こんなEU、あんなEU~日常に見るヨーロッパ | Life in the EU

Posts Tagged ‘world heritage

今年、平泉(岩手県)と小笠原諸島(東京都)がユネスコの世界遺産に登録され、日本中が歓喜に沸いた。まさに、日本にとって「世界遺産YEAR」といっても過言ではないだろう。それを意識したわけでもないのだが、今年の夏、ベルギーにある世界遺産「ブルージュ歴史地区」を訪ねてみた。

ブルージュ歴史地区は、首都ブリュッセルの北西に位置し、特急で1時間ほどの距離にある。旧市街には運河が張り巡らされ、その周囲をギルドハウス(ベルギー特有のギザギザ屋根の建物)やゴシック建築の歴史的建造物が囲み、まるで中世にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えるほどだ。

船上クルーズ。街歩きとはまた違った魅力を体験できる。

運河クルーズもさることながら、夜のブルージュはまた何とも感慨深い。雨に濡れた地面と霧がかった町並みが、その雰囲気をより一層引き立たせてくれる。
「街全体が美術館」と称される意味が分かるような気がする。

 ブルージュで有名なのが、ボビンレースと呼ばれるレース編み。北海につながる運河のおかげで、15世紀には織物産業による隆盛期を迎えた。その後、ブルージュは衰退の一途をたどるが、19世紀に以前の活気を取り戻し、今では国内外から観光客が訪れる魅力的な街に成長している。 

世界遺産に登録されると、街の景観が乱れ、本来の環境が破壊されてしまわないかと危惧してしまうが、こうやって注目を集めることでより一層素敵な土地へと成長できれば、世界遺産に登録される意義があると私は思う。いつか平泉と小笠原諸島へも足を運んでみたいものだ。(さくら)

夜のブルージュ。雨に濡れた街もまた趣がある。

[URL]
水の古都ブルージュ(ベルギー・フランダース政府観光局)
http://www.visitflanders.jp/what_to_do/travel/hitoritabi3/plan/brugge.html#plan1

Historic Centre of Brugge (UNESCOサイト)
http://whc.unesco.org/en/list/996

Advertisements

スリランカ南端の町、ゴールはその要塞とともに、1988年からユネスコの世界遺産に指定されている。この夏休み、要塞の中の小さな通りを歩きながら、小さくも個性ある古い個人宅の建築に魅了されていた。そして、ふと修復された家々にパネルが貼ってあることに気がついた(写真)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴール遺産財団による街並み保存の取り組みは、スリランカとオランダ政府との文化協力プログラムの下に行われていた。

スリランカは、シナモン、紅茶などの産地で、貿易の要所としてヨーロッパとのつながりが長い。ゴールは、14世紀にアラブ人商人の往来により貿易港として発展、16世紀にポルトガルが支配した際に砦が築かれた。その後、17世紀初頭のオランダ東インド会社の上陸でオランダがポルトガルを追放し、この要塞の中に都市を建設した。オランダの支配は140年続き、英国東インド会社が18世紀末に上陸すると、1948年にセイロン国として独立するまで、英国の植民地となる。

ゴールの要塞の中は子ども達の遊び場でもある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、この要塞内の通りに住むのはイスラム系スリランカ人が多いそうだ。中東との間で宝石商を営む比較的豊かな層だと聞く。オランダが宗主国時代の歴史遺産として修復・保存に協力し、ゴールは今も昔の姿を残す。そして訪れる人は、その歴史の一部を感じ取ることができる。案内してくれた友人は、きれいに観光地化されすぎているとぼやいていたけれど。     
(みかん、写真も)          

オランダ改革派教会内部。同じ通りにある英国の教会とは趣が異なる

              

オランダ改革派教会は2004年に修復作業が完了した

                                                                              

 

修復された個人宅の一つ

 

 

 

 

 

 

(参考資料)
Centre for International Heritage Activities
Sri Lanka Tourism
スリランカの世界遺産

アルルの闘技場の内部。ここで闘牛ショーが行われる。

ローマを代表する観光名所(建造物)と聞くと、「コロッセオ(Colosseo)」を想起する人も多いだろう。「コロッセオ」は、古代ローマ時代に剣闘士同士や剣闘士対猛獣の戦闘ショーが行われた円形闘技場である。「コロッセオ」の所在地であるローマ歴史地区(Historic Centre of Rome)は、1990年、ユネスコの世界文化遺産(World Heritage)に登録されている。

その「コロッセオ」だが、ここ数年、“風化”が深刻化している。これは、ベルルスコーニ政権が財政赤字縮小のために文化関連予算を減らし続けてきたことから、イタリア各地にある遺跡の維持・管理が十分に行き届かなくなったことが主な原因だ。昨年5月には「コロッセオ」の回廊の壁の一部が崩落した。

幸運なことにも、ごく最近、「コロッセオ」に救世主が現れた。1月21日、イタリア皮革製品の人気ブランド「トッズ(TOD’S)」が「コロッセオ」の修復費として2500万ユーロ(約28億円)を負担することになったとローマ市当局等が発表した(2011年1月22日付読売新聞)。

ところで、円形闘技場といえば、「コロッセオ」が日本人には最もなじみがあるが、古代ローマ時代には約200も建造され、比較的保存状態のよいものが、ドイツのトリーア(Trier)やチュニジアなどに残っている。本記事では、そのうちの一つ、南フランスのアルル(Arles)の円形闘技場に焦点を当てたい。
「コロッセオ」が5万人の観客を収容できるのに対し、アルルの競技場はその半分のキャパシティーであり、収容能力では「コロッセオ」に軍配が上がる。しかし、アルルの闘技場は保存状態が非常に良好で、60ものアーチが今も美しい建造物だ。しかも、闘技場として現役である!復活祭の時期には毎週末、闘牛ショーが催される。なお、闘技場も含むアルル市内のローマ時代の遺跡群は、「アルルのローマ遺跡とロマネスク建造物(Arles, Roman and Romanesque Monuments)」として1981年に世界文化遺産に登録された。

筆者は昨年3月にアルルを訪れた。国鉄アルル駅の駅舎を出て、南へ歩くこと約15分、細い路地を抜けたところで闘技場が目の前に広がる。闘技場は、周りを背の低いホテルやレストランに囲まれ、アルルの町に見事に溶け込んでいた。アルルは、画家ヴィンセント・ファン・ゴッホが長く滞在した町として日本人の間で人気の高い観光地であるが、アルルの闘技場も必見の観光スポットとしてお勧めしたい。
(じょぎんぐまん)

 
イタリア政府観光局(ENIT)公式サイト
 http://www.enit.jp/

フランス観光開発機構(France Guide)オフィシャルサイト
 http://jp.franceguide.com/

ユネスコ(UNESCO)世界遺産委員会(World Heritage Convention)公式サイト
 http://whc.unesco.org/

キプロスという国、知られているようで、案外知られていません。地中海のいちばん東に浮かぶ島国で、四国の約半分の面積の小さな国。海と山の自然に恵まれ、夏は太陽が輝くビーチリゾート、冬は山岳地帯がスキーリゾートとして賑わうヨーロッパでも人気の観光地です。

ガイドブックでは、ギリシアと一緒に紹介されることが多いので、ギリシアの近くにあると思うかもしれませんが、実は、トルコの真南に位置し、中東のレバノンのほうにずっと近い場所にあります。

とはいえ、住民の80%はギリシア系、20%はトルコ系で、ギリシア語とトルコ語が公用語。イギリス統治の名残で、英語も通じるので旅行中に困ることはあまりありません。

日本からの直行便はないので、ヨーロッパの主要都市を経由して行くのが一般的。キプロスの首都は島の中心部にあるニコシア市ですが、観光客はたいてい島南部のラルナカ国際空港に到着します。アテネからだと約1時間40分。

街全体が世界遺産に登録されているパフォスや人気のビーチリゾートのアヤナパなど見所いっぱい。さあ、あなたもキプロスへ行った!行った!(青山コモンズ)

キプロス・インフォメーションサービス
http://www.cyprus-info.jp/

キプロス・ホームページ
http://cyprus.topaz.ne.jp/cyprus/

キプロス観光ガイド
http://4travel.jp/overseas/area/europe/cyprus/travelogue/


自由で活発な発言を歓迎します。

ただし書き込みをする際には、以下の行為は禁じられております。
・差別的なコメント
・フォーラムを荒らすような行為
・スパムメッセージ

このフォーラムの内容は欧州連合としての見解を示したものではありません。

December 2017
M T W T F S S
« Jan    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Blog Stats

  • 284,432 hits