こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘Vienna

  • In: Disaster | Music
  • Comments Off on ウィーンから届いた鎮魂の曲 Musical Requiem for the Victims of the Tohoku Pacific Earthquake

ある雑誌企画のため、筆者はひと月ほど前からオーストリアのある団体と連絡を取り合っていた。東北地方太平洋沖地震の起こった3月11日の夕方、この団体から震災を見舞うメールが来たので、「東京の事務所は無事です」と短く返信した。

そうしたところ、なんとこの団体から、「今回の震災の犠牲者、被災者、その他の日本のすべての人のために作曲しました」というメッセージとともに、オリジナル曲(音楽オーディオファイル)が筆者のもとに翌日から次々と送られてきたのだ。

この団体の名前は、ヴェニーテ(Venite)会。オーストリアの女性作曲家レナーテ・シュピッツナー(Renate Spitzner)さんが主催する音楽団体である。ヴェニーテ会は、ウィーンを拠点に音楽活動を展開している。レナーテさんの息子ゲラルト(Gerald Spitzner)さんもまた気鋭の若手作曲家であり、この会のために曲を書いている。

ヴェニーテ会は、3月22日にはウィーン市内の教会で日本の犠牲者を追悼する演奏会を開いた。そこでは、『日本のために(Für Japan)』という題名の5部構成の組曲が演奏された。ヴェニーテ会は、この組曲も筆者に送ってくれた。日本から遠く離れた欧州の“音楽の都”ウィーンから思いがけず、震災で心身とも打撃を蒙っている私たち日本人がこのような“無二”の贈り物を受けることになり、筆者はいま温かい気持ちに包まれている。

ヴェニーテ会については、下に紹介する同会のウェブサイトのトップページに、日本語で同会を紹介する文が載っているので、ぜひご一読を。また、今月(4月)中旬発刊予定の駐日欧州連合代表部の広報誌“ヨーロッパ”(2011年春号)の中の「欧州の生活と文化」で紹介されるので、そちらもぜひお読みいただきたい。

今回ヴェニーテ会から贈呈された曲は、組曲『日本のために』を入れて5曲(全9編)。どれも演奏時間数分の室内楽曲だ。ヴァイオリンやオーボエがつむぐシンプルなメロディーが心にしみる。これらの曲(音楽ファイル)は、ヴェニーテ会のウェブサイトにアップされているので、ぜひ聴いてみて下さい。(じょぎんぐまん)

ヴェニーテ会のホームページ(一部ですが、日本語あります)
http://www.venite.at/

駐日欧州連合代表部の広報誌“ヨーロッパ”の紹介ページ

オーストラリアの首都ウィーン。この街にとって、カフェは欠かせない存在だ。

歴史は古く17世紀頃に出現したといわれる。市民たちは昔から、カフェでコーヒーを飲みながらさまざまな時間を過ごしてきた。新聞や本を読んだり、友人と議論したり、恋人と語り合ったり、手紙を書いたり…。その空間には常に香り深いコーヒーと、ゆらゆら立ち上がる煙草の煙があった。しかし、近年、このウィーンのカフェのシーンが変わりつつある。

というのもオーストリア政府が禁煙・分煙制度を導入したからだ。昨年1月に施行されたたばこ法で、カフェやレストランなどの飲食店に禁煙室の設置が義務付けられた。床面積50㎡以上の店は、今年6月末までに煙を遮断する壁や換気装置を設置しなければならない。

ウィーンの街中には歴史ある重厚な建物が並んでいる。伝統的なカフェは、そんな古くからある建物の中に入っており、天井も高く、床面積も広いものが多い。なので、改装費には多大な金額がかかるため、やむなく一時閉店するカフェも出始めた。いつかウィーンへ旅をしたら、300年以上オーストリア市民の生活に根付き続いてきたカフェでぜひウィンナーコーヒーをじっくり味わってみたいのだが、そのときまで伝統的カフェは残っていてくれるのだろうか。(エコ太郎)

ウィーンのカフェの全面禁煙の記事
http://www.ab-road.net/europe/austria/vienna/guide/03017.html

ウィーンのカフェの利用方法
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/9491/caff/top/caff.html

ウィーン観光サイト
http://www.wien.info/ja

国民的な映画「男はつらいよ」計48作のシリーズ中、どのシーンがいちばん印象的だったかということが仲間うちで話題になるときがある。ほぼ全作品を見ているが、小生にとっては、1971年正月に封切された第6作目「純情篇」の中で、旅に出るフーテンの寅と妹さくらが京成柴又駅で別れるシーンがもっとも印象に残る。

電車に乗り込んだ寅がプラットホーム上のさくらに向かって「故郷ってやつはよー、なあ、さくら」と言いかけたとたんドアが閉まり、そのあと寅は何かを言っているが、さくらには聞き取れない。「お兄ちゃん、何言いたいの」と言っても、電車は離れて行くだけ。非常に思わせぶりな情景だ。

故郷、郷愁をテーマにしたシーンは、舞台をウイーンにした第41作の「寅次郎の旅路」にも出て来る。初めて寅さんが海外に行ったという設定で、寅さんがマドンナ役の竹下景子に向かって切々と故郷の良さを説明するところは、長く海外生活を送った者たちにとってはジーンと胸に迫ってくるものがある。

そのウイーン現地ロケを記念して、市内フロリズドルフ区のドナウ河畔に、寅さんの石碑や日本庭園が設けられた「寅さん公園」が完成。9月28日、日本とオーストリアの関係者が出席して開園式が行われた。

ウイーンロケが実現したのは、もともと親日家だった故ウイーン市長が飛行機の中で寅さんの映画を見て感動、「ぜひウイーンを舞台に」と強く誘致したためだと言われる。それにこたえて初の海外舞台作品は上質に仕上がり、なんと寅さんの故郷、柴又のある東京都葛飾区とフロリズドルフ区は友好都市になるおまけまで付いた。

寅さんとマドンナの会話の舞台がドナウ河畔であり、あたかも柴又近くの江戸川べりでの会話を彷彿させ、本当に郷愁を誘うところがいい。江戸川が、ワルツにもなった天下の国際河川・ドナウ河と比肩されるとしたら、寅さんも草葉の陰で喜んでいるに違いない。(日暮らし)

読売新聞記事 
http://www.yomiuri.co.jp/photonews/photo.htm?ge=1&id=14336

男はつらいよ・寅次郎心の旅路
http://www.h6.dion.ne.jp/~yumejian/tora041.htm

路面電車(LRT=Light Rail Transit)が欧州で見直されている。パリやウィーンやフランクフルトなど主要都市で導入され、市民には好評だ。

かつて欧州で走っていた路面電車は、自動車社会の隆盛で次々に廃止された。
しかし、1980年代頃から環境対策や、都市の渋滞緩和策として路面電車は見直され、今ではヨーロッパの各都市で公共交通機関として復活している。

路面電車にはたくさんの利点がある。車のように排気ガスを出ないから環境に優しい、騒音を出さない、専用軌道敷がある場合には予定時間に目的の駅に着ける、地下鉄を作るのに比べて建設費が格段に安い。ノンステップ化した路面電車では、乗る時に高い階段がないようにできていて、お年寄りから子供や車椅子の人たちものりやすい。新しい路面電車は、街の風景に溶け込むようなデザインだったり、逆に目を引くようなカッコイイものだったり。

日本でも、広島、熊本、鹿児島、富山などをはじめとする都市で、路面電車が導入されている。地球をきれいに保つための交通手段として今後もぜひ注目したい。(エコ太郎)

Light Rail Transit Association(LRTA)
http://www.lrta.org/index.html

路面電車を考える会
http://www.urban.ne.jp/home/yaman/index.htm

Le Tram
http://eurotram.web.infoseek.co.jp/index.html


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

May 2017
M T W T F S S
« Jan    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Blog Stats

  • 273,919 hits

Top Clicks