.match.or.jp/column/column05.html

http://www.jtnet.ad.jp/WWW/JT/Culture/museum/tokubetu/eventSep/matchshoshi.html

今年で61回目を迎える北海道の冬の風物詩「さっぽろ雪まつり」。大小あわせて249基の雪氷像が展示され、期間中約200万人が訪れる予定です。

今年の目玉のひとつは、高さ26メートルもあるドイツ・ドレスデンのフラウエン教会の大雪像で、雪まつり史上最高の高さと言われています。そのほか、全国的にも有名になった旭山動物園と円山動物園の人気者、ホッキョクグマやヒョウの雪像も「北の動物園」というタイトルで展示され、生き生きとした表情を見せています。昨年亡くなったマイケル・ジャクソンの雪像も目を引く力作です。

さて、この雪まつりには、1974年から海外チーム制作の雪像も出品されており、国際色豊かなお祭りになってきました。EU諸国からも今回、数カ国が参加しました。26回目の出場を誇るスウェーデンの作品名は「おばあちゃんの人形箱」。お父さんと息子さんの二人が制作した、かわいらしい子供の雪像が印象的です。初出場のポーランドは、ショパンがピアノを弾いている姿を表現した雪像を出品しましたが、今年はショパン生誕200年の記念の年でもあります。オランダは今年初出場で、作品名は「贈り物」。雪を「溶けてゆく贈り物」と見なし、私たちが直面している不安な状況を表現し、国境を越えた結束力が必要であることをメッセージとして発信しています。

出場20回目のフィンランドの作品タイトルは、「サウナとSISUとシベリウス」。SISUとはフィンランド人の国民性を表す言葉で、粘り強く妥協しない意志を表すそうです。まさに、この3つの言葉はフィンランドを象徴するものであると言えましょう。(モコちゃん)

さっぽろ雪まつり
http://www.snowfes.com/index.html


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

March 2017
M T W T F S S
« Jan    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Blog Stats

  • 270,804 hits